特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

劇場版仮面ライダーダブル 「運命のガイアメモリAtoZ」感想

100807-1.jpg
ジョーカー変身シーンを見て改めて「過程が大事」と再認識


3Dはいっぱいだったのでやむなくいつもの2Dに。
3Dなんて業界が勝手に盛り上がってるだけだし後数年したら終わりそうなジャンルなんだから、
どうせなら今しか見れない3Dで見ようと思ったけど人多すぎだぜ・・・
2回目の回だとこの暑さの中時間潰すの面倒だしバイトもあるしなので2Dで。



最初はゴセイジャー。久しぶりにゴセイジャー見たけど、マジ・ゲキといいテレビでつまらない戦隊も映画だと見れるようになるね。
短いなかでよくまとめてあったと思うよ。
ラシルが宇宙船操縦したり地球の乗り物である自転車をいきなり使いこなしたりと相変わらず突っ込みたいところはあるけどw


アラタが天使の羽根を出したり変身する時にカードがドアップになったり「ああ3Dを意識してるんだな」と思うところは多々アリ。
投げたカードをキャッチして5枚綺麗に揃うのはカッコよかった。
アラタの戦闘シーンもなかなか。
ゴセイナイトは触りくらいの出番。映画撮影中はまだ出てきてないだろうしこんなものか。
てか声小西さんなんだね。ロイド好きな俺としては嬉しかったw
私が守る、の割にはラシルが応援する時にはいないしロボ戦にも参加しないでちょっとアレだったね。
やはり撮影時期の関係上仕方ないのか。


普段のテレビもこれくらいなら見れるのに、と思ったら脚本がメインじゃなくてサブの大和屋かよww
横手お前メインだろwww映画で書かないでいつ書くんだよwwwwww



そしてダブル。
初っ端から襲撃される財団Xのヘリ。大道克己は真っ先にエターナルのメモリを奪い変身。
なぜ真っ先にエターナルを取ったのか?アクセルのやつは「エンジン」というしょぼさなのに。

財団Xの使者が全て奪われる直前にケースを爆破。
25本のガイアメモリが風都にばら撒かれた。
エターナルの元へ集うネバーの面々にガイアメモリを探すよう指示。
そして流れるオープニング。エターナルが左側にいてマントを右になびかせるなど、テレビOPと対になっているのがカッコいい。


街にばら撒かれたメモリで人々の意を無視し勝手にドーパントに。
フィリップの前にはアイスエイジとヴァイオレンス。
竜の相手は復活したナスカとウェザー。

「青いナスカ!?」

そういえば竜は冴子が変身する赤ナスカとは散々戦っているけれど、青ナスカは初めてなんだよね。
再生怪人が弱いのは相変わらずでダブル・アクセル共にドーパントを圧倒。
ダブルはルナジョーカーでマキシマムドライブを初披露。あれはすごいなw
アクセルもマキシマムを2つという気合の入れっぷり。
ナスカにAを切りつけた時にいつまで経っても爆発してないから明らかに狙ったなww



変身していたのはメモリによって操られていた風都の人々。
なかにはウォッチャマンやサンタも。一般人が変身していたなら弱いのも納得。
肝心のT2ガイアメモリはメモリブレイクでも壊れないという特殊仕様。
そのため自力で26本回収しなければならない。


ガイアメモリ回収をマリアという国際女性警察官に依頼される。
シュラウドの面影がありフィリップもかなり心を寄せているが果たして・・・
メモリ回収は少しずつだが進んでいるがクイーンのようにパクろうとするものまで。
取り返そうとしたら「ヒート」メモリを持つネバーの紅一点・レイカと戦うことに。

さらにはルナ・メタルのメモリを揃えた面々まで登場。
ヒートメタルで戦うがさすがに1対3では押されてしまう。
危ない!という時にサイクロンドーパントが助けてくれるが・・・


人間のままでも驚異的な力を発揮するネバーの面々。
さすがに何かあると思い地球の本棚で検索。
すると彼らは一度は死んだかが科学技術で復活したものたちと判明。
琉兵衛曰く、過去に財団Xから資金的援助を受けることになった際、ミュージアムとネバーで争ったことがあるという。
ネバーたちはすごい結果を残したがガイアメモリ(ミュージアム)はそれをも凌駕する結果だったので現在はミュージアムが資金援助を受けることに。
ミュージアムに敗れた後も彼らは独自に研究やミッションを続け今の強さを手に入れたらしい。


