特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

2014年度 好きな特撮シーン&フィギュア

今年もあっという間に過ぎて大晦日。
年を追うごと1年があっという間だけど社会人になってからは特に早いような。
小学校くらいの時はなぜあんなに遅く感じたんだろう。

今年は24歳で厄年。厄年なんか関係ねーよwというスタイルでいたら最後の最後で始末書級のことをやらかしてしまったので(今のところ回避しているが)年明けには厄払い行こうかと。
男は23歳が前厄、24歳が本厄、25歳が後厄らしいので該当する方は是非厄払いに。
今年は大丈夫だったけど来年は転勤の影がちらついているので危ない。
東北6県か関東に行ってもテレ朝はどこでもやってるみたいだから感想書く分には大丈夫だけど
青森・秋田・栃木・茨木は勘弁して欲しい。何もなさそうだし。
とは言え所詮サラリーマン、どこに飛ばされても文句言えないのが悲しいところ。


・アニメ
毎クール2・3本しか見ないけど今年はなぜか1クール毎に10本近く見るという変な年。ツボにはまる作品が多かったのかな。


魔法戦争 ニセコイ ロボットガールズZ 未確認で進行形 そにアニ
計5本


ご注文はうさぎですか? selector infected WIXOSS ブラックブレッド ノーゲーム・ノーライフ 1週間フレンズ 犬神さんと猫山さん
マンガ家さんとアシスタント 金田一少年の事件簿R
計8本(2本が5分/15分アニメ)


SAO2 アオハライド グラスリップ アルドノアゼロ さばげぶっ! ハナヤマタ 月刊少女野崎くん LOVE STAGE!! Free!2期 アカメが斬る
計10本


牙狼~炎の刻印~ selector spread WIXOSS 結城友奈は勇者である Fate/stay night [Unlimited Blade Works] トリニティセブン
異能バトルは日常系のなかで 甘城ブリリアントパーク 天体のメソッド クロスアンジュ 暁のヨナ オオカミ少女と黒王子
計11本

1年間で34作品も見てしまった。映画入れるとたまこラブストーリーなんかも。
時間ない時間無いと言いつつとりあえずアニメは流しておけばいいから強いw
ラノベやゲームは目の前の活字や画面に注目し続けないといけないから「ながら見」ができないしね。
今年は春・夏アニメに面白いのが集中してた。
中でも際立って面白かったのが

selector infected WIXOSS ブラックブレッド アオハライド ハナヤマタ 牙狼~炎の刻印~

かな。コメディやギャグ作品としてだとさばげぶっ!や月刊少女野崎くんが安定して面白かった。
ウィクロスは2期よりも1期の方が盛り上がってて好きだな。
「ブラックブレッド」は滑ってる感もあったけどあの設定や雰囲気は好き。最終回のED好きだけど未だに音源化も配信もされてないようでガッカリ。
「アオハライド」は内容も面白く人生初の少女マンガ買ったり映画見に行ったりと記念作。
「ハナヤマタ」も可愛い女の子たちがキャッキャウフフするだけじゃなく喧嘩したりしてるのも良い。2期やって欲しいけどストック的に厳しい。
アニメ版「牙狼 炎の刻印」は予想外の面白さ。ストーリーだけなら実写牙狼よりも面白いから困る。
劇中では実写よりの牙狼に菅田が代りレオンも2クール目からのキービジュアルで白コートを羽織っていたりとどんどん実写に寄り添ってきているのが見物。
話数限定で見れば「結城友奈は勇者である」の8~9話。あそこの盛り上がりは凄まじかった。なおラスト3話は・・・



・声優、イベント
2月 中川かのん starring 東山奈央 2nd Concert 2014. Ribbon Illusion 
5月 ロボットガールズZ 舞台挨拶
8月 洲崎西 養豚場ミーティング2014 ~真夏の盛りガール!WOW!!~
12月 ムービー大戦フルスロットル舞台挨拶  洲崎西 WINTER PARTY 2014 ~あっちゃん・ぺっちゃんのミルフィーユハーモニーin中野サンプラザ~

今年は5回イベント。去年は座席が最前か最後列かと極端だったけど今年もそんな感じw
かののちゃん2nd 洲崎西は近くてロボガZは一番後ろだったし。
唯一フルスロットル舞台挨拶が真ん中よりちょっと前くらいとようやく平均?的な場所に。

去年が4回行ったから年間4回は行きたいと思ってたけど8月過ぎたあたりで今年はもう行く用事もイベントもないと危惧。
そこに東京に住む友人からフルスロットルの舞台挨拶の話来たり洲崎西ミルハモが急遽決まったり。
12月中旬にフルスロットル見に東京行って昨日もミルハモ行って元旦挨拶でまた東京行って来月中旬には超英雄祭でまた東京行ってと就活中かってくらい遠征してるww

