特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

テイルズ レディアントマイソロジー3 感想

追憶ダオス・ユグドラシルまでクリアしたので。
経験値あんまり入らないし250が最高レベルと聞いてもういいや、と区切り付けた。
1はプレイ済みで2はまだやってない。例によって続きから。



○ストーリー

マイソロ1に比べればずっと中身があるものに。
1はただクエストこなして名声だけを増やす作業。
3はラザリスを崇拝する信者など宗教っぽいとこがあったけどそこまで宗教的とは思わなかったな。
確かに中盤はそんな感じだったけど後半はいつもの展開に。

2からあったらしいけどストーリーをクリアしても継続プレイできるってのは新鮮。
普通RPGクリアしたらロードしなおしてもボス前のセーブポイントからだし。
その後もちょっとラザリスについて触れられているのが良かったね。


1に比べればお使い感は大分減ったし次々テイルズキャラが出てきて飽きないから作業感もない。
テイルズキャラも80人もいればストーリーなどおかまいなしにポンポン加入してくる。
さすがにこれは仕方ない。80人集める時点で吹っ飛んだ企画だし。
それよりも元々豪華な声優陣を80人も集めた方が凄い。
お祭りゲームだろうがキャラゲーだろうがこれだけ集まるのは凄いことだよ。





○キャラ

・あまた

1のような吹っ飛んだ選択肢もなく無難。
選択肢がある場面は選べる台詞1つしかないけど一応自分なりに考えはあるのね。
普段は喋らないで周りが「あなたそうなのね」と勝手に考えて話進めてる感じだし。
デフォ服は2の方がいいかな。OPでも顔出してるしイケメンだし出番多いし。



・カノンノ

カノンノは空気っぷりが凄い・・・
最初こそちょびちょび活躍してたけど後半はヴァン師匠と一緒に行くところまで出番なし。
1の時はメンバー交換する店にいたり依頼人の場所にいることが多かったから話しかける機会多かったけど
今回は一人隔離された部屋だしわざわざ行かないよ。
最後の戦いは連れて行ってないけれど、連れて行ったら会話がちょっと変化するのかな?

後半になるとパスカとイアハートも登場でカノンノパーティーが組める。
やっぱりかな恵ちゃんカノンノが一番可愛い。




・ラザリス

中ボスかな?と思っていたらちゃんとラスボス。GF終わった後だから2作品連続で女キャラがラスボス。
発売前は冬カノンノ?と言われてたけど、あの世界の成り立ちを聞けば冬カノンノでも間違いではないかも。
声優は前回ヒーローボイスを担当した佐藤聡美さん。りっちゃんボイスで「ディヴァインセイバー!」「ホーリランス!」を聞けるのは胸熱。
第2形態の秘奥義はめっちゃ強かった。レディアント装備だから耐えられたものの。




・歴代キャラ

大抵のキャラが重要クエストある。それでも一部キャラが空気化してしまうのは仕方ない。
さっきも書いたけど80人集結という元々無茶な企画だし。
2の頃から続いている学者キャラは相変わらず活躍。他はレディアント関係でちょっとジュディスが目立つ程度かな。
殆どのキャラが原作の設定をそのまま引き継いでルミナシア(マイソロ3世界)に来た感じ。
複雑な事情はあるけどお祭りゲームだから深くは触れず、といったところ。


驚いたのがヴァン師匠が操作キャラになったこと。
3DSで発売するから宣伝目的もあったんだろうけどラスボスを味方にするとは。




○ムービー

OPは2の方が良かったな。
よく動いてはいるけどサビの弓キャラだけしか盛り上がりがないし。
登場キャラも凄い少ないしリーダーのアンジュもいなければ歴代主人公もやけに少ない。
曲は3>2>1だけど映像は2>3>1かな
1は歌はいいけどお祭りゲームらしくないしね。