マリアからメモリを持ってきて欲しいと言われ指定された場所に行くと克己が。
俺とお前は同じだ、と言われるフィリップ。
この時フィリップは自分が人間離れしている・科学人間=人工的な人間じゃない!的な反論だったんだろうけど、
ここでいう「同じ」とは既に2人とも一度死んでるという意味だったんだな。
フィリップがその事実を知るのはこの後すぐのお話。


エターナル相手にファングジョーカーで挑むも既に負ける雰囲気がプンプン。
援護しようと思ったアクセルもトリガードーパントに邪魔をされてしまい動くに動けない。
結局ファングジョーカーでは勝てず変身解除。冬映画では目玉だったファングも半年たつとこのざま。
次にエクストリームになるも幼児誌バレで敗北確定済み。
夏の映画じゃ猛威を振るう最強形態があっけなくやられるのはなんか悲しかった。

エターナルのマキシマムドライブは特殊でT2ガイアメモリ以降のメモリを永続的に使用できなくさせるもの。
ダブルが使うガイアメモリ自体番組開始当初は次世代型ガイアメモリ、って位置づけだったはずだけどいつの間にか消えた?設定に。
ウィキ見てみたら次世代ではなくあくまで「ダブルドライバーに対応した」メモリらしくT2ような次世代ではないらしい。



変身不能になり信じていたマリアにも裏切られてフィリップはショックを受ける。


「お前らしくないな」
「僕のことを知っているのは・・・僕の家族だけだ・・・」

翔太郎をぶん殴りその場を去るフィリップであった。
ネバーは風都全域に向けて放送。残りのT2メモリはただ一つ。
手に入れたものは10億の金と同士として迎え入れることを条件に人々のやる気を促す。
残りの1本が切り札になると竜は言ってるけどこの時点で俺はそんなに特殊なメモリなのか?と考えてたり。



事務所に戻った翔太郎の前になんとスカルが。
中の人は急がして出てこれないんだろうけどしっかりとメッセージは置いていった。
本とかによると「鳴海壮吉は既に死亡しているため翔太郎が見た幻」として終わっているけれどロストドライバーがあるのはなぜ?
ついにレイカが事務所にまで押しかける。

ヒートドーパントに変身され防戦一方となるが最後のメモリはなんと探偵事務所にあった!
しかもこれまたタイトルどおり「運命のガイアメモリ」ぴったりな展開に。


「どうやら切り札は常に俺の手の中にあるようだぜ」
ジョーカー!!

こ れ は 燃 え た!



全身が戦闘に特化した仮面ライダージョーカーに変身した翔太郎。
睦月がカテゴリーAに襲われた橋の下までやってきて戦いを繰り広げてマキシマムドライブ!
ここで「ライダーキック!」って言うのがいいね。



フィリップはマリアと再会。
マリアにもフィリップくらいの息子がいて面影を重ねていたらしい。
息子は自分ではないか?と期待するフィリップだが、息子はフィリップではなく克己だった。
少年時代はピアニストだったが事故で死去。その後死者を生き返らせる技術を生み出したマリアによって蘇った。
克己に拘束されたフィリップは風都タワーに囚われて巨大な機械のコンピューターとされてしまう。



フィリップを助け風都を救うべく動き出す翔太郎と竜。
ここの2人はカッコよかったな。亜樹子と竜もいい感じだったし。
風都タワー下ではガイアメモリを見つけた人々が群がっていたが殆どがミュージアム製のドーパントメモリ。
何気にすごいシーンだけど今はドーパントメモリよりもT2ガイアメモリ。
会場に突っ込みジョーカーへと変身。大量のマスカレイド集団を蹴散らし上を目指すジョーカー。
竜は単身残りエンジンブレードを手に戦う。

「おい大丈夫か!?」
俺に質問するなぁ!!