来年は1月中旬に超英雄祭、4月には悠木碧ちゃんのファーストソロコンサート、洲崎西関連があるし増えそう。
東京行くだけで新幹線往復2万(バスの選択肢はない)、ホテルに泊まってあっちに住んでる友達と飲むのを考えれば3万はいくから出費が多い。
当然それ+チケット代とグッズ代がかかるわけだし大変だ。地方民にとっては東京にイベント行くだけで一大決心ですよ。

声優ネタとしては悠木碧ちゃんのファンクラブ入ったのが大きい。そろそろアルバム予約しないと。
東山奈央ちゃんは2月のかのんちゃんコンサートがグッときたけど5月のロボガZ舞台挨拶以降合ってないからそろそろ出演するイベント行きたい。最近生の奈央ちゃん分が足りないし。
ローダンセのライブあったら行きたいな。きんモザパレードは宮城も決まったようで大歓喜。絶対行くわ。
相変らず奈央ちゃん・あおちゃんに洲崎西の2人好きだけど最近は小澤亜李ちゃん(野崎くんの千代ちゃん)や加隈亜衣さん(ウィクロスのるう子)あたりもラジオ聞いたりはしている。
正直アニメやら声優趣味は30歳までには辞めたいと思ってたけど社会人になって金持つようになってからは逆にイベント行くようになった収集つかんw



・フィギュアTOP5
今年買ったフィギュアで好きなものを下から順に5つ。
出来が良い奴というよりはお気に入りのものを。

20141231-5.jpg
5位 S.H.フィギュアーツ ブレイドJフォーム&ギャレンJフォーム
装着変身時代から待ち焦がれていたジャックフォームがついに発売。
S.I.C.も良いけどアーツ派かな。S.I.C.はブレイドJ破損が酷くギャレンJは限定だから高騰してるし。


20141231-3.jpg
4位 S.I.C.オーズシリーズ
今年も凄かったオーズシリーズ。
画像にはないタマシーやブラカワニといい人間止めてる能力解放がたまらない。
サゴーゾは超マッチョでガタキリバはウヴァを始めとした解放&エフェクトパーツのおかげで見違えるカッコ良さになったし。
今HJでやってるS.I.C.ウィザード小説も実際はオーズ編みたいなものだし人気の程が伺える。
とりあえずラトラーターの試作も出てオーズは終わりそうだけどまだバースにポセイドンらも控えているのが嬉しい。
反面グリードはメズールで止まってしまったのが残念。オークションや中古ショップでも定価割れしてるし当然と言えば当然なんだけど。
せめてアンクくらいは出して欲しいね。


20141231-4.jpg
3位 DXF Solid Heroes ~仮面ライダーオーズ タジャドル コンボ~
アーツやS.I.C.ばかり買っているからプライズ系は目に入らなかったり軽視しがちだけど、DXFシリーズはクオリティが高くこのタジャドルはお気に入り。
去年もS.I.C.でロストブレイズverなんて出たし今年はこれと毎年何かしらレベルの高いタジャドルフィギュアが出てる。
DXFはクオリティ高いのにポーズがおかしいの多いから買い揃える気にはならないんだけどお気に入りくらいはね。


20141231-2.jpg
2位 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー鎧武カチドキアームズ
スーツがそのまんまフィギュアになった!?は鎧武シリーズ共通だけどその中で群を抜くカッコよさがこのカチドキアームズ。
「スーツがフィギュアになった」の頂点は真骨彫(特に響鬼)だけどライダーの好みとしてはこちら。
鎧武シリーズで5千円超えはカチドキと極くらいだけどこれは納得の出来。
アーツは中間フォームの出来が良いのが多いけどカチドキは各部の作り込が本当に凄いよね。メタリック塗装も相まって最高のカッコよさ。
カチドキは2位にしたけど鎧武オレンジやバロンバナナ、斬月・真、ブラーボのようにお気に入りは多いし鎧武シリーズとして2位ということで。



makaikadouginga01.jpg
もう1つの2位ということで魔戒可動ギンガ。
轟天からの使い回しは多いけど7年越しの夢が叶ったのは大きい。
これまで何度か商品化のチャンスはあったけど全てスルーされた時にZEROに合わせてのリリースはもう嬉しいのなんのって。
ハヤテが出るかは怪しいけどいつかダンのスピンオフをやった時に出して欲しい。7年待ったんだからまた7年は待ってみるさ。

そして栄えある第1位は

















20141231-7.jpg
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーバロン レモンエナジーアームズ!!