作中ムービーは結構入っていたね。これもよく動くいて凄い。
他の主人公差し置いてムービー参加のヴァン師匠ぱねぇww





○クエスト


1では名声集めのための作業間が凄かったけど3はクエストこなす、違う部屋移動で新クエスト発生だから作業間がなくていい。
唯一の作業間といえば薬草集めかな。何の為に集めるのか分からなくなってきた。
苦労して集めても何千種類あるうちの一つで役に立つかどうか分からないとか・・・
クエスト選ぶ時は討伐と納品で分かれてて分かりやすかった。
迷ったらとりあえず「アンジュにおまかせ」見れば良かったし。


気になったのが歴代キャラ対決クエスト。
歴代キャラのいる場所が遠すぎて嫌になる。
1だと入り口近くにいたから良かったのに3だと迷ったよ。
唯一マシだったのがレディアント討伐の時かな。あれは比較的近いところにいた。



対決クエストでは本編再現がいくつかあったけど一番あきれたのが対フレン。
素直にここはユーリVSフレンでいいじゃん・・・
闘技場のパスワードで出てくる対決では対ルーク・アッシュという面白いものも。
meaning of birthを期待していたけど今回もない。著作権の関係でもう無理らしい。
他にも対リヒター戦が本編ラスボス戦の音楽が流れたり、改造しなきゃ無理だったルーク&アッシュ(とあたま)対ヴァン師匠という夢の対決も。


他にも特殊クエストがいくつかあるけどサレ4人はびっくりしたな。
リバースはまだやってないけどこれ原作でも分身するの?全員が秘奥義使ってくるし強いから大変だったよ。
メンバーもレベル70で止まっているヴェイグ・アニー・マオだったし。
意地になって最後はヴェイグのセルシウスキャリバーでフィニッシュ。





○システム面

・転職

ストーリークリアまではずっと剣士でプレイ。
転職したらレベル1からやり直すのが嫌で最初から最後までそのまま。
レベルも各職業統一して欲しかった。

最終的に職はガンマンに。
剣士も良かったけど、動きが速い敵に対してはあんま攻撃当たらないから
ヒット数も多く攻撃スピードも速いガンマン一択。



・レベル

近作から全員が一緒にレベルが上がる親切仕様に。
多少ばらつきがあるもののストーリークリアする分には全く支障がないほど。
好きなキャラをレベル不足で諦めることもないのはありがたい。
それもレベル70まで。やりこむためには頑張ってください、ってことかな。
やるなら70で止めるなんて中途半端なことはせず最大レベルまでやって欲しい。
むしろなぜ途中で止めるのか・・・

2の時点で解消されたけど1しかやってない身としてはキャラに断られることもなくなって大助かり。
キャラくらい素直に選らばせて欲しいしね。




・作戦

5つまで設定できるけど本当に1から5までその通りにやるから極端すぎる気が。
というか1と2くらいしかやらなくて3~5をやってくれない感じになっている。
作戦変更する時もキャラ変更する時はLR移動じゃなくていちいち閉じては違うキャラ選択しないといけない。
レベルが70までになって一通りよくなったように思えるけど、さすがにここはおかしいだろ!ってとこは良くなったけど
細かいところが直されてないように思える。。




・装備

装備ゲーといわれるだけあって本当に装備が大事。
盾のありがたみが半端じゃない。
追憶のダオスみたいに吹っ飛んだ強さを持ってるやつには盾持っててもどうしようもない面があるけど
普通の戦闘ならあった方がいい。パーティーの半分は盾持ちになった。


しかしレディアント装備は強すぎ。
1週目で取ったけど他の装備とは一線を画す性能。
ラザリス第2形態の秘奥義も余裕で耐えるし他の敵からのダメージはほぼ1桁。
今回はレディアント装備でも上位レディアント装備があって、そっちがそれほどの性能ならともかく
メインストーリー中でも頑張れば手に入る程度の苦労でここまですごいとちょっと。
ザコ戦の面倒はなくなったけどラスボスでも適当にボタン押してれば勝てるってのはちょっとね。
だったら外せばいいじゃん、と思うけどそしたらラザリス第2形態の秘奥義に耐えられるまでレベル上げしないといけないし・・・