この竜はマジでかっこよかった。
2人で向かう時はアクセルのT2ガイアメモリ隠し持ってたのかと思ったけどまさか生身で戦うとは。


頂上へ向かう途中で現れたのはメタルドーパント。激しい攻防を繰り返すがジョーカーは結構強い。
ライダーパンチのマキシマムドライブで倒してついにフィリップが囚われている部屋へと着く。
エターナルと争うも負けて変身解除してしまう。

ゾーンのメモリを使い26本全てのメモリを巨大なマシンに繋いでマキシマムドライブ。
この26本一斉のマキシマムドライブは一聴の価値ありかと。

風都タワーのアンテナにエネルギーがあつまりそれが発射されると風都は終わってしまう。
フィリップは精神世界でプログラムを書き換えなんとか中断させようとする。
克己と翔太郎がさせるか!と争っている間に決心を決めたマリアが特殊な液体を克己に打ち込む。
細胞崩壊を起こさせる液体だったようで自分たちが間違っていたと気付いたマリアの行動であった。
それさえも拒み実の母に銃を打ち込み逃げ出す克己。

「さようなら・・・母さん」

フィリップの子の演技に力が入ってるな。
最初に比べたら雲泥の差。

外ではトライアルがトリガードーパント相手にマキシマムドライブ発動。
圧倒的な速さをもってしてトリガードーパントを倒す。
細胞維持の液体を打って延命する克己相手に頂上で翔太郎&フィリップが対峙。


「僕は人間で!探偵で!僕は仮面ライダーだ!」


この台詞良かったなぁ。
良かったからこそ45話は衝撃的な事実に驚いてしまうのだから。


「そこは僕たちが、だろ?」
「そうだね」
「「変身!!」」

「さあ、お前の罪を数えろ!」
「いまさら数えられるかー!」



冷静な返しにワロタw
バランス感覚が問われる不安定な場所でダブルは9つの派生フォームを一気に披露!
自分たちが持てる全ての戦力を駆使して最強の敵に挑むのは燃える!
盛り上がっているシーンとはいえファング・エクストリームでも押されっぱなしだったのに9形態で押すのもなんか微妙な気がしないでもないが。

後一息!な場面でルナドーパントに邪魔されてしまう。
早く倒せなければならないところで新仮面ライダー・オーズ登場。
ここまですごくシリアスでいい展開だったのに一気にしょぼくなっちゃったな。
しかも何あの変身音のダサさ。「○○年代臭がする」以前のダサさ。酷い、これは酷すぎる。


デザイン自体はまぁいいんだけど電子音声がなれなかったなぁ。
必殺技は空間ごと切った!?と思ったら空間だけは戻ったりとなかなか良かったんだけどね。
顔見せ程度で終り本番となるエターナルとの最終決戦へ。
26本のマキシマムドライブを発動させてアンテナから巨大なエネルギーが発生して足場が崩れ落下するエクストリーム。
ここでエターナル単独のマキシマムを発動して再度メモリを使用不可にさせなかったのが謎だ。
フィリップが書き換えたプログラムはあくまでアンテナのエネルギー発射うんたらのはずだし。



応援していた人々が「仮面ライダー頑張れええええ」と声援を。
なかにはこれまで救ってきたガイアメモリ被害者の人々も。
俺こういうみんなでヒーローを応援する場面に弱いから本当に泣きそうになっちゃったよ。


風都全土に風が起こりエクストリームがそれを吸収して飛行能力を持ったサイクロンジョーカーゴールデンエクストリームへと進化する。
胸が金色になり巨大な羽根が生え飛行能力が追加された。
最終形態で飛べるのはブラスター・キング・ハイパーと続きこれで4形態目。
エターナルが飛ばしてきたエネルギー弾を蹴散らしライダーキックで突っ込む!


「そうか・・・これが・・・」
「これが死だ」
「ふふ、死ぬのは久しぶりだな」


エターナルは敗れ全身のスロットに挿されていた26本のT2ガイアメモリは全て空中に投げ出されてブレイク。
ようやく戦いが終り町の人々の前に降り立ったゴールデンエクストリーム。
ここで変身解除してみんなに駆け寄って欲しかった気もするけどできないのは仕方ないか。


以上劇場版ダブルでした。
久しぶりに映画館で見てよかったと思える作品。
それに近作のライダー映画と違って「ちゃんと金使ってるな」と思えたし。
CGも多様してたね。ダブル自体必殺技はしょぼいから映画館で見てもイマイチ迫力なかったけど、ダブルやエターナルを始めライダーたちのカッコいい姿は拝めたよ。
特にエターナルは予想外のかっこよさ。最初にOPが流れてマントをなびかせてるシーンはすごくいいね。


