特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ゴーカイジャー第9話「獅子、走る」

前回で判明した空飛ぶ島を探すべく地球を回るゴーカイ。
既に4週目に突入してるとは凄い。
アイムが前通った時も同じ形をしている雲を発見、それが空飛ぶ島=天空島だった。
天空島に着くとザンギャックも出現。あっちも情報を知っているから競争状態。

行動隊長・バウザーは高速移動を得意としておりようやく苦戦が見られるか?と思いきやターボレンジャーにチェンジして返り討ち。
戦っている間にガオライオンが乱入。頭部が違っているのは玩具化するために変わったのかな。
暴れまくりあっという間に追い出されるゴーカイ&ザンギャック。
うまい具合にジェットマンに代わり落下は免れるもアイムが足をやられてしまう。


地上に戻ると獅子走登場。10年前ということもあってさすがに老けている。
よく言えば成熟しているわけだけど。「俺は獣医だ」は久しぶりに聞けていいね。
宝にしか興味のない君たちには無理だ、と言い放つもマーベラスたちは関係ないと言い切り去っていく。
アイムだけは怪我をしているのでハカセが付き添い走が治すことに。


手当てをしてもらってようやく彼がガオレッドだと知る。
この歴代レッドと被る演出は最後にもってきてもらった方がいいな。
走はガオライン=大いなる力がゴーカイに応えてくれるはずがないと考えているが、みんなはお宝だけ見てるわけじゃないとアイム。
ザンギャックに星を滅ばされた時マーベラスたちは何も知らない自分を助けてくれたと。
ここらへんの経緯が気になるけど深くは突っ込まず。なぜマーベラスたちは助けたのか。
アイムは本当に悪い人たちではない、と言っているけど普段を見ているとそこまで良い奴らにも見えんし・・・



街中ではバウザーが出現。
ワルズギルに大いなる力のことを知られてしまったので天空島探しはやめて地球侵略に切り替えた模様。
町の人々が襲われているのは2話以来かな。なんだかんだで助けに入る3人。
ジョーの「軍人も大変だな」は笑ったw
ハカセとアイムも駆けつけてガオレンジャーにチェンジ。
当時のBGMが流れるけどガオレンはヴォーカルないといまいち盛り上がらない。
そしてBGMすら流れなかったゲキレン・・・
別に玩具催促有り無しに関わらず音楽くらい流してあげればいいのに。
取り巻きを破邪百獣剣で倒しバウザーはファイナルウェーブで撃破。
ロボ戦はガオライオンが力を貸してくれて巨大化したバウザーを倒す。


以上第9話でした。
今回はガオレッドが登場。10年前の作品ということで今まで出てきた先輩の中では一番古い。
10年経っても金子昇が出てきてくれたのは貴重かもしれない。
ガオシルバーの方は事務所の関係で当時のことはなかなか喋ってくれないしね。
今回はいろいろ書きたいことがあるけど、
「あいつら口が悪いんだよ」
この一言に尽きるw
ゴーカイ一同にいまいち共感できない理由がこれだし。
1話目の「うっさいばーか」から気になってたけど口が悪い=豪快ってわけなじゃいしね。

ゲストとしては4人目。ハカセは3回目とかなり優遇?されている。
アイムもジャンと会っているので2回目。成長とう点で動かしやすいんだろう。
シンケンでいう千明とことはポディション。



○ガオレンジャーの思い出

当時小学校5年生・放送していたライダーはアギトだった。
ハードな作りのタイムから一転して明るくなったのがガオレン。
「ネバキバだぜ!」「やる気満々だぜ!」ととにかく明るく熱い作風。
今でこそチーフや殿のようなタイプが出てきたけど途中のリョウマと凌駕を除いてカーレン(恭介)~マジ(魁)まではテンションが高いいわゆるバカ(熱血)レッド期間で、
子供の頃から隊長(オーレン)のようなクール・落ち着いたレッドが好きだったのでいちまち好きになれないレッドだった。