○戦闘

基本はアビスのフリーラン。
オーバーリミッツなどの従来の要素に加えレディアントドライブも搭載。
ぶっちゃけると劣化版ヴェスペリアOVL。今思うとVのOVLは高性能だった。

敵がOVLしてこないからハメられるのはいいけど端っこに追いやると仲間が攻撃しなくなるようになるのが残念。
攻撃してきても申し訳程度だから技の隙が大きい技だと追撃できないし。
そもそも普通の攻撃でも結構敵が奥にいくから普通に戦っていれば自然と端に・・・


OVLとレディアントドライブはどちらかしか使えないけど、操作キャラが前衛なら前半はRD後半はOVLだった。
RDはハメられるけど仰け反り耐性が付かないから後半のボスの前じゃあまり使えなかった。
それなら確実に攻められて最後は秘奥義で大ダメージを与えられるOVL。
RDは僧侶系で使っている。シューティングスターやビックバンなど広範囲・高威力の術を連発できるのはありがたい。


最終パーティーはあたまガンマン・クレス・キール・エステル
クレスは初代主人公でまたファンタジアやったことないから使ってみたかったし、キールは強い強い聞いたから入れてる。
エステルは元から好きだし盾ももてるし秘奥義で回復もできるから。





・歴代キャラ

ある程度使っているクレスと自分がプレイしたS・A・V・Gの各主人公だけをぱぱっと。



クレス

集気法が便利で本当に助かる。
このゲームは他のテイルズよりも「いかに死なないか」が大事なので自己回復手段はありがたい。
秋沙雨は最後切り上げないからRD中はひたすら連発可能。秘奥義取得するまでは助かった。
Sはファンタジアの過去ということもあっててっきり王道王道言われているクレスはロイド同じような技ばかり
取得するのかと思いきや時空剣士技を覚えてから戦い方が激変。原典にして異色だった。
そして草尾ボイス最高!



ロイド

2ではかなり弱かったらしい我らがロイド。
1週目は問題ないけどレベル上がっていくと双剣士の都合上弱いらしいね。
今回はダメージ計算も調製されたようで前回より強くなっているらしい。

今回は同じ系統の技を使えるから散沙雨→秋沙雨→驟雨双破斬といった連携も可能。
ガードブレイクは威力よりもヒット数で決まるようなので、ガード崩しにはもってこい。
秘奥義も演出変わってよくなっているし一見いいように見えるけど、通常攻撃がしょぼすぎる。
あそこまでのスピードは無理でも原作仕様にして欲しい。



ルーク

秘奥義は単体になっているし術技はアッシュと半々でいろいろ可哀想なことに。
通常攻撃もトロいし技から技への連携も遅くてテンポ悪く感じる。
けど原作ではまずできない烈震天衝(FOF)→翔破裂光閃(FOF)の連携ができるのは面白い。



ユーリ

みんな同じような技ばかりのユーリは独自の技を多く搭載。
斧も装備できるから火力は十分だし、円閃牙、爪竜連牙斬、峻円華斬のようにヒット数・ゲージを稼げる技もあり攻撃中は申し分ない性能。
問題はその後だ。攻撃後のジャリングの隙がでかすぎてほぼ必ず反撃喰らう。通常攻撃後でも技後でも必ずやるから防ぎようがない。
一応戦迅狼破みたく吹っ飛ばす技で締めれば反撃喰らわないけど、ダウンで締めるのは好きじゃないし今回はダウン時間長いから使いたくない。

重要任務で連れて行くときはRDしてからひたすら絶風刃。
ゲージ切れても危なっかしいから自操作でひたすら蒼破刃→蒼破追蓮→絶風刃の繰り返し。
脅威の原作再現率にワロタwww
こんなところ再現するなよ・・・


V本編だとマニュアルキャンセルがあるから隙なんてものは無かったしハイパーコンボのおかげで攻撃し放題。
スキルあってのゲームのせいか違う作品に来た瞬間悪い方で別人のような性能に・・・
ジャリングさえないor短ければ普通に使えるレベルだけど今回は酷い。
2にもゲスト的な感じで出演してるみたいだけどそっちはどうだったんだろ?