ストーリー的には44話と45話の間。
T2ガイアメモリ奪われても加頭は涼しい顔して財団Xに居座ってるのかww
電王トリロジーでマリアを見たときはてっきりシュラウドかと思ったけど違ったな。
44話ではボムを使っていたのにこっちはただの拳銃だから最初の時点で気づくことはできたんだけど。

パンフレットにも克己を生き返らせる為に悪魔に魂を売った、と書かれているけれど終始後悔はしていたみたいだし
最後の最後でフィリップに「母さん」と呼ばれた辺り少しは救いがあったんじゃないかなと。


パンフレットや本によると撮影は4月から始まったらしい。
テレビ放送時期的にはエクストリームになるかならないからへんなので役者も大変だったろうに。
特に亜樹子と竜の人は台本読んだらいきなりいい仲になっているから驚いたらしい。
44話ラストの台本を読んで「なるほど」と思ったに違いないw



仕方ないとはいえおやっさんは出てこなかったね。
白いツーツだったり帽子だったりと「おやっさんですよ」というメッセージはあったけれど。
気になったのはどの特撮関係の本でもおやっさんは既に死んだ扱いになっていること。
ビギンズナイトだけじゃ瓦礫に飲み込まれただけだし実はまだ生きてるんじゃね?的な希望があったけど、どの本にも死亡扱いされちゃってるよ。


スカルは戦わなかったけどジョーカーは大活躍。
正直あそこまで強いとは思わなかった。単身風都タワーに乗り込んだりとめっちゃ活躍するし。
2体ドーパントを倒しているけれど、どっちも人間の時点で強い+メモリ挿しなのにドライバー通してる翔太郎が勝っちゃうんだもんな。
もちろん翔太郎もこれまでの戦闘経験+必殺技としてマキシマムドライブが使えるなど有利な点はあったけれど、それでも2回も倒しちゃうんだからすごいよ。
これで限定のアーツジョーカーも裁けそうだな。俺はCC&JJセットで満足するからいいけど。
だって違いが中央の線を黒くしてダブルドライバーをロスとドライバーにしただけだもの。


一番上に「過程が大事」と書いたけど、まさにジョーカーは変身するまでの過程が素晴らしかった。
スカルからロストドライバーを渡されてジョーカーに変身、そしてライダーキック。


スカルはなぜ出てきたのか?という謎。
俺は全然考え付かなくてネット回って意見見てた。

単に翔太郎の幻
実は生きていたおやっさん
夏・冬映画で仮が出来たのでディケイドやディエンドが召還してあげた


などなどあったけど一番しっくりした意見が「ムービー大戦で士から渡されたスカルのカードが一時的に実体化した」って意見。これが一番かな。

そしてジョーカーメモリ発見シーンだけど冒頭の会話を思い出して欲しい。


翔太郎「あぁ水漏れだよ。この事務所も古いからなー」


この時点で既にジョーカーメモリが事務所に落ちてきた伏線だったんだよね。
メモリが風都全域にばら撒かれる中、たまたま事務所に落ちて来て絶体絶命の場面で翔太郎が発見してしかもそれが自身の「ジョーカー」メモリとはどんな確率か。
いや確立じゃないな。タイトルにあるとおり「運命のガイアメモリ」とはまさにジョーカーメモリのことを指しているんだろうから。
ほんと、このジョーカーのくだりは最高だよ。


思えばディケイドには過程らしいものがなかった。
OPでネタバレしまくったから感動できないのもあったけど何をするのも唐突だったからな。
それこそがディケイドの持ち味でもあり、いきなり何をしても許されるディケイドだったからこそ盛り上がれたけどそれは内容を知らない場合。
テレビだと「おお!」となったものの劇場版ではネタバレしまくっていたからその唐突さが通用しなかったんだよね。


さっきからジョーカーを絶賛しまくってるけど、ジョーカー自体は比較的最初の方からネタバレされてた。
俺としては「ジョーカーってジョーカージョーカーのリペかよww」程度しか見てなかったからこそ
まさか登場(変身)するまであんなに深くストーリーが掘られているとも思わなかったし、たいして出番ないと思っていたら実は大活躍というサプライズを見せてくれたからこんなに好きなシーンになったわけで。
うん、やっぱり登場(活躍)までの過程とネタバレしないのは大事だよ。
いよいよディケイドは惜しかったな・・・・・・


