特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー感想

公開から1ヶ月経ったけどようやく見に行けたよ。
映画館の復活から1週間経ったけどみんな千円の日を狙っていたせいかめっちゃ混んでた。
いつもはストーリー追いながらちょくちょく書いて最後にまとめて感想、だけど今更ストーリー追ってもアレなので感想だけ。



最初に書いちゃうと特に期待しないで行ったせいか面白かったよ。
ライダーで集合物はディケイドの夏冬に続き3度目だけどこっちの方が面白いかな。
監督も脚本も同じなのにこっちのが面白いとは。やれるなら最初からやれとw

東映の文字が来るのと同時にライダー40周年とかのロゴが。
そのままタトバの音声が流れて3つのコアメダルがベルトに収まるのはうまい。
最初からモールイマジンが出てきたりデンライナーが来たりと完全にパラレルなのね。
ディケイドから本編の途中・続きだからパラレルのはキバ以来に。
自己紹介で「電王」って言っているからこれからは幸太郎を電王として扱う予定なのかな。
今回の映画では良太郎とコハナは出演せず。
元々佐藤健と白鳥さんが出演できなくなったことへの延命手段みたいな感じだけどついに限界が。
というかむしろよくここまで持ったような。
今思えばさらば電王にに佐藤健が出演してくれたのは奇跡みたいなもんだね。


今回の映画を見てると改めて仮面ライダーは頼り甲斐のあるヒーローなんだなと。
途中でベルト奪われてもうダメだ、ってところからの変身とか見てると特に。
変身に関してはすごくカタルシスがあって良かった。
この映画、主役の映司・幸太郎・モモの変身回数は90分以上あってたったの5回なんだよね。(冒頭オーズとデンライナーから飛び出してきたNEW電王は除く)
ムービー大戦コアだと全部で9回くらいあったのかな。
それほど変身は大事にしているしライダーに変身したら凄く安心感も出てくる。


歴史が変わってしまってショッカー警察に映司とナオキたちが追われるシーン。
あそこはメダル取られたから変身できない!と思ったらベルトはあるのかよww
少なくともこの映画だとタトバの3枚とベルトだけは自分で持っているみたいだ。
ラトラーターに変身して高速で逃げるのとかは良かったね。
高速移動するライダーが人を助けるために一緒に移動、ってのは確かないはずだし。
カブトでひよりを助ける為に未来から来たハイパーカブトと打ち合わせした時くらいかな。


貼り付けにされた時に人々がベルトをパスするのはいいね。
必死にベルトを回してようやく映司にベルトが!
変身!静寂の中で「タ・ト・バ!タトバタトバ!」「わああああああああああ!!」のカタルシスは最高だ。
オーズはムービー大戦コアで30分映画の中で3回も変身してるからありがたみがないけど今回のように溜めて溜めて変身!はめっちゃ燃える。
良いシーンではあったんだけど市民たちが気になった。
エキストラなんだろうけどいまいち緊張感がない人々。支配されている割には恐怖感ないし服も小奇麗だし。

NEW電王と一緒にモモタロスも変身。こっちは過去にショッカーアジトに行った時に変身しろよと思ったけどw
良太郎なしで変身できるのはさら電で実証済み。ベルト常に量産しとけば超電王やトリロジーの時も一人ひとり変身できたのにね。
さら電の時は本当に特別だったんだね。


1号・2号も藤岡さんらが声を担当。
さすがに違和感あるけどやっぱり本人がやってこそだよね。
1号2号関連だとメダルのやり取りはうまい。
敵に取られたのは偽者で本物はここ、偽者は発信機をつけていると聞いた時はさすが1号2号だと。
けど実際にはNEW電王にはじかれた時点で偽者だった、はやられたね。
幸太郎たちが現代に逃げるさいショッカーグリードに負けてしまったのはショック。
しかも最初に変わってしまった歴史でも負けてるし初代1号2号が連続して負けるとは。
ライダーに関しては平成しか興味ないし最強なのはアルティメット・キング・ハイパーと信じているけど
なんだかんだで一番強いのは1号2号だと思ってるしせっかく声を当ててもらったのに負けるのはショックだ。
俺のような平成派でショックなんだからリアルタイムで見ていたお父さん世代はさらにショックだろう。
何でこんな今のライダーから出てきた怪人に1号2号が負けなくちゃならんのかと。



