特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

仮面ライダーダブル 特写写真集KIRIFUDA

110412-1.jpg
新リーズの特写本もこれで5冊、ソラノマ時代を合わせると8冊目に。
表紙は初めて基本フォーム以外のライダーも映っている。
これまで同様に顔アップのが良かった。




110412-2.jpg
見開きページの裏にはガイアメモリが。
明らかにでかいので原寸大ではない模様。
基本的にプロップは原寸大だったからでかくしたのは以外だ。ベルトも小さく写してるし。




110412-3.jpg
まずはサイクロンジョーカーから。
このアングルでおま罪は珍しい。




110412-4.jpg
フィギュアーツで慣らされたから違和感あるけど本来はこんなに丸っこいのね。
MGダブルなんかも出来はいいのに顔で「あれ?」となってしまうからアーツ慣れは恐ろしい。
スーツはそれぞれ用意してるけどコンパチ仕様にもなっている。
頭部の分割線はかなり磨きこんでいるらしく目立ちづらくなっている。


ライダーのスーツは動きやすいアクション用・アップの撮影、魅せるためのアップ用があるのは有名。
しかしダブルのスーツはコンパチ仕様に加えて後述のメタリックによるスーツ硬化があるため、毎度現場判断などで対応。
そのため「アクション用・アップ用スーツ」という定義はだんだん薄れてきているらしい。



110412-5.jpg
次はヒートメタル、と思いきやまさかのヒートジョーカー。
そう9形態全てをポーズ付きで掲載している。
いわゆる派生フォームもコンパチではなくそれぞれアクション用スーツが作成されていた模様。



110412-6.jpg
110412-7.jpg
その後もフォームの紹介は続きヒートメタルやルナトリガーも収録。
ダブルのスーツはメタリック塗料を使っているためスーツが硬化してきて着替えるのが大変だったらしい。
中でも苦労したのがルナ系のスーツでとにかく硬化が早いらしい。



110412-8.jpg
その分ルナの金色は綺麗だし胸の模様もここまで作りこまれている。
アップで見るとよりそれが分かる。
ルナは月をイメージして半球、トリガーは拳銃のパーツを散りばめたイメージで作られている。



110412-9.jpg
続いては人気のファング。
模型雑誌のMG紹介ページで「エクストリームよりもファングの方が好きな人もいるはず。僕もその一人です」とかあって笑ったなw
でもファングは本当にかっこいいや。シンプルだけど今一つ足りないダブルに一つの答えをくれたようなデザイン。



110412-10-1.jpg
武器もしっかり。アーツではなかったけど本来アーム・ショルダーファングには真ん中にパープルがかかってる。
BMファングのレビュー見ても再現されてたけどあっちは紫強すぎだった。



110412-11.jpg
で、あんまり人気ないエクストリーム。
フラゲ画像見たときはカッコいいと思ったのに本編の活躍が・・・
宇宙船掲載当時に見た「スーツが重くて屈めない」って記述が見つからない。
どうもこの特写シリーズ、宇宙船掲載の写真を完璧に載せているわけではないらしい。
どうりでこれやアクセル、ディケイドの時のディエンド写真数が少ないと思ったら・・・



110412-12.jpg
ゴールドエクストリームはパンフとかにも乗っているCG写真だけ載せてる。アクセルエクストリームの方はなし。
AtoZとムービー大戦コアとか見てたらスーツだけ金色の部分作って羽根だけCGだと思ってたけど実際はフルCG。



110412-13.jpg
その隣のページにはこの本のタイトルにもなっているジョーカー(切札)が。
背景の黒と立ち姿がより一層孤独感を引き出しているのがいい。
映っているのも左側(こっちから見たら右だけど)でちゃんとフィリップの場所(右)も残してあるという。

当時ジョーカーが発表された時「JJのリペ?」と思われたけど完全に作り直したらしい。
そもそもCC・JJはデジタル処理を用いるのはもちろん、スーツをコンパチしたりスカルのスーツを急遽JJに使ったりと、現場の判断で臨機応変に対応して出来たもの。
映画でも単独で活躍するし最終回にも出るしで作ったのかな。基本はジョーカーの右サイドだけ作ればできるライダーだしね。