そして最後の戦い。
改めてエクストリームは魅力のない形態なんだな、と。
基本9形態はテレビ本編はもちろん、強敵エターナル相手に善戦しファングもテレビじゃなかなかの活躍度。
だがエクストリームはテレビ本編でも敵を倒しきれず映画ではエターナル初戦でボロ負け。
2戦目で買ったのは「ゴールデン」エクストリームの方でありエクストリームではない。
冗談抜きで映画でも活躍できなったし俺の中で歴代最低の最強形態だ。まだライナーのがマシかもしれん。

最終回辺りでゴールデンエクストリーム出てきて欲しいな。
ガイアメモリ自体「○○の記憶」を持っているんだからエクストリームが「風都市民の応援の記憶」みたいなのを記録してた、とかでもいいから出して欲しいよ。

ウルトラマンではよくあるけど「今まで人々を救ってきたヒーローが最後の最後で人々から力を貰う」って展開は燃える。
平成ウルトラマンだとティガやネクサスか。ライダーだと・・・特にないか。
ご当地ヒーロー的なダブルだからこそできることだね。
他の平成ライダーで「頑張れ仮面ライダー!」って状況を作るのは難しいと思う。
同じ「都市伝説」扱いされてるブレイドが一番やれる可能性はあるけれど。
クウガもいけるんじゃね?と思ったけど現場は警察官で固められてるから近づけないし無理かw




100807-2.jpg
年に一回のお楽しみとなった劇場版限定カード。
これ冬とかやるたびに出してくれないかな。

絵柄はエクストリーム・トライアル・エターナル・ジョーカーの4体。
この絵柄に最強形態が出るのは初めてかな?
正直ジョーカーを出すくらいならまだスカル出した方が良かったと思う。



100807-3.jpg
エクストリームパック。
ダブル9形態を収録。ガムで9枚揃えた俺いきなり涙目なパック。


100807-5.jpg
トライアルパック。
主に風都側のメンバー。



100807-6.jpg
エターナルパック。
こちらはT2ガイアメモリのドーパントたちが。



100807-7.jpg
ジョーカーパック。
これはもうおまけみたいなパックだったw
以外にもマントを付けたエターナルが集合写真1枚という悲しさ。



100807-8.jpg
全36枚。今回はEXカード自体がないっぽいな。



100807-9.jpg
エクストリームだけグリーンバックを背景に撮影したみたいになってるね。
足元にビルが見えるから実際は外で撮影したんだろうけど。
裏面自体はパック絵柄と同じ。もうキバみたいに裏面も違う、ってのはできないのかね。
あといい加減ファイリングする時に

123
456
789

で飾る時に裏面がバラバラにするような印刷はやめてほしいわ。
これのせいでいつもファイルするときは

321
654
987

で入れてるし。

パンフレットは持った感じ今まで一番分厚かった。
T2ガイアメモリの説明も全部あったし気合入った内容。
ディケイドの時は登場したライダーを原典として紹介してたから、まるで駆けつけたライダーたちがテレビで活躍してきたかのような扱いだったし。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/08(日) 02:01:38|
  2. 仮面ライダーダブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ダブル第46話「Kが求めたもの/最後の晩餐」 | ホーム | S.H.フィギュアーツ エクシードギルス>>

コメント

自分は2Dで見ようかと思いましたが、夕方近くに一本しかなかったので3Dで見ました。
ゴセイジャーは冒頭の宇宙での戦闘や変身時にカードや5人が飛び出してきたりで中々に迫力がありましたが……
その後のダブルに感動とか全部持っていかれました。

本当に翔太郎のジョーカー変身のくだりは燃えました。
今日の放送でも切り札は左翔太郎とシュラウドが言っていましたが、まさしく切り札は翔太郎自身であり
それに呼応するようにジョーカー(切り札)のメモリは彼に取っての運命のガイアメモリですね。
マキシマムドライブはジョーカー~かと思ったらストレートにライダーキック&ライダーパンチだったのは嬉しかったですね。
ちゃんと技名を言ってくれるのもまた感動。

オーズは変身音で思いっきり笑いましたね。串田さん何やってるんだ! と。
そして変なツボに入ったらしく、映画見終わってから一日たった今でも頭の中で変身音が繰り返しリピートされてます。

最終決戦でエターナル単体マキシマムを使わなかったのは何故かとありますが、ダブルとアクセルに変身できる時点で
既にマキシマムドライブが使用不能になっていると考えられますね。
確かフィリップが発射プログラムを書き換えている時に一緒にエターナルメモリのマキシマムも潰していたような気が……。