広場で復活した4ライダーだけどで頼りになるといっても多勢に無勢。そこに駆けつけた歴代ライダーたち。
復活の理由は歴史が変わっても人々の心からは消えず記憶には残ってるから、だったかな。
市民がライダーの名前を連呼しているのは彼らが心の奥底で覚えていたから。
敵に関しても1号2号しか存在しないはずなのにその後の敵組織たちはちゃんと結成されているね。
V3以降のライダーたちが人々の記憶から再生されたように、敵組織たちも怪人たちから望まれて復活したりしたんだろうか。
敵はショッカーという名前はそのままだけど組織内容は大ショッカーよりも凄い。
人間の味方の筈のアンノウンがショッカー側についたのが残念。どちらかというとショッカーと敵対するポディションだろうに。
ゴルゴムとクライシスが反論しただけに余計そう感じる。


この復活シーンで戦う相手はみんな自分たちの作品のライダーなんだね。
昭和は分からんけどクウガからはそうだった。クウガがガミオと戦ったりダブルがユートピアと戦ったり。
復活したのはいいけど連呼シーンが長すぎてだれるし見てて恥ずかしい。
クウガからはナレーションだけになったから全員そんな感じでやって欲しい。
全ライダー登場が売りの一つだから時間かけなかったからダメかもしれないけど、
一人ひとりコールしてはスローで戦ってるシーンを見ると「まだ続くのか・・・」「長いなぁ」ってなっちゃう。
クウガから早くなって多少マシにはなったけど魅せ方に関しては夏のオールライダーから全然進歩してない。
カブトの天の道が拝めたりキバがザンバットで戦うなどレアなシーンも見れたけど。
ディケイドはシャドームーンにリベンジできて良かったよ。さすがにダブルが圧倒するあのシーンはスタッフも思うところがあったのかもしれない。
そのダブルの2人も本人が登場。ダブルVシネがあったからついでに撮ったかな。
菅田君が出てくれるのも今の内だけなんだろうなぁ。
「翔ちゃ~ん!助けて~」なんて半分ギャグみたいなシーンだったとはいえ知り合いが襲われてるのにポーズとるために「まぁ待て」はないだろw


各ライダーが活躍しているころオーズと1号2号も奮闘。
オーズは消えるブラック将軍に対してタカヘッドを発動したのはナイス。
NEW電王とモモが苦戦している時に「オーズがいればなぁ」と思っていたら本当にやってくれたよ。
映画なんだからラストはタトバキックで締めて欲しかった。
一応タカでサーチしてバッタでジャンプ、トラでフィニッシュと3つとも活躍してるんだけどね。
1号2語グは途中の殴り合いで負けてるのに最後強引でライダーキックで逆転してるからイマイチかな。
途中まで負けてて必殺技であっさり逆転勝ちっていう力ずくな戦いは好きじゃない。もっと反撃した後ならいいんだけどね。


残ったショッカー首領に全員で突っ込むあの画はww
でかい蛇(メデューサー?)みたいな感じで強い強い。
この映画限定のタマシーコンボはここで登場。
イマジンメダルはともかく何でモモの中にコアメダルがあるんだよw

「映司、このメダルを使え!」
「どんなコンボになるんだろう?」

しかもコンボ確定かよw
肩の部分はモモの角みたいな感じで下半身は錆び付いた金、ガオウみたいな色合いでいいね。
タマシーコンボは攻撃耐えてスキャニングチャージで出番終了。
その後すぐ出てきたキングダークはマント羽織っててかっこいい。
ディケイド夏に続き連続でラスボス、という訳にはいかず正体を見せた岩石代首領が。
例によって二次被害のほうが酷くせっかくディケイド版アポロガイストもいたのにみんな飲み込まれるしキングダークは大きさ比較かよw
てかこの岩石代首領でかくてかっけえええ!
小学生くらいの時友達の家で見せてもらった仮面ライダーのビデオで、ストロンガーあたりまでが集結して
でっかい岩の怪人と戦ってるのを見たことがあったけど、今思えばあれはキングダークじゃなくて岩石大首領だったのかな。

伊達率いるサブライダーらも集合。伊達のことは完全に忘れてたw
ほとんどが合成シルエットだけどカイザのように微妙に動いているのもいるね。
この中にオーディンがいるのは嬉しかったw
全員でジャンプしてバイクに乗るのはいいけどサブライダーどこ行ったw

このバイクのシーンはアギトはスライダーモードだしドラグランザーみたいなのもいたのような気がしたしで何気に豪華。
ダブルもダッシュブーストユニットで目立つね。確認できなかったけどクウガもゴウラムだったりしたんだろうか。そしてバイクがない真はどうすんだw
突っ込んだときの名前はオールライダーブレイクらしいけど「40」で突っ込むのはさすがに隣の子どもも苦笑い。
CG班はどんな気持ちで作ったのだろうか・・・