カチドキで鎧武シリーズとして2位と書いたけどこれはもう別枠、別格のカッコ良さ!!
本編も戒斗がレモンエナジーで戦っていた時期が一番好きだったのもあるし、そこでの活躍とデザインも良いしで文句なしの一品。
唯一の欠点がイベント販売であるけどオークションで買ってしまった今となってはどうでもいいや。手に入れた者が強者ということで。

今年度は明らかにライダーアーツの数が少なくて残念。
10月下旬のイベント終わったのに受注販売はこないしどうなっているんだろう。
ドライブの展開始まってしまうので忘れ去られないうちに展開再開して欲しい。

ULTRA-ACTはネクサスシリーズは終わっちゃったんだね。
ノアとザギ出してくれただけでも大万歳だけど闇の巨人やULTRAMANのアンファンスやジュネッスも欲しかったな。


20141231-6.jpg
フィギュア以外の玩具だとロックシードが大好きで未だにシフトカーに移れないくらいドはまりした。
斬月のフェイスプレートをまだ持ってない人いるだろし何かの機会でセットで付ければいいのに。
というか素直に無双セイバー&メロンロックシードに封入すれば良かったものを。


そして好きなシーンTOP10。
今年放送はいつもの東映特撮にギンガSと牙狼~魔戒ノ花~。
ウルトラマンはともかく牙狼も「いつもの特撮」に仲間入りする頃かもしれない。
去年の闇を照らす者からずっと雨宮監督の作品続いているし。

10位 恐竜戦隊集結    キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦!さらば永遠の友よ
恐竜系戦隊の揃い踏み!望月さんも出てくれたし本当に嬉しかったなあ。
サプライズとしてはダイノバックラーを掴んだゴウシら4人の手と衣装がアップになったシーン。あれは本当に驚いた。
子供の頃に見たヒーローの活躍をまた見れるのはいいものだ。
マサトが復活してからの名乗りも良かったしゴーバスターズ側も短い時間ながらも活躍出来て良かったよ。
ニンニンジャーではカクレンジャー&ハリケンジャーと一緒にやる映画を期待してるけど、トッキュウジャーが割喰らいそうだからVシネみたいな別枠がいいかな。


9位 牙狼シリーズ 戦闘シーン
魔戒ノ花と炎の刻印の戦闘シーン。
魔戒ノ花のストーリーは残念だったけどワイヤー仕込んだアクションや普段から翼人みたくなれるクロウと戦闘面の見所は多かったので。
心滅を乗り越えてそれも力にしたりと終盤に進むにつれてCGレベル上がっていったけどMAKAISENKI程では垢ったのが素直な気持ち
炎の刻印の方はガイアの鎧どうするんだろ。アルフォンソがレオンに牙狼の鎧返してから再びガイアを身に纏う?


8位 アーマードライダー一斉変身シーン      劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!
映画の内容は歴代最低だと思うけどまぁこの変身シーンくらいは良かったかなと。
この後に口あんぐりするようなサッカーが待っているわけだが・・・
紘汰も変身に参加して欲しかったけどフルスロットルでミッチ&貴虎と一緒に変身してくれて満足。
最初から極に変身するとブドウとメロンエナジーのアームズはどうなんだろ?と思ったら2個ずつ出てくるみたいだし。


7位 ウルトラマンギンガS 戦闘シーン
作品としてはギンガの続編である必要性は薄かったんだけど、坂本監督が担当した戦闘シーンがとにかくカッコいいね。
1話で「ウルトラマンギンガの歌」が流れるなか、EXレッドキングに突っ込むシーンは心を掴まれたね。
ビクトリーとの対決で炎の中からクリスタル発光で飛び出してくるシーンも良かったしCGの使い方が1期とは段違い。
学校周辺を飛び出しての市街地戦も満足度高い。劇場スペシャルではダークザギ相手に色んな場所で戦ってたけど、本来は学校を飛び出してこんな戦いをしかったんだろうと思ってたから。
まだ映画も控えているしあわよくば3期もあるかもだしでまだギンガは終わらない。


6位 バロンレモン 活躍シーン        仮面ライダー鎧武26話~41話
ボロクソにやられていたところからの復活劇でとにかく燃えたし嬉しかった。
最初こそ「戒斗まで貰い物でパワーアップww」とバカにしてあの活躍&強者ぶりに加え「この男は邪魔者であっても敵ではない!!」で掌返すw
ストーリーも盛り上がってきたところにゲネシス変身だから良いタイミングだったね。
本来の構想通りにバナナとマンゴーだけならオーバーロード編は今ほど盛り上がったり楽しめてないはずだから。


5位 士・紘汰・巧 3人同時変身シーン    平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊
期待してなかった春映画も今年は面白く昭和ライダー相手に啖呵切っての変身はカッコいい。
キバ・ダブル・オーズ・ウィザードと親しい人たちを無くしている人選を集めたのも上手い。
だからこそ

士「確かに俺は世界を旅し、多くの仲間と出会ってきた。その中にはすでに死んだ者もいた。
だが俺はそいつらの事は忘れない。この胸に、永遠に刻み込んでおく」
巧「人はみな生きて、死んでゆく。その思いは、生きていようが死んでいようが関係ない!」
紘汰「それが切なる願いなら・・・俺達が叶えてやる!」