ダブルの映画は冬も夏も両方とも映画館で見て本当に良かったと思える作品でした。
余裕があれば自分は2Dでもう一度みたいですね。3Dだと微妙に目が疲れてゆっくり見れなかったのでw
要所要所で飛び出してくるのはさすがに迫力がありますが(ネバー勢のメモリ挿入や最終決戦でのヒートトリガー大ジャンプなど
  1. URL |
  2. 2010/08/08(日) 14:11:08 |
  3. 雷光 #km62nynQ
  4. [ 編集]

自分も本日見てきました、3Dで見ましたが正直2Dでもいいと思います
昨年と違ってやっぱり1時間以上の3Dはかなりキツイです、目が疲れます
内容の方に関しては非常に面白かったと思います

ジョーカーの変身までの過程は本当に熱かったですね、運命のガイアメモリにして切り札とは
個人的には井坂が「人とメモリは引かれ合う」と言っていたので、
文字通りJメモリが翔太郎を選んだんだと思ってます、
T2メモリは勝手に刺さったりしているところを見るとある程度意志もあるみたいですし
大道は今回の計画のことを考えると、ある程度Eメモリのことは知ってたんじゃないかと思います

今回の登場人物もレギュラー、ゲストを含め非常に良い感じだったかと
照井は今回はネタとか一切無く、翔太郎を信頼して生身でドーパントに挑むのが格好良かったですし
翔太郎はフィリップを助けに善戦しますし、何よりフィリップが色んな感情を見せているのは1年近くを通して成長の証ですよ
特に風都全体が巻きこまれるということで今までのゲストが登場し、
彼らの願い、応援が最後のCJGXの奇跡を呼び起こすのは、ゲストをただ出演するだけにしない良い展開だと思いました

NEVERのゲストはルナの京水が一つ飛びぬけてましたねw
せっかくオーズが登場するシーンもオカマ台詞連発でちょっと笑いそうになりましたw
トリガーの人は台詞が殆ど無いのが可哀想でした・・・ボウケンシルバー・・・
大道は一応リーダーですけど、この映画だけ見ると若干キャラが薄いかな?と思いました
東映ヒーローMAXに載っている小説を読むとそうでもないんですけどね、彼の、というかNEVERの背景は黒いです
直接は描いてなかったですけど、今回の映画も普通に重火器とかナイフとかで人を殺してるシーンありますしね・・・

ストーリーの大筋は全体的に大満足なんですが、やっぱりあのスカル登場の部分は疑問が残りますね
幻にしてもロストドライバーは結局どうやって持ってきたのかと、
ジョーカー変身までの過程が殆ど完璧だっただけに幻っぽいもの頼りになったこの部分だけちょっと残念です

今回の映画を見て改めて思いましたが、やっぱりストーリーとアクションのバランスは大切ですね
昨年のオールライダーはストーリーなんてあって無いような、
所詮アクションだけのお祭り映画でしたし、一度だけ見て満足してしまいました
しかし今回の劇場版Wはストーリーもアクションもかなり良かったと思います、正直自分の中の平成ライダー映画TOP3に食い込みました
  1. URL |
  2. 2010/08/08(日) 23:28:35 |
  3. ハート #-
  4. [ 編集]

>雷光さん

3Dで見れて羨ましいです。
俺もバイトとか余計なのが控えてなければ一本遅らせて3Dで見たんですけどね。

ジョーカー関連は本当に良かったですよね。
運命のガイアメモリ、というタイトルにもぴったりだし必殺技もライダーキックにライダーパンチ。
技名を言うのはカブトの「ライダー・キック!」以来ですかね。イマジンたちのはちょっと違う気がしますけどw
にしても熱い!人によってはブラックに見えたとか見えなかったとか。


オーズの変身音がツボッたのはある意味羨ましいです。
何度か聞いても不快感しか出てきません・・・



>最終決戦でエターナル単体マキシマムを使わなかったのは何故かとありますが、ダブルとアクセルに変身できる時点で
>既にマキシマムドライブが使用不能になっていると考えられますね。
>確かフィリップが発射プログラムを書き換えている時に一緒にエターナルメモリのマキシマムも潰していたような気が……。