最後は40年前に残ってしまったナオキが大人の姿で登場。
これで最後のピースがはまった。
1号2号の洗脳を解いた心優しき学者やベルトを投げた時やけにアップになったのはこのためか。





というわけで好きな・気になったシーンを上げてみたけどこんな感じ。
途中までの絶望感はいいね。ピンチからの逆転というのはヒーロー物の醍醐味・王道だし。
AtoZでも変身できない時があったあらジョーカー変身が盛り上がったけど、今回その「溜め」に関してはジョーカー超えたな。あの広場の変身はマジでかっこいい。
その変わり映画限定のサプライズ感は殆どない。
歴代集合は既にやっているからアピールポイントとしては弱いし(逆に「またかよ・・・」でマイナスな気も)サブライダー集合はおお!と思ったけど一瞬。
タマシーコンボもちょい役だとは思ってたけど本当に出て必殺技で終わりとは。
超電王クライマックスフォーム出て欲しかった。超電王って付くトリロジーじゃクライマックスどまりだし映画なんだからジーク出てきてもいいし。


今回は少年ライダー隊が子どもたちなりに活躍したのは良かったね。
一応初代ライダーは全部見たことあるしナオキとミツルも少年ライダー隊なのは分かった。
初代見てると少年ライダー隊なんて笑いたくなるようなもんだしクラブにいる姉ちゃんたちが戦ったりと
これが伝説とまで言われた初代かよと呆れたけど今回は良い活躍だったよ。
やっぱり今の目で見ちゃうと映像も古いし敬遠しちゃんだけどそろそろ昭和も見直してみようかな。
スーパー1あたりは平成ライダーに引けを取らないくらいかっこよく見えるし。


それとは逆にアンクなんかは酷かった。
コアの時は本編始まる前に書いたからキャラが違っていても仕方ないけど今回はなぁ。
メダルに固執してて最初に喧嘩しちゃうのは分かるけどその後も何度も何度も邪魔するし。
実際自分の目で変わり果てた世界を見たはずなのにその後も「俺のメダルだ!」で邪魔するのはない。
映司とかがほぼそのまんまにまで戻ったのにアンクだけ浮いてるよ。
メダルを1枚だけ出してしまったシーンから全てが始まったわけだけど、あれアンク気付かなかったのかね。
鴻上と4:6の契約をした時に「100枚持ってけ!」で一気に放出してたから1枚単位で取り出し出きると思ってたのに。
1枚単位で取りだしは無理だとしてもあれほどメダルに固執してるアンクが1枚とはいえ出てたら気付きそうなものだけど。


時間改変に関しては歴史が変わる前の本来の世界でナオキのパスに40年前と表示されるのはおかしいし、
最初に変わった世界でミツルとナオキが一緒にいるのもおかしい。
昭和はともかく平成まで全部同じ世界観のようだしショッカー倒しても支配されたという事実は変わらないまま。
それ以前にかなり突っ込み所があるけどまぁ余計なところは全部「電王だから」でいいや。
いちいち気にしてたら電王は見れない。
予告見た感じディケイドが含みがあるように思えたけど歴代の1人に。
初めはディケイドでやらかしたからそのまんま電王に、と思ったけど仮にディケイドが成功しても井上君がずっとやってくれるわけじゃないしなー。
「僕は仮面ライダーしかやりません!ずっとやり続けます!」なんて役者がいればともかく現実はそんな事あるはずもなく。
人が演じている以上いつかは限界くるしね。現に今回の良太郎はコハナがその例だし。
そう考えると声優を起用しているイマジンらは本当に便利だ。


平成ライダー10周年も終わったしライダー40周年も終わったししばらくは集合物ないかな。
そりゃやろうと思えば「テレ朝○周年」「東映○周年」「石の森プロ○周年」といくらでもやりようがあるけど。
ここ数年でライダー・戦隊・ウルトラ、見ている人はニチアサでプリキュアと全員集合が当たり前になってきてるよ。
春は電王+現役ライダー、夏はいつものように作って冬はムービー大戦としばらくはこれで行けるっぽい。
少なくとも集合物は後5年10年はいいでしょ。
次やる時はディケイド夏・冬みたいなやつじゃなくて多少突っ込み所あってもいいから今回みたいな映画の方が良いな。
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーオーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2011/05/03(火) 15:25:42|
  2. 仮面ライダー000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ダブルRETURNS 仮面ライダーアクセル感想 | ホーム | ゴーカイジャー第11話「真剣大騒動」>>