110412-14.jpg
110412-15.jpg
ここからはサブライダーたち。
初めて主役だけで半分以上ページを使ってるよ。
アクセルブースターもちょこっとだけ公開。



110412-16.jpg
そしてスカル。早くアーツ届かないかな。
被っている帽子はもちろん特注のもの。さすがにライダーの頭にすっぽりはまる帽子はない。
スカルマグナムはトリガーマグナムも改造したものだけど、この特写のためにせっせと作り直したらしい。
マグナムといえばシュラウドマグナムが乗ってなかった。



110412-18.jpg
このページだけとはいえスカルクリスタルまで。
頭部がクリスタルで本当に中まで透けると困るためスーツアクターの永徳さんは黒ニット帽を被っていたらしい。



110412-19.jpg
最後はエターナル。今度のVシネで出てくる方は乗っていない。
こちらではT2メモリを乗せている。
フィギュア王か何かでT2メモリのシール付属してたけど、あれでT2作れば壮観だろう。



110412-20.jpg
ちなみにT2メモリの場所一覧も掲載。
アーツのスロットを塗るんだ!フルスクラッチで作るんだ!って人がいたら参考にどうぞ。



110412-21.jpg
最後の方はプロデューサーインタビューも。
新しくライダーのPやるとレポート提出があるのか・・・
読んだ感じ「玩具を買った子供」を意識して作っているね。
ドラマパートではどうしても飽きがきちゃうし集中力もきれるからガジェットを出して「あ、これ僕持ってる」となるようにして喜ばせたりしたかったと。
他にも面白い話があって視聴率について。今の子供が全員同じ番組を見たとしても視聴率は8%くらいにしかならないんだとか。
そう考えるとたまに出る9%や10%ってのは特オタなり一般人を引き込んだ驚異的な数値なんだね。
毎週毎週20%以上たたき出してるサザエさんなんて化け物番組だなこりゃ。いや俺も毎週見てるけどw



というわけで特写写真集。
毎度毎度詳しく乗っているから参考になる。さすが最後に出る関連書籍だけある。
ダブルは基本3形態しか乗せないと思ったのにまさかの9フォームだしどのライダーのポーズもかっこいい。
特写写真集は電王1あたりまではライダーが綺麗な写真で写ってる、程度だったけどキバあたりからは本格的にカッコよく映るようになってきた。
特にキバは唯一背景が黒で撮影してるからダークな感じで雰囲気出てたし。


今回は発売が一番遅い特写だった。キバまでは放送終わる月、ディケイドは映画の関係で翌年1月なのにダブルはさらに延びて3月。
遅い割にVシネのアクセルブースターは中途半端だしレッドフレアの方は乗ってすらいない。
これだったら開き直ってVシネ発売まで真って欲しかったかも。電王のように特写2が出ることはないだろうし。

それに500円アップの3千円はいただけない。
これは85ページくらいあって他の特写は70ページちょい。
値上げもしてもおかしくないように見えるけど、電王1は80ページ以上あって2500円だったのを考えるとう~ん。
いっそ前に出しなおした響鬼・カブトのようにソフトカバーでもいいから値下げしてもいいかも。
ハードカバーだと高級感はあるけど実際にページめくるのはソフトカバーのがいいし。
とは言っても本自体は良いものなのでオススメの1冊。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/13(水) 14:16:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ガイアメモリを飾る | ホーム | ゴーカイジャー第8話「スパイ小作戦」>>

コメント

自分はアーツWには違和感しか感じませんでしたね
そしてずっとここまでかわなかわけですが
最新の素体でリメイクされれば嬉しい限りですね
  1. URL |
  2. 2014/09/18(木) 22:02:46 |
  3. #-
  4. [ 編集]

当時は角にしか不満無かったので記事中のような事書いてますが今は違和感バリバリですねw
9フォーム・エクストリームが酷い分ファングジョーカーのカッコ良さが際立ちます。
次の真骨彫はクウガ・アギト・キバあたりがきそうですが是非ダブルも出して欲しいです。
最悪頭部セットだけでもいいんで。
  1. URL |
  2. 2014/09/18(木) 22:27:55 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/1784-c6a4d3e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する