が輝くわけだし。


4位 ムービー大戦フルスロットル 戦闘シーン
鎧武編では最初から極VSメガヘクスの超バトル。ここでオーバーロードの力(植物の蔦)を使いまくるのがたまらない。
バトルの派手さはここがピークだったけど呉島兄弟の奮闘に復活した紘汰からのトリプルライダーキックなど見たかったものがようやく見れた嬉しさがやばい。
フルスロットル編ではギャグ入ってテンポは悪くなったけど戒斗が味方になったり機能停止は切ない。
ライダー大戦はBD買ったけどこれもBD買おうかな。自分が行った舞台挨拶も収録されているだろうしw
そして3位へ










20141231-10.jpg
「お前を頼ろうとした俺がバカだった。今なら分かる。
どうしてお前らの文明が滅びちまったのか!」



20141231-11.jpg
「きっと向こう側の世界にも未来があった!」



20141231-12.jpg
「なのにあの森に負けちまったのは――」


20141231-13.jpg
「お前のような奴がいたからだ!!!」

3位 カチドキアームズVSデュムシュ     仮面ライダー鎧武第31話
その後の「この力は、戦えない人たちを守るために!!」で心動かされた戒斗がフェンスをガシッと掴むシーンもまた良い。
ドラマ重視でバトルでの熱いシーンは少ない鎧武だけど、この啖呵切るシーンは熱くてカッコいい。
数少ない鎧武の正統派ヒーローっぽいシーンで作品そものがこんな感じでいけばどんな1年(作品)になったのだろうと思うところはある。
燃えたり王道的なシーンが少ないからこそ、たまにくるこういうシーンが輝いて見える。
ここは本当にカッコよくて何度も見返しちゃったよ。



20141231-14.jpg
「済まん裕也・・・誰が仲間か、誰のための世界か・・・そんなことはどうでもいい。
ここには、死なないでいてほしかった奴がいた。そしてまだ、生き延びてほしい人たちが残ってる」



20141231-15.jpg
「俺の味方かどうかなんて関係ない。守りたいものは変わらない! たとえ俺自身が変わり果てたとしても!」


20141231-17.jpg
20141231-18.jpg


2位 レデュエ精神世界~レデュエ決着戦     仮面ライダー鎧武第40話~41話
どちらも最高に燃えるシーンだけど2つで1つの流れ・シーンだと思っているので纏めて。
鎧武という作品としてのメッセージは43話で凌馬が言った「嘘吐き・・・卑怯者・・・そういう悪い子供こそ、本当に悪い大人の格好の餌食になるからさ!」だね。
インタビューではこれを伝えたかった、とばかり書いてあるから先日発売された講談社平成ライダー本の鎧武編でようやく武部Pがこのシーンに触れてくれたから嬉しかったよ。
例えどんな姿になっても戦い続けるっていうヒーロー作品としてはここがメッセージだから。

続く41話のロシュオ戦で初見だと極になるの躊躇った?と思ったけど「くっ・・・」「うっ・・・」みたいに口に出して躊躇った訳じゃないしすぐにインベス軍団が襲ってきたから使う余裕ないだけだった。

レデュエ決着戦はカチドキ修復からの乱舞がカッコ良すぎる。
乱舞かかるとは思って無かったらいきなりきてビビりながら燃える不思議な瞬間だったw
影松真を召喚してたけど、凄い今更ながら影松真って両端が武器になってるのねw


そして第1位。ここまで来たら分かると思うけどw















gaimu45-05.jpg
「お前を倒して証明してみせる。ただの力だけじゃない本当の強さを!」


gaimu45-06.jpg
「それでいい。貴様こそ俺の運命を決めるにふさわしい。」


gaimu45-08.jpg
俺達が最強の力手に入れたとして
その後にこの目にはどんな世界映るのか



第1位 紘汰VS戒斗        仮面ライダー鎧武第45話

もう今年はこれでしょ。これしかないよ。
見終わった瞬間、いや乱舞が流れた瞬間に「あ、これ超えるシーンないな」って悟るわけですよ。
MAKAISENKIで3騎士&魔導馬が揃った時も思ったけど、本当にカッコいいシーン来ると全部見なくとも最初の段階で悟る。

お互い既に人外になっているから「変身!」も言わないし多分お互い「とことんまでやり合うしかない相手」と思っていても「敵」としての認識は薄そう。
戒斗も「邪魔者であっても敵ではない」ってのは一貫してそうだから。
だからこそこの戦いは切ないながらも熱いし燃える。


140928-01.jpg
乱舞は絶対流すと思ったけど実際流れたらテンション上がるしジンバーレモンになった時もカッコ良すぎて「ファッ!?」ってなるw

今年は年から年中鎧武で盛り上がった1年。
トップ6から全部鎧武だけどだけどその反面しょぼいシーンや言い訳しようもない展開があったのも事実。
だから今年は最高のシーンも最低のシーンも鎧武かな。作品のふり幅がなんとも・・・