アスベル

こちらも通常攻撃は隙があるように感じる。
葬刃を普通に使えるおかげで足止めはもってこい。
RDしてからは「さよならだ!さよならだ!さよry」の繰り返し。
横戦闘だと風牙絶咬と抜砕竜斬が似たような突撃技に見える。原作だと凄まじい炎を出す覇道滅封が残念なことに・・・
タイマンの時は幻魔衝裂破は範囲でかすぎて苦労したよ。
連携は砕氷刃→裂壊桜→紫電滅天翔という公式動画にあったのと同じ。
殴っては剣出してしまって、OVLした時も抜刀→帯刀で普通は手切るぞ・・・


アラウンドステップあるけど今回は軸補正などが優秀ですぐに反応されちゃうし
ステップ後はどうしても隙ができちゃうから本編のようにすぐに攻撃とはいかず。




・術技

どのキャラも似たような術技ばかり。剣士なら散沙雨とか秋沙雨みたいな共通技しかないし。
ロイドなら魔皇刃みたいな沙雨系じゃない技は取得しないし、ルークもアッシュもお互いに技を取り合っているせいか微妙なことに・・・
剣士というか前衛はまだいい。ユーリとかアスベルみたいに独自の技持ってるキャラもいるから。
問題は後衛。リタならコルドガッツ、フレイムドラゴン・エステルならエンジェルリング、ホーリーレインみたいな技がなくてみんな同じ技ばかりに。
ヴァン師匠なんてイグニートプリズンやプリズムソードを自分1人だけ持ってるという超仕様。なぜこうなった・・・





・秘奥義、カットイン

1はカットインなし。2で従来の顔アップ。3で上半身カットインと来たけど2が一番好き。
カットインすらない1は論外だけど3は顔アップじゃないのが気に入らないしどれも同じポーズばかり。
しかもカットインが出てきても小さい画像を拡大したかのような汚さ。キールはよく使うんだけどすごく汚い。
上半身どころか顔がドアップのキャラも何人かいて、発売前は顔ドアップはキツいと思っていた面々がまともに見えてくるほど。


ロイドなんかはアングルが変更されていたり今回初参戦組みなんかはかなり気合入ってるけどそれ以前のキャラは変わらず。
ルビアも詠唱変更されてたけど明らかに早すぎる。
ヴェイグは素直にGのやつにした方が良かったんじゃないだろうか。「絶対なる終焉 それが貴様の運命だ」まではいいのに
そっから「絶氷の剣!その身に刻め!」だからテンポ悪く感じる。台詞はどっちかで良かったかと。

エミルなんかはアインソフアウル欲しかったね。
味方か敵にリヒターがいる時だけ○ボタン押しっぱなしで発動可能、なんて隠し要素が欲しかった。
リヒターもタワーリング・インフェルノよりもVSの時みたくエターナルリカーランスが良かった。

秘奥義もキャラによっては明らかに広範囲なのに単体仕様になっているやつもいてがっかり。
まだプレイしてないからはっきりといえるわけじゃないけど、秘奥義に関しては3よりも2の方が上だと思う。




