特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

オーズ第18話「破壊と理由とウナギムチ」

2年連続でライダーバトルがない幸せ


テスト期間に入ったから日曜日当日にアップするのはちときついかも。
ここで頑張らないと単位落としちゃうからなぁ・・・



伊達からセルメダルは頂く宣言される映司とアンク。
さすがに納得がいかず詰め寄るも軽く流される。
伊達の「理由がないのに戦う方がどうかしてる」ってのは映司的には結構グサッときたんじゃないかな。
ライダー主役は見返りなく人の為に戦う人が多いけど、オーズの世界観だとみんながみんな欲望のままに動いているから
元々の性格+欲がないのに戦う映司はさらに浮いて見えることだろう。



ずっと後を付いてきた後藤はようやく伊達と対面。
いきなり伊達が敬語使ったからびっくりしたけど、伊達的には後藤はベンダー隊隊長だからすごく偉い人なんだよな。
そういやライドベンダー隊、1話と15話くらいしか活躍してないけど普段何しているんだか。
まだ日本にも純粋な若者がいる、と内心褒められている後藤だがひたすら特訓。
本当にプライド>欲望というオーズの中じゃ貴重な人物だ。早くバースになって欲しい。
その後に倒れて「あの世か・・・それもいい」は面白かったw
映司にアンク、ガメルに後藤その他ゲストキャラとこの店って変人しか来ないなww



欲望が2つあるからヤミーが分離、という答えを出した映司・アンクは梨恵の元へ。
強くなりたい、は単純に剣道やっているから分かるけど壊したいは?
その答えは伊達が知っていた。年頃の女の子の前で恋が~~と語りだす男3人組であった。
この道場の師範であるチーフに憧れる梨恵だったけど既に結婚を控えた身。
そんなチーフも「みんなが全国大会にいけば俺も結婚式すっぽかさなきゃなw」と冗談交じりに談笑。
冗談とは知っていたけど強くなって少しでもチーフと一緒にいたかったと。


壊したい、という欲望は結婚式のこと。
梨恵は自身から生まれたヤミーを倒すべく動き出すが映司たちは屑ヤミーに邪魔されて身動きとれない。
退けても伊達は強力することなく1人で行く気満々。映司が教えてくれ!と頼み出たら場所ではなく恋愛のこと。
旅ばっかりだったからする暇なかっただろうし気にしているらしい。さっきはアンクですら気付いたというのに。



ゲストキャラの割にはずっと喋って走ってで結構出番ある梨恵。
式場近くにてようやくクワガタヤミーに追いつき面を喰らわすも当然通用せず。
分離しているとはいえある意味親でもある梨恵のことを襲うものなんだね。
確かこれまでヤミーに襲われることはなかったはずだから。

ピンチに伊達登場。竜同様に2号ライダーなのにヒーローやってるね。
バースに変身して戦闘開始。催促中なのに普通に押されるあたり今回のヤミーは強い。
その様子をモニター越しに眺めている鴻上と真木。新年からすごいテンションだなww
鴻上はコアメダルの制御を諦めセルメダルに特化したライダーを開発。結構満足している模様。


ひそかにカンドロイドを仕込み場所を知った映司も到着。
タトバに変身して2人で戦う。
「俺のメダルだ!」なんて争う事はなくコンビネーション取れてるなー、なんて見てたらいきなり正面衝突でワロタw
まあその後は連携取れてるし倒せそうと思いきやウヴァ乱入。
倒せそうな雰囲気で終わらせるのではなく乱入ってのは見てる側としても「これで勝ったな」って気分にならないからいいね。


バースはキャタピラとドリルを出してウヴァ相手に猛攻。これアーツとかで出す時どうなるんだろ。
こればかりは最初から5千円か本体出した後WEBで武器セットでも文句言えない気がする。
バースは必殺技のためにセルメダルをチャージ。その間にオーズが時間稼ぎを。
アンクから新たにウナギとチーターメダルを受取る。あの絵柄見ただけでウナギと分かるのはすごい。



00018-1.jpg
カラーリングが綺麗だね。オーズに青は新鮮。
ウナギは電気ウナギのようで雷を纏ったムチを2本持ってクワガタヤミー・ウヴァと強力な2体を相手に対等な戦いを。
ライアのスイングベント、ルナメタルのようにムチのごとく武器を操るライダーがいても本当にムチそのものを武器にする主役ライダーは始めてかも。



00018-3.jpg
カブトの時もあったけど3分割画面はいいね。
こういう演出はもっと積極的に入れて欲しい。

セルバースとチャージしまくり発射!
「もういい!」とか「避けろ!!」って言わないあたり酷い。
オーズとウヴァは寸前で避けるもヤミーは避けられず直撃。
あんだけチャージしてやっと1体倒す、ってのも燃費悪いような。



倒した後、ついにメダルを盗むところまで堕ちたアンクww
何気に今回一枚も手に入れてないしね。
結婚式は無事に行われチーフも結婚。
せっかくだから新婦役はさくら姐さんが良かった。
「おめぇの席ねーからwwww」以降あまり見ていない気がする。


一緒に戦いましょうよと誘うもやっぱり断られる。
つってももう共闘してるようなもんだし見ている側としても安心。
作風は平成初期の暗くてどろどろした方が好きだけど、2号ライダーの扱いについては電王・ダブル・オーズのように最初から協力関係にある今の方が好き。