来年はニンニンジャーと劇場版ギンガSと牙狼の新作などがある。
キカイダーがリメイクされたり他の作品もされたりするかな?
ドライブは映画や特典DVD関連で盛り上がったところに今週のアレだったから来年からは盛り返して欲しいところ。鎧武も年明けから本気出してきたから。
それではみなさん、よいお年を!
スポンサーサイト
  1. 2014/12/31(水) 14:43:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

トッキュウジャー第42話「君に届く言葉」

年内最後の放送はストーリーを進めつつ回想。
ドライブもトッキュウジャーも先週のクリスマスで綺麗に締めたけど、年内分はあのまま終わった方が綺麗だと感じたからトッキュウの回想締めは上手い。
回想と言ってもトカッチとミオにも進展あり。
いくら精神的に成長してきたとはいえ元は子供なんだからお父さんに会いたいよね。
心温まるほっこりエピソード入れたり父子家庭だからこその寂しさもあるだろうから。
途中で鏡が写ったけど子供の姿にならず今の大人の姿のまま。ゼットらを倒しても身体は戻らない?

帰ってきた明が早速面白い。
歌わなかったけど「オレンジ色したニクいやつ」は聞いてみたかったw
好評ならサントラとかに入りそうな気はするw
ライトらを気遣う車掌と回想ながらも平等に出番あったりと他の変なエピソードよりも余程良いエピソード。

シャドータウン内に向けて手紙を打つ時にOPを歌う伊勢大貴らバンドメンバーが登場。
ここで歌い始めるのは感動した。最後まで歌いきれるように2番の歌詞から始めているし。
撃ち終わった後は全員で大合唱。これこそサントラか何かに入れて欲しい。
ライトと伊勢大貴のツーショットも良いしライトの声も大きくなるからよりみんなで歌っている感が出てる。
明のハーモニカも良いスパイスになってるけど普通の歌声も聞いてみたかった。

先週がクリスマスで今週がOPを歌う回想版と良い締め方だった。
児童誌バレを見るに年明けから大きく動くみたいだし最後の平和な時間かもしれない。
  1. 2014/12/30(火) 00:58:50|
  2. トッキュウジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドライブ第12話「白い仮面ライダーはどこから来たのか」

年内最後の放送は巨匠回。
ギャグ描写や演出が合わなくてイマイチな回だった。

霧子の弟であり2号ライダーマッハでもある剛も登場。
舞台挨拶で剛役の稲葉くんを見た時はガッチガチに緊張してるなーと思ったら本編でこのはっちゃけようである。役者って凄いね。
進ノ介はギア入るとカッコいいけどそれ以外のぐーたらぶりが目立つだけに剛の「ギアが入るのが遅いんだもんな」という突込みはよく言ってくれた。
映画では壊れたベルトを修復したりチェイサーを付けたりと暗躍していたから今後のストーリー面での活躍に期待。
玩具カタログバレでライドチェイサーとの合体ギミックがきてたけど主役と敵キャラのバイクが合体ならともかく2号ライダーと合体は読めない展開だし。
アメリカ帰りということで色々派手。ステージまで自前とは。

脚本はこれまで通り三条氏だけど、毎週のような安定感はなく疑問に思うところもいくつかあった。
深夜アニメ一気見もだけどロリ少女って。落下してる時に戦い続けるのもどうかなーと。
タイプテクニックに変身してたんだから攻撃しつつ救助も出来そうなものだけど。
結局誰の助けも無いまま着地。
「どんより」中は衝撃無くなるのかと思ったけど、0話DVDでは落下する犯人をプロトドライブが助けてるから衝撃は平常時と変わらないはずだし。

ロイミュード側には女性幹部・メディックが登場。
テレ朝公式に009の記述があるけどバラしていいのかww
コアさえ破壊されなければ再生できし傷ついたハートの治療も。
一見するとサポート役っぽいけど意外と怪人の姿になったら強そう。

戦闘シーンはマッハの独壇場。
攻撃を避けてくるりと飛びながら1周するところは魔界城の王のイクサっぽい。
避けた時に前面から映すカットが新鮮。
必殺技はライダーキック。近年は玩具の必殺技ばかりが目立つ中、ドライブ勢は初登場の必殺技がライダーキックで嬉しい。

デザインは絶望的にダサいけど靡くマフラーだけはカッコいい。
ドライブドライバー(クリスペプラー)もだけど声質は良いのにま「タ~イヤコウカ~ン」とか「マガール」って・・・
マッハはアメリカ製ライダーのはずなのに日本語ってのは製作者とかのルーツが日本?
音声はともかく玩具としてはかなり優秀なようで全シフトカーを認識可能とか。
平成2期の2号ライダーベルトだとバース・ビーストがしょぼかったけど、白い魔法使いドライバーあたりから主役以外のアイテムも全て認識するようになってきたし良い流れだ。
特にビーストドライバーなんて売る気あるのかってくらい互換性無くて一方通行、本編でネタにされるレベルだし。