・ステップなど

パッシングスルーやアラウンドステップなどが導入されているけどあんま実用性ない。
今回はマニュアルでも軸修正が凄いので真後ろに避けたとしても相手もすぐに後ろ向いて攻撃してくるから隙だけが出来てしまう。
G勢もアラウンドステップ搭載は喜ぶところだけど避けても隙が出来ちゃうしその間に攻撃くるしで避けられない。
相手も隙があったりモーションの長い攻撃なら通用するけど普通にやる分にはちょっと・・・
さすがにG本編の攻撃後のステップキャンセルまで搭載してとは言わないけど、ステップ直後にすぐ攻撃くらいは欲しかったかな。

他にはダウン時間が妙に長い。
他のシリーズものよりも明らかに立ち上がる時間が長い。






○ダンジョン・闘技場

安心のコピペダンジョン。
さすがに1に比べたらダンジョンの数は増えたけど奥に行っても似たような作り。
追憶の坑道の暗いところ抜けた最後らへんも途中の道みたくなっていたし。
基本的に仕掛けをとくのは「RADIANT」くらいしかなかったけど、とにかく移動が面倒。
ソーサラーリングレベル3までいけば随分ショートカット作れるけど、砂漠だと「邪」の吹きだまり・「魔」の吹き溜まりと
どっちがどっちだっけ?と迷うこともあったしショートカットできるまではただただ長い・・・



・追憶の坑道

今作の隠しダンジョン。20層の暗い道はただ面倒なだけだから辞めて欲しいわ。
1は裏マップみたいなやつしかないからあるだけ嬉しいし、Vみたく「追憶の~」で過去の敵と戦えるのは嬉しいね。
敵はこれまでのパワーアップ版でいろいろ言われていた2の世界樹よりはかなりマシになったよう。
それでも出てくる敵は強いし最後あたりまでいくと殆ど攻撃が通らないから逃げるしかない。


途中まで行くとサレかバルバトスと対決。
一度目は特殊クエストで来てミントのタイムストップ→スペクタクルズはどうなるのかと思い実験。
時間止まっている最中はなんともなかったけど効果切れたらすぐにアイテムなぞ~でチェスターが沈む。
その後も粘ったけどワールドデストロイヤーで全滅した。
2度目はメインパーティーで。かなり苦労したけど隙を見つけてはめてRDシューティングスター連発でなんとか勝てた。
OVL中で攻撃半減なのにアイテムなぞ~でやられるからまいった。




最終地点にいるのはOPにも登場のダオスとユグドラシル。
ダオスは初代ボスだけあって色々な作品にゲスト参加しているけど、ユグドラシルは多分初めてだろうし
初めてやったテイルズがSだから戦えるのは嬉しい。田中秀幸さん良いわ~


ユグドラシルはともかくダオスは強すぎてドン引き。
ガンマンで撃ちまくっているのに全く剛体削れず、ダオスレーザー・ダオスコレダー・テトラアサルトを凄まじいスピードで連発してくる。
何度やっても勝てずウィキにあったように作戦の1つめと2つめに「ライフボトルを使え」「レモングミを使え」を設定。

ここまでやっても最後の難関である秘奥義・スーパーダオスレーザーが待っている。
全範囲の秘奥義で喰らえば間違いなく全滅。挑んだときの平均レベルは140くらいあったけど全滅。
しかもこれ、発動するタイミングが「残りHP4分の1くらいの時」と曖昧でそこまで削った時いつ発動するか予測不能。
せめてOVL中とかだったらまだ対策の仕様がありそうなものだけど、いきなりきてHP1も残らない全範囲秘奥義じゃどうしようもない。
今作は敵がOVL中はこちらはRDもOVLも使えないけど、使えたら先に秘奥義使うとできるけどそれができないからきつい。
対策らしい対策は相手のHPがそこらへんまでいったら一気に秘奥義をぶち込むことくらいしかない。
それも急いでやらないとあっちが先に発動するから大変。OVL発動→奥義出す、の2手順があるからこっちの方が不利に感じる。
ダオスレーザー・コレダー連発はまだしも秘奥義に関してはアンノウンネビリム・スパイラルドラコ同様「強い」というより理不尽なだけだ・・・