コメント

天道さんのレッツゴー仮面ライダー感想待ってました
今回の映画は本当に良い意味で期待を裏切ってくれましたよね
ディケイド夏映画の残念感が未だに抜けきっていなかったので不安でしたが
それらの不安を払拭してくれるほど楽しませてもらえたと思います

あの処刑されるヒーローを見ているだけしか出来ない大人の民衆が子供たちが奮闘する姿を見て
突き動かされていくという展開はよかったですね、ベルトを届けてから変身しオールライダーが揃い
大逆転までの一連の流れは素晴らしかったです、ただ確かにあの各ライダーの名乗り連呼は長すぎましたね
正直見ていてダレてしまいました

岩石代首領は仮面ライダーコアなんて目じゃないくらい圧倒的に大きかったですねw
あんな大きいスケールの敵でさえ倒せたんだから次は宇宙規模の大きさの敵でも倒せるんじゃないでしょうかw
岩石代首領の登場と共に地底に落ちていく各作品敵幹部はちょっと酷い扱いでしたね、尺の都合なんでしょうけど
そしてオールライダーブレイクの時にシンは一体誰のバイクに相乗りしていたのか気になりますねw

科学者の正体は完全にしてやられました、天道さんナオキとミツルが逆になってますよ
ナオキが手に傷を負うシーンが妙にアップになっていて不思議でしたが
あれもちゃんと伏線だったんだと感心しました、ただまさかミツルの父親までとは思いませんでしたw
タイムパラドックス的にどうなってんだ大丈夫なのかと突っ込みたくなりますが、まぁこの辺りは深く言わない方がいいでしょうね

全体的に面白くて幸太郎が電王名乗ってたり、モモ達がサブに回っていい味出してたり
久しぶりに悪の手先となった1号&2号を見れたりと良いところは多かったですが
そんな中アンクの扱いは本当に酷かったですね、初期のイメージで作られた性格なんでしょうが
完全に今回の事件の元凶なのにフォローが無かったのは残念でした、
あと最後のイマジン復活も勢いで誤魔化しましたけどイマイチよく分からない内に復活しましたね

ちなみに高速移動で人助けはトライアルもあの映画撮影回でやってますよ
  1. URL |
  2. 2011/05/03(火) 16:45:53 |
  3. ハート #-
  4. [ 編集]

>ハートさん
多少突っ込み所はあれど今回の映画は面白かったですね。
見に行く人があんまり期待してなかったのもあるかもしれませんがw

>あの処刑されるヒーローを見ているだけしか出来ない大人の民衆が子供たちが奮闘する姿を見て
>突き動かされていくという展開はよかったですね
あのシーンは今回の映画の中でも名シーンの部類かと。
燃えた!というか久しぶりに涙が出そうにw
その代わり歴代登場シーンはだれましたね。
登場シーンだけだったらディケイド夏のが良かったです。


>岩石代首領は仮面ライダーコアなんて目じゃないくらい圧倒的に大きかったですねw
あれはでかかったですね。大きさ比較で出てきたキングダークが不純すぎてw
他の幹部が巻き込まれたのは尺の都合でしょうね。DC版とかでもあんな感じになりそう。
あれくらいでかい敵が出てきたら次はどれほどの大きさで来るのか?
いつかやる集合物までのお楽しみですね。
それよりも真がどうしたのか本気で気になりますw


>天道さんナオキとミツルが逆になってますよ
!?
すみません直しときました。
ナオキの怪我は正直伏線とは思いませんでしたね。アップで映った時も「怪人にやられた割には傷浅いなー」なんて思っちゃいましたしw
けど最後の最後で出てきたときには納得しましたね。
タイムパラドックスなどいろいろありますがここまできたらご愛嬌ということでw


>そんな中アンクの扱いは本当に酷かったですね、初期のイメージで作られた性格なんでしょうが
>完全に今回の事件の元凶なのにフォローが無かったのは残念でした、
他のキャラはいつも通りで映司も本来の性格まで戻ってきていたのにアンクだけ酷かったですね。
仰るとおり元凶なのにフォローなしで他のキャラも特に避難することもなくいつまでも「俺のメダルだ!」の繰り返し。
小林さんも脚本参加してたのになぜこうなった・・・
イマジン&オーナーら復活も勢いで誤魔化しただけで曖昧にされちゃいましたね。

>ちなみに高速移動で人助けはトライアルもあの映画撮影回でやってますよ
うおっとまたもミスを。去年の作品なのに・・・
どっちにしろ貴重ですね、高速移動で人助けは。
  1. URL |
  2. 2011/05/04(水) 12:41:51 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/1798-d4ea07bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する