次の放送は年明けの2週目から。
前回で綺麗に終わったんだからあれが年内ラストでも良かった気がする。
催促的には先日発売したマッハドライバーの宣伝もあるし今日放送した方が良かったんだろうけど。
アマゾンとかで見ると安くなってきたしそろそろ買おうかな、と思ってもポチらない毎日。ほんと、何時買おう・・・


doraibu12-1.jpg
更新するタイミング逃してたけどプレバン12月分も到着。
ヨモツヘグリは「黙ってろよ」までは収録されるも玩具的にまずかったのか「クズ」はなし。
それでも音声豊富だしSG9も含めるとミッチの「変身」だけで3つも収録されている。
禁断のリンゴロックシードでは戒斗の台詞もあるし後はウォーターメロンあたりに貴虎の台詞を入れてレギュラー4人分制覇かな?



doraibu12-2.jpg
ブドウ&ヨモツヘグリ、キウイ&ヨモツヘグリの龍玄セット。
レモンエナジー&ヨモツヘグリの開発者セットにブラッドオレンジ&ヨモツヘグリのなんかやばなそうなセット。
シフトカーに移れないのは未だにロックシードが楽しくて飽きないからかもしれない。
  1. 2014/12/28(日) 23:36:29|
  2. 仮面ライダードライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

S.I.C. ブラカワニコンボ

http://tokukisegangu.yu-yake.com/14/sicoooburakawani.html
↑ブラカワニコンボ

カレンダーの関係で例年よりも早い仕事納め。変わりに年明けは5日からでちょっと速いけど。

○牙狼~炎の刻印~
ダイジェスト&忘年会。
最初から最後まで鍋つついて呑んでるだけってww
叫んだ後にSiriが反応するってnmkw持ちすぎだろww
どの声優さんも受けた答えやノリ突込みが面白くてある意味本編より面白い。

○ニンニンジャー
ついにキャストやスタッフらも紹介。
武部Pだけあってイケメン揃いであった。
そしてメンバーが自分より全員年下になった。
近年はリュウジやノブハルのおかげで全員が下ということは無かったんだけどついにこの時がきたか・・・

○結城友奈は勇者である
色々賛否あるけどハッピーエンドで良かったかな。
ピークは明らかに8話~9話だったけど。「満開の・・・後遺症は直らない!」あたりは何度も何度も見返すくらい面白かったし。
供物に捧げた部位は太陽を壊した頑張りを認めて貰って返してもらったと解釈してる。
今後も次の世代が戦うようだけど、バーテックス追い返す時までは満開の後遺症あるけど撃退後は戻るとかだったらいいんだけど。
とりあえずざーさんキャラが元気になって良かった。

実は友奈は1人で戦い続けている?を思わせる締め方は良かった。
するとうどんの味覚が戻ったようなシーンもみんなを不安にさせないための嘘?
それらは良かったけど東郷の行動がポカーンだったり友奈の叫び声が酷かったりと別の方で突っ込みどころが。
脚動かなくなった時の「うおおおおおお!!」は良くなったけど後は酷い・・・
最後の「結城友奈の章」っては派生作品やる気満々である。

○SAO2
葬式がオフ会のようになったりして若干引くものの、イイハナシダナーで終るところに茅場の名前が出てくるとは。
Cパートあるとはいえ後味悪いなぁ。
原作よんだ友人からマザーズ・ロザリオは傑作!!と何度も言われてたから楽しみにしてたけど、特別面白い訳でもなければつまらない訳でもなく。
珍しくキリトがサポート役になる珍しいエピソードだなとは思ったけど。

この作品自体、1期は1期で不満点も多くてアインクラッド編いっぱいやってくれよ、ってのもあったけど2期に比べれば遥かに面白かった。
アインクラッド>フェアリィダンス>キャリバー>マザーズ・ロザリオ>GGO
だろうか。GGOはもっと短くすれば面白そうだけどさすがに長すぎ。
大学4年の頃にやってた作品でたまに飲み会で集まったりするとSAOの話で盛り上がるからなんだかんだで好きな作品だけどw

○トリニティセブン
最後綺麗に締めた分魔法戦争よりは良かった。
松岡くんの声好きだからあのエピローグのナレーションで満足してしまう不思議w
バトルシーンが迫力無かったりしたけど忍者とミラがかわいかったからいいや。

○異能バトルは日常系のなかで
ダークアンドダークの能力が燃え続けることだとは思わずびっくり。
切り離された手は手が無くなるまで燃え尽きる?
作品としてはハトコがブチ切れたところくらいしか食い入るところはなかったけどキャラは可愛かったし
原作者やスタッフが厨2に向き合っているからこそ出せる雰囲気は面白かった。