以上オーズ第18話でした。
何度も書いているけれどライダーバトルがないのは安心してみていられる。
「ライダーは助け合いでしょ」っていうAtoZの映司の台詞が身に染みる。
伊達も相変わらず油断できないやつだけど基本的に良い人っぽいし戦う気配はないので安心。
1号・2号ライダー共に穏やかな性格ってのは珍しい。2人とも世界を回ってきたし妙に落ち着いているというか悟ったというか。


ドラマパートでは欲望が2つという新しい試みも。
壊したいが結婚式だとは思わなかった。
チーフも出てきたし満足。ゴーカイジャーに出てくれればいいけど。

鴻上はセルメダル特化に方針転換。
予告でも出ていたけどコアメダルはどうすんだろ。
持っているだけで特に使う様子もないみたいだし。


戦闘面では派手なバースだけどオーズも新派生が。
派生フォームにはどんどん変わって欲しいね。
派生は見慣れない感やアンバランスさがいいんだから。
エクストリームを見てれば分かるけど最強形態が出ればフォームチェンジしないのは目に見えてるし。


次回予告ではカザリが進化したような発言も。
いよいよギルってのが動き出すかな。
次回のエピソード後半で間違いなくタジャドルは出てくるだろうしオーズもそろそろ新しいステージへ、ということだろうか。



00018-2.jpg
CMが流れるもネットの反応は冷たい。
同じスタッフで2回連続でやらかしたから当然といえば当然である。
ストーリーはともかく映像だけは良い筈なんだから例によって派手なネタバレこないことを切に祈る。
そういえばディケイド夏映画の時はネタバレしすぎ以前に流出したんだっけ。
一番やっちゃいけないことをやっちゃったんだもんなぁ。


今回はライダー生誕40周年ということでまたまた昭和ライダーも登場。
ディケイドに昭和は出さないでこれまで溜めておいた方が良かった気もしないではないが。
特にスカイ・スーパー1なんてムービー大戦2011冒頭でやられて以後出番なしで汚名返上できなかったもんね。
平成ライダーはまだドラス相手に全員で最強形態になって必殺技かますというシーンがあったけど。
昭和ファンも自分が好きなライダーが平成作品にボロクソにされるところなんて見たくもないだろうに。

数十年してまだライダー続いてたらその時のライダーに自分の好きなクウガやカブトがボロクソにやられるのか・・・
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーオーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2011/01/17(月) 20:03:56|
  2. 仮面ライダー000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雑記 | ホーム | 超造形魂VOL.3 仮面ライダーダブルサイクロンジョーカー>>

コメント

伊達は中々美味しい立ち位置ですね
伊達の性格上、ライダーバトルに発展はしなさそうですが、
あくまでセルメダルの総取りは譲らず、協力もしないという
メダルの奪い合いという構図は変わっていないのが上手いと思います

今回の少女の欲望を解き明かしたのもそうですけど
映司に対する指摘といい、洞察力も中々優れてますね
特に映司の場合見返りを求めない救いの手は普通に考えれば裏を勘繰ってしまいますし
それに加えて映司は時は自分まで傷つけてまでそれをしようとしますし
こうやって劇中でも触れられるということは今後は
映司の持つこういった陰の部分にも何かありそうですね

後藤隊長はひたすら真面目ですね、伊達に譲られた
バースにも未練を残しているのを自覚していますし
順調に成長してると思います、あと真面目すぎるからこそ
ギャグも似合っているかとw

40周年記念映画は聞くところによるとディケイド夏映画の監督・脚本コンビだそうですね
せっかくお祭り企画の為に作られたディケイドも電王に立ち位置を取られてますし
やっぱり役者の都合を考えると電王の方がやりやすいんですかね・・・
  1. URL |
  2. 2011/01/18(火) 16:56:39 |
  3. ハート #-
  4. [ 編集]

>伊達は中々美味しい立ち位置ですね
ですよねぇ。
これまでの2号ライダーとかの立ち居地を見ても競争相手ではあるけど戦う相手ではない、という変わったポディションでもありますし。

仰るとおり洞察力もありますね。それどころか敵の場所や式場まで知っていたようですし。
カンドロイド付けて追いかける映司もすごいですがw

あんたは自分を傷つけそう~と言った発言もあり今後が楽しみですね。
戦場にいた、って事実が判明して以来あまり映司という人物にスポットが当たっていなかったので。
主役の割りに「これだ!」って性格やキャラ付けがないので伊達にはうまく立ち回ってもらいたいところ。


>後藤隊長はひたすら真面目ですね、伊達に譲られた
>バースにも未練を残しているのを自覚していますし

最初は暗かった後藤も段々日の光を浴びるようになりましたね。
未練タラタラって自分で言っちゃってるし走りすぎてあの世~~は面白かったw
伊達は伊達でいいけど自分は後藤に変身して欲しいですね。



>40周年記念映画は聞くところによるとディケイド夏映画の監督・脚本コンビだそうですね
>せっかくお祭り企画の為に作られたディケイドも電王に立ち位置を取られてますし
>やっぱり役者の都合を考えると電王の方がやりやすいんですかね・・・

ディケイドもあっという間にその他大勢になっちゃいましたね。
声優の方がスケジュール取りやすいのもあるんでしょうけど、あれだけ問題起こしたディケイドを正面切って今更出すわけにもいかないんでしょうね。
にしてもあんまりだと思いますが・・・
  1. URL |
  2. 2011/01/19(水) 23:57:19 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/1728-6602eb83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する