ダオスを倒し終わったらユグドラシル。忘れずにセーブを。
残り1りになった時に秘奥義のタイムストップやられて負けちゃったけど2回目は普通に勝てる。
強さは間違いなくダオス>>>ユグドラシル。これ戦う順番逆にした方がいいんじゃ・・・
プレイしたのはGC版だからなかったけどPS2版ではユグドラシルレーザーなるものが追加されて今作でも連発してくる。
ダオスコレダーはディースネルみたいな感じだしこの2人も結構似てるね。
倒した後にまた来るとどちらかと戦える。一応台詞も違っている模様。


ダオスとはクレスからの依頼でも戦えるけどその場合は戦闘難易度どうなってんだろ。
追憶は難易度固定で最後はマニアを越えるアンノウンだけど、レベル70で止まってるミントとチェスター連れて行くのはきついなぁ。




・闘技場


対決クエストをこなしたりすると戦える内容が増えていき、その作品の主役→主人公&ヒロイン→4人パーティーと増えていく。
問題は4人パーティーと戦う時はこちらが2人になるということ。
盾持ったやつを文字通り盾にしてゲージを溜めて違うキャラで攻めるのが基本戦法だった。
他のやつは時間かければなんとかなったけど、一番最後まで苦労したのがチームイノセンス。
全員が前衛技持っていて術も使える。ルカは威力強いしイリアは遠くから攻撃してくるしスパーダは拘束時間長い。
アンジュとイリアは回復技もレイズデッドもあるし一番強かった。


ギルドメンバーが全員いるとパスカ・カノンノが登場。
棒っぷりは健在。中の人は5年近く何をしてたんだろうか・・・
慣れてくるとこの棒っぷりがいいんだけどね。1でもタイマンで倒したから今回もタイマンで。相変わらず弱い。

雑誌などにあるパワワードを使えば様々エキビションマッチが可能。
人気投票トップ3のユーリ・リオン・アスベルが組んだり、女性トップ3のリタ・エステル・シェリアが組んだり。
敵も面白い組み合わせがあってユグドラシル&クラトスは当時の師弟関係だったり。
ルーク・アッシュやユーリ・フレンなど原作の組み合わせやカノンノ3人とかバリエーション豊で面白い。


そしてマイソロ1・2のセーブデータがある人は前作のボスと戦えるという得点付き!
1だけあるのでウィダーシンが登場。1の時は参戦していなかったクレスやエステルで戦えるのは嬉しい。
つい数ヶ月前まで戦っていたとはいえ、最新作でウィダーシンの詠唱開始→すぐにメテオスウォーム→「これが力だ!」を聞くと感動する。
2を買った人はゲーテと戦える。いつか2も買ってやってみよう。






とりあえずこんなもの。
今パーティー平均レベルが160だから強い武器を装備できるまで追憶でレベル上げしないと。
そのためには200時間放置して経験値30%アップの称号ゲットしたり経験値上がる料理手に入れたりとやること多くて大変そう。
正直追憶ダオス倒した時点であまりやることないんだけどまぁ時間見つけてちょくちょくやるか。
従来の作品と違って2週目3週目で「経験値10倍」とかがないからレベル上がるの遅く感じる。
ブロッサム討伐とかでも1万数千がせいぜいだし。



マイソロ2はまさに1から2に変わる変化だったらしいけど、今回は2.5って感じ。
俺は1から3で凄い進化を感じたけど、それでもなんだかなぁってとこは多い。とにかく痒い所に手が届かない状況。
マイソロはこれで完結っぽいし最後まで文句言われるままで終わっちゃったね。
もし4が出るならそういうところは直して欲しいね。
マザーシップ同様、マニアとかになると強さが極端になっちゃうし。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/25(金) 19:30:36|
  2. テイルズ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オーズ第27話「1000と映画と戦闘員」 | ホーム | 水も来た!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/1771-43ca6e57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する