○暁のヨナ
最終ラッシュの中これは2クールの模様。
仲間集めを1人数話かけてやって20話に入ったあたりで2話のラストにあったメンバーが揃う?
これだけ新キャラが増えてるのに未だにハクが最強クラスに見えるのが凄い。

○オオカミ少女と黒王子
最後は総集編だけどストーリーはこれで終り。
「ハイの変わりワンワンでしょ それくらい楽にやるわ」
で癖になったOPも見納め。最初は全部英語の歌詞かと思ったら日本語というw
恋愛を遠ざける理由は親だったのか。そりゃ小さいころに離婚されたらね。
だんだんエリカのメンタル強くなっていくのは見物。寝る時にベッドを譲る姉が良い人だ。

「目の前に、本物がいるだろ?」

うはwwwイケメンwwwwww
アオハライドが面白かったから少女マンガ繋がりでこれも見たけどなんだかんだで楽しめた。
アオハライド同様に後は漫画レンタルでもして続きを読んでおこうかな。

○声優ラジオ
・東山奈央のドリーム*シアター
コルク開ける時の掛け声にワロタw
またきんモザPVの話が出てきたけどPV撮影にもいた、ってよく覚えてるなー。
イベント行ってクロワッサンに切れるってどんな状況wチキンの咀嚼音もエロいしw
新年会がディズニーとは豪勢な。ブログにドレス姿の写真あるけど可愛い。
そしてプリキュアおめでとおおおおお!
出来れば戦う女の子の方が良かったけど深夜アニメにしか出てなかったのにプリキュアだから大出世だ。
91年組だと寿美奈子に続いて2人目かな。ついに毎週プリキュアを見る時がきちゃったかー。

・洲崎西
養豚場MTGがDVD化とは踏み切ったなあ。
カメラ来てたのに円盤にならないからスタッフ用だと思ってたから。
いよいよミルハモも迫ってきたしDJCD5と合わせて絶対買おう。
新幹線は9時半の仙台発で行く予定だけどカウントダウンCDも欲しいから8時くらいのに変えよう。
それでも中野に付くのは10時過ぎだから買えそうにない。カウントダウンCDは多くても500枚くらいだろうし。
  1. 2014/12/27(土) 17:22:01|
  2. 玩具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ギンガS最終話「明日を懸けた戦い」

ギンガSもついに最終回。1期の時と同じく12月下旬に。
夢を懸けた戦い→明日を懸けた戦いとタイトル同士に繋がりがあるのは好き。

最後の最後でようやく健太が登場し降星町のメンバーが揃う。
残念ながら1つの画面で全員集合にはならなかったけど。健太のイケメン度が増したような。
ウルトラマンギンガの歌で応援始まった時はどうしようかと思ったけど後ろにいるメトロン星人で笑うw
美鈴も再び登場。和菓子職人として微力ながら力になってるし

映画を含めた歴代幹部らが集結した時は力を貸してくれるんじゃないかと期待したけどそんな事は無かったw
ここで全員のアクション。ビクトリアンの方々まで戦うとは。
キサラは派手に動かず謎光線を出しそうと予想したら案の定。
カムシの剣アクションがカッコいい。これで滑舌さえ良ければ・・・

1期ではよく分からなかったルギエルもギンガとの関連も含め少しは触れられる。
以前からもう少し掘り下げて欲しいと思っていたからこれは嬉しい。
1年番組ならもうちょい出来そうだけど今はこれがいっぱいいっぱいかな。

最初からバトルシーンで光線技もCGのおかげで力入ってる。サンダーボルトのアングルやCGがカッコいいのなんのって。
けど復活したルギエルにやられて変身解除。
先週からの続きとして見ると満を持して変身したのにまたやられて変身解除なんだよね。
シェパードン(セイバー)を取り戻すのも最後の戦いの方が良かったと思う。
せっかく連続ランス&必殺光線で流れに乗ってたんだから。

平成ウルトラマンの最終決戦は新たな形態になったり姿は同じでもパワーアップしていることが多いけど、ギンガとビクトリーはそうではないね。
なけなしの力を貰っているからどちらかというと弱体化寄りだろうし。
そんな中での連続ランス&必殺技はカッコ良い。エレキングとギンガサンダーボルトの組み合わせなんかもグッド。
サンダーボルト使った時は全必殺技来るんじゃないかと期待したけど残念ながら。
せっかく電気繋がりがあったんだからEXレッドキングとギンガファイヤーボールの炎技繋がりも見たかったけど。