名乗りの時に文字が飛び出してきたから「カクレンジャーのパクリじゃん」と子供心に思っていたり。
敵はボスが代わる今でいうゴセイの先駆けのような方式。
ウラが一番インパクトあったかな。ロウキも目覚めさせたし。
敵役として出てきたロウキもかっこよかった。最初はこんなやつにどうやって勝つのかと。
結構人気があるようで何年か前に出たダークヒーローアルソリではロウキもラインナップされてた。
ロウキ以降リオ様が出てくるまでなかなかインパクトのある「黒い」悪役はいなかった。

東映公式を見てたらガオブラックの人が見学に来てたのね。
襲われる一般人とかでもいいから出て欲しかった。
ガオホワイトの人引退したと思ったらブログやってるようで、髪も染めてるから印象変わってびっくり。
まだ若いしゴーカイジャーにも出て欲しいね。
スポンサーサイト

テーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2011/04/19(火) 14:01:56|
  2. ゴーカイジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<HDα 海賊戦隊ゴーカイジャー | ホーム | オーズ第30話「王とパンダと炎の記憶」>>

コメント

今回もメインはハカセ&姫の2人組でしたね
この2人はまだまだ未熟な分、他の人達と絡めて成長していく展開がやりやすいんでしょうね
マーベラス・ジョー・ルカはむしろ既に完成している分、過去が気になるキャラですし

結局マーベラス達と直接仲直りはしませんでしたが獅子走との遭遇は雰囲気悪かったですね
彼の言う通り確かにハカセ&姫以外は口が悪いから災いの元になりそうな気もします、
正義のヒーローを名乗ってるわけじゃないんで仕方ないのかもしれませんが…
走は10年も経って流石に多少の老けはありましたが、ちゃんと獣医の仕事を続けてるみたいで安心しました

今回も主題歌のBGMがかかっていましたが、ゲキレン回がますます可哀想ですね…
今後も玩具化されない戦隊の回はBGM無しになりそうで怖いです

そういえばワルズギルがダマラスの暗躍に気付いたみたいですけど
やっぱり小物感は抜けきりませんね、このままだと中盤にやられていずれ出そうな父親の噛ませになりそうです…

ガオレンジャーは当時はタイムレンジャーのシリアスな作風と出来を楽しんでいた大友には不評だったみたいですね
でも子供には単純な方が楽しめたのか、人気はこちらの方が出たという…
玩具のパワーアニマルも当時は今のオーメダル並に争奪戦が繰り広げられたらしいですし、
良くも悪くも今の戦隊シリーズの基盤とも言える作品ですね
  1. URL |
  2. 2011/04/19(火) 19:30:54 |
  3. ハート #-
  4. [ 編集]

>ハートさん

いつもコメントどうもです。
今回もハカセ&アイム担当でしたね。
アイムはまだ2回目なのでセーフな感じがしますけど、さすがにハカセの3回は多い気が。
精神的にジョーとルカは大人とはいえやっぱり歴代レッドとの絡みは見てみたいですね。

>結局マーベラス達と直接仲直りはしませんでしたが獅子走との遭遇は雰囲気悪かったですね
あれは最悪の接触でしたね。走も言っていましたけど口悪いですよ。
ハカセとアイムがまだ良心です。
走はさすがに10年経って少し老けてましたけど、相変わらず獣医のようでよかったです。


>今回も主題歌のBGMがかかっていましたが、ゲキレン回がますます可哀想ですね…
>今後も玩具化されない戦隊の回はBGM無しになりそうで怖いです
これは可哀想でしたね。別にBGMくらいかけてあげてもいいのに・・・
ワルズ・ギルは確実に父親のかませでしょうねw
むしろかませになるのが分かりきっているのでその後どうなるかが見物のような気もしますw



>ガオレンジャーは当時はタイムレンジャーのシリアスな作風と出来を楽しんでいた大友には不評だったみたいですね
らしいですね。古本屋で当時の特撮雑誌見てみても特オタの反応はそんな良いわけではありませんでした。
玩具の売り上げはかなり良くてその年のアギトを喰うくらいの勢いだったらしいですけど。
まぁ特オタと子供の楽しみ方の違いでしょうね。
反応が真逆になるのはあることですし。
  1. URL |
  2. 2011/04/20(水) 21:28:56 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/1787-ba30bb56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する