特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

シンケンジャー第25話「夢世界(ゆめせかい)」

KanonのBDついにキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

だけど高すぎwwww
AIRが1クールで3万切ってるのを考えるとやっぱ高いよな。
PS3も互換付かないっぽいしこっち買おうかなーと思っていた矢先の値段。
尼かでも20%オフが一杯いっぱいだよね。
元の値段が6万2千円ちょっと。20%オフでも12570円引きの5万円という。

特典として当時のピンナップ80点とノンテロップのOPEDがついてくるらしいけれど、DVDに収録されていたオーディオコメンタリーとか名雪特別編とか収録してくれよ・・・

だが肝心のBDドライブそのものががまだない。
AIRのBD買った人の中にはBDドライブ持っていないけれど買った人もまた多いと聞く。
ならば俺もその道に順ずるべきか・・・

発売日が12月ってことは案の定PS3買わないで本来残る金を全部つぎ込めば買えるわけだ。
ポケモン金銀とDSかPSP買おうと思っていたところになんて仕打ちだ・・・
後で買おうかなー、と思ってもAIRは売り切れてその後価格めちゃ上がったからな。結果的にはパッケージ替えの事実上の再販したけどさ。



でシンケンジャー。
殿が復活し稽古を再会、十臓との対戦を待つ。
さすがに止める流ノ介と千明だが今はそれよりも大変な問題がある。
あの茉子が手料理を作ったのだ。全員の顔が必死となり食べることに命をかけなければならない。
ちなみに前に殿が食べた時は大変だったらしい。

すごい大慌てだったために一部始終、というかほぼ全部を茉子に見られてしまう。
言っちゃ悪いがこの酷さを今まで自覚できなかったのは酷い。
書店にて料理の本を買おうとしている茉子。やはり本は必要だがそれで改善できればいいが・・・


一方の薄皮はドウコクにかなり説教喰らっている。
いっそ殺せとまで言うが簡単には殺さないドウコク。変わりに愛用のギターというかお琴・三味線?を燃やす。
ドウコクにとっては薄皮は数少ない理解者だと思っていたけれどだからといって優しくしているとかじゃなかったのね。

燃やされた三味線からは悲痛な叫び声が。
パニックに陥りながら街に行き男を襲う薄皮。それで三味線が治るらしい。
茉子はシンケンピンクに変身して応戦。幹部級を相手に善戦するがさすがに適わず押され始めたところで殿らが駆けつける。
と同時に新たなアヤカシ・ユメバクラが出現。最後に駆けつけたゲンタを眠らせて眠りの世界へといざなってしまう。
あっさりと活躍せずに終った・・・


ことはが薄皮と戦っている茉子を追う。
殿は夢の世界へと潜りこむために「夢」を書き流ノ介と千明を突入させる。
思った以上にモヂカラが必要だったらしく倒れ掛かる殿。
なんか後の事を考えると狙いすぎ、というか体力諸費があざとすぎる。


茉子と薄皮の戦いも続いているがユメバクラの煙を吸ってしまい2人とも夢の世界へと落ちてしまう。
ゲンタがすし屋で大満足してたり他の人たちも夢ならではの世界で楽しんでいる。
ユメバクラを発見した流ノ介と千明は戦い始める。



茉子は薄皮の夢=過去を見てしまう。
薄皮の人間だったころを演じているのはぱくろみさんご本人!
「なんで声優が・・・」って思う人もいるかもしれないけどぱくさんは元々舞台女優として活躍していたんだよね。
今でも舞台に立ってるとか。

当時の薄皮は愛していた男性に裏切られ他の女性に走ったことに嫉妬し、彼がいた屋敷に火を放つ。
燃え盛る屋敷の中次々と倒れていく彼と奥さん・親族。
これで彼は私のもの・・・と思いきや最後まで彼が求め、手を伸ばし、寄り添い合おうとしたのは奥さんの方だった。
それに絶叫する薄皮は例え外道に落ちてでも2人を結ばせないと決意。
当時の薄皮は今の姿に代わり彼も三味線となった。


一方の流ノ介と千明はユメバクラに苦戦。夢の中だから好きなように攻撃されてしまう。
だが夢の中という事は自分たちも好きなように操作できるようでそれを逆手に取り反撃。夢の世界から脱出。
夢の中で好きに出来る、ってのは作り出しているユメバクラ限定かと思ったのだけれど取り込まれてる側も出来るんだな。
小林さん脚本の夢の中で好き放題、と言うとタイムレンジャーで偽者が出てきた時も似たような状況だったな。
あれは敵側しか操作できないから一方的にやられるだけだったが。



夢から目覚めた薄皮と対峙する茉子。
過去を見てしまったために完全に同情してしまっている。
その隙を疲れショドウフォンを吹っ飛ばされ助けに入ったことはもやられてしまう。
超電王の時もそうだったけどかなりの大怪我のように演じてる割には傷浅いよね。
今規制が厳しいからこうゆうの軽くなってるんだろうな。特に女の人は。


街中に現れた巨大オオナナシ連中を倒すために殿と目覚めたばかりのゲンタはダイカイシンケンオーで応戦。
殿一人でシンケンオーを使っているのは単純に印籠の力ってことでいいのかな?
ゲンタも眠って終りではなく文字通り光(チャンス)がやってくるのだが数がともかく多い。

必殺技を放とうとしているのだが敵は全範囲にいるのに一転集中だし何よりもモヂカラが足りない。
前は6人がフルにモヂカラを注ぎ込んで撃てたのに今は2人。しかも殿はさっき強力なモヂカラを使っちゃったばっかりだもんね。
それでも気合で発射!一直線しかいかないけどまさか回すの?と思ったら本当に台ごと回して全方位攻撃!!
これはかっけえええええええええ!!


ひとまず戦いも終わりボロボロで倒れながらも笑い合う殿とゲンタ。
ベタだし「夢」を書いて殿の体力消費もここを狙ったんだろうけど、こうゆうシーンはすごく好きだなぁ。
これで終らないのが前後回で最後の最後で十臓が出てくる。
なんか偽者臭がするのだが。十臓は殿が万全の状態で戦いたいはずだからこんなボロボロの時を狙ったって意味がないでしょう。
これでさっき影から覗いていたシタリを脅かし目的で切りに来た、とかだったら頷けるんだけどね。



以上25話でした。なんというか・・・お、重すぎる・・・
子供はついてこれるのだろうか。

久しぶりに茉子と薄皮の話でもあったけどこの2人因縁があるのかと思いきや実際8話でちょっと絡んだだけだけだよね。
本当に茉子は影が薄いというかなんというか。
キャラそのものは固まってきたような気はする。影から見守るお姉さんというか。
黒子のお話の時も役回りを分かっていたしシンケンジャーの映画パンフインタビューでも両親がどうの~~って触れられてたからそれ関係で出てくるといいけどね。
千明父を見ただけじゃ、今の5人の両親=先代シンケンジャーと断言するのには弱いしな。
先代シンケンピンクなんて胸を矢で貫かれたが・・・


例のインフルエンザの件だけど感染したのはゲンタ・流ノ介・ことはに追加して茉子もだったんだね・・・
無事だったのは殿と千明だけか。だけどまだ中で潜んでるから油断できない。
上の4人は無事回復に向かっているらしいので安心。良かった良かった。
スポンサーサイト

テーマ:侍戦隊シンケンジャー - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2009/08/22(土) 12:40:54|
  2. シンケンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日誕生日だった | ホーム | 涼宮ハルヒの憂鬱第20話&21話「涼宮ハルヒの溜息Ⅰ&涼宮ハルヒの溜息Ⅱ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/1352-41b68c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する