生身アクションも変身後必殺技&CGもカッコよかったんだけど唯一不満を挙げるとすれば決め技がギンガクロスシュートじゃなくてコスモミラクルエスペシャリーだった事とジャンナインが出なかったこと。
ビクトリーとの連携技+ウルトラ兄弟の力で倒すっていう妥当と言えば妥当だけど、1期のルギエル戦がギンガクロスシュートで倒さなくて消化不良だったから今度こそと期待してたから。
今度やる映画だとジャンナインの入る余地は無さそうだから最終回に出して3体揃い踏みが見たかった。
友也が「ジャンスターダスト!」って言ってるあたりフォローはされていたけどやっぱり3人揃うところが見たかったなぁと。

最後はヒカルとショウの別れのシーン。映画やるって分かってるけど一応の区切り。
ここでED流れてまたED映像と一緒に歌流すもんだからおかしく感じた。そのまんま流し続ければ良かったのに。
ラストカットも映画を前提にしたものだしとにかく映画待ちかな。
今回は宮城でもやってくれるようでありがたい。やるのは住んでる反対側のムービックス利府の1館だけだけど・・・
  1. 2014/12/27(土) 16:42:27|
  2. ウルトラマンギンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今日のお買物

141225-1.jpg
○アオイハルノスベテ
2巻目で早くも文化祭のエピソード。
途中から浩人が屑っぽく見えたけど自分の命がかかってる状況が仕方ないか。
まひるも可愛かったしご都合主義とは言え最後は転校も無くなったし良かった良かった。
夢の謎についても一歩前進だしちょっとずつ進みそう。未だに1巻冒頭の新任教師が気になる。

特典はココロコネクトとのコラボ。
あんな事件あった後なのにやるとは思わなかった。ドラマCDとかで実現しそうな計画ではある。

○アオハライド
・映画
気になっていたので妹を連れて見に行くw
男1人で行く勇気はないしね。案の定客は女性客やカップルばかりだったし。

見に行く前は「コスプレみたい」と言われたけど確かにそんな感じはする。
双葉=本田翼は実写化したらまぁあんな感じだろうとは思うけど洸の東出はもっとイケメンいたろ・・・
さすがに26歳となると田中先生の方になりそうだから。
意外と特撮出演者も出ていたアラタ(ゴセイレッド)に流星(メテオ)・ひとみ(ゴウライガンヒロイン)などなど。
特に千葉くん(アラタ)演じる菊池くんは一番合ってたんじゃないかな。
新川優愛(ひとみ)の黒髪ストレートは大坪由佳ぽかったw

役者に突っ込みはあれど原作終ってないのにストーリーは2時間程度で良く纏めたと思う。
ちゃんと菊池くんと唯の2人を出しつつ、2人の関係に区切りはつけたし。
菊池くんも引き際良かったというか潔かった。「赤信号だよ」はいきなり出て来て怖かったけどw
リーダーズ研修で川渡るシーンがないからゆーりの「馬淵くんが好き」って宣言するのが唐突に見えるし原作見てることが前提な感じ。
それと映画は洸に同情できる作りになっていたと思う。
親ネタはきつい。弱っていく姿を見るのはさらにキツくて涙目になる。
原作やアニメだとあれだけ双葉にアプローチされてもスルーしてたのに今更かい、ってのがあったけど映画だと2時間しかない分テンポ良いというか纏まってる。

東出版の洸が微妙とはいえ「帰るぞ」だけはカッコよかったw
その後の電車から降りるところはカットされてたね。アニメだとめちゃくちゃ力入っててある種名シーンみたいな扱いだったけど。
夏祭りでゆーりが告白する所はカットだし。
リーダーズ研修のラストシーンでバスで爆睡するカットが映画ラスト。これは良い改編。


・漫画12巻
映画見終わった勢いでそのまま買うw
少女マンガ買うなんて人生で初めてだよ。

これまでぐだる程長かったのにわずか1巻で付き合い始める展開。
向き合うとはなんだったのか・・・。せめて後もう1巻くらい使ってくれれば。
映画もあったし色々と大人の都合があるのかな。
にしても洸の性格が変わり過ぎw
菊池くんは好きじゃなかったし早く洸と双葉くっつけよと思ったけどこうも急展開ではさすがに可哀想。
悠里のいう「納得のいく失恋」にもなってないような気がして。
タイミングを後悔してない菊池くんがカッコよくて逆に好感持てて来た。
後1・2巻で終りそうな気もするし終りが見えてきたのかな。
  1. 2014/12/25(木) 22:46:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仮面ライダー鎧武公式読本

141224-1.jpg
フルスロットル公開と同時に発売された公式読本。
キョウリュウジャーから発売元で変わったようでフォーゼぶりの発売。

いきなり虚淵&武部P対談。
虚淵「最後まで続投させていただいてありがとうございます!途中でテコ入れや交代があってもおかしくなかった」
って自覚はあったのかww
1話でも担当した回があればその脚本家の分までインタビューあったけど口をそろえて「特撮の現場は早い」って言ってるから大変そう。
エロゲなんかは延期に次ぐ延期は当たり前なイメージあるから。