あれエターナルマキシマムの方も書き換えたんでしたっけ?
ちょっとうろ覚え・・・
でもまぁ書き換えた、という理由じゃない限りエターナルがMD使わなかったのは説明つかないので雷光さんの仰るとおり書き換えたんでしょう。


>ダブルの映画は冬も夏も両方とも映画館で見て本当に良かったと思える作品でした。

ですよねー。どっちも深みのあるお話だし見て損はありません。
2Dは2Dでいいですよ。3Dよりは疲れないし編に3Dを意識するよりかは楽に見られます。
俺も3Dで見てみたいですけどお金かかるからDVDに3D映像がプラスされないか期待しますよ。



>ハートさん

今日行ってきたんですか。お疲れ様です。
やはり3Dだと疲れるみたいですね。
シンケンジャーを3Dで見たときは20分程度なので特に疲れた、という意識はありませんでしたけど戦隊+ライダーの1時間半はきついですね。



>ジョーカーの変身までの過程は本当に熱かったですね、運命のガイアメモリにして切り札とは
個人的には井坂が「人とメモリは引かれ合う」と言っていたので、
>文字通りJメモリが翔太郎を選んだんだと思ってます、

なるほど。本当によく出来た展開ですよ。ジョーカー関連は本当によく出来てました。
克己がエターナルを真っ先に手にしたのは、科学者だったマリアがある程度情報を知っていてエターナルメモリの優位性を伝えていたからでしょう多分。


>今回の登場人物もレギュラー、ゲストを含め非常に良い感じだったかと

いきなりゲスト登場で応援はびっくりしました。
人件費が一番かかるらしいので、ここらへん「お金使ってるなぁ」と実感しましたよ。
ジョーカーのくだり同様、ゴールデンエクストリーム登場の流れもいいものでした。
人々の声援には弱くて弱くて。


>NEVERのゲストはルナの京水が一つ飛びぬけてましたねw

嫌いじゃないわ!
中の人も2回変身した気分、って言うくらいですからねw
確かにあれだけ飛びぬけてましたよ。メモリがルナなのも変に納得しちゃいますw
トリガーの人がボウケンシルバーなのは知ってましたけど5人の中じゃ一番影薄かったですね。
一応2度竜と戦うという役割はあるんですけど他のメンツとの差がありすぎかと。


>ストーリーの大筋は全体的に大満足なんですが、やっぱりあのスカル登場の部分は疑問が残りますね
>幻にしてもロストドライバーは結局どうやって持ってきたのかと、

記事中にも書きましたけど俺は「士から貰ったスカルノカードが一時的に実体化」で満足してます。
実体化してるならロストドライバーを手に持って実際のものとして置いていく事ができるし、一応冬映画とかも関わりができるので。


>昨年のオールライダーはストーリーなんてあって無いような、
>所詮アクションだけのお祭り映画でしたし、一度だけ見て満足してしまいました

アクションだけでもそれが良ければ楽しめればいいんですけどあのネタバレオンパレードじゃ・・・
ディケイド2本がアレだっただけに今回はいい物を見せてもらいましたよ。
  1. URL |
  2. 2010/08/09(月) 00:21:29 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

何でかな

ボクもカード4パック買ったんですけど36種類のほかに スペシャルカードが2枚(同じの)はいってました!!
  1. URL |
  2. 2010/08/09(月) 17:22:33 |
  3. かどっち #-
  4. [ 編集]

EXあったとは・・・絵柄は何でしたか?
いつもだったらパックに全36種+EXって書いてあるのに今年はなかったからてっきりないものかと。
  1. URL |
  2. 2010/08/10(火) 11:57:55 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

絵柄は 照井・あきこ・フィリップ・左 でした 背景はあの~なんてゆうんでしょうか   リボルギャリーのある部屋でした
  1. URL |
  2. 2010/08/10(火) 20:13:48 |
  3. かどっち #-
  4. [ 編集]

あ あと 詳しく背景言うの忘れてました パンフレットの表紙に照井とか人が4人中心にうつってますよね そこでした 場所は
  1. URL |
  2. 2010/08/10(火) 20:27:16 |
  3. かどっち #-
  4. [ 編集]

あの絵柄でしたか。今年はEXあったんですね。
当たらなかったことよりも表記されてないのが悔しい。
  1. URL |
  2. 2010/08/12(木) 23:35:28 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/1623-1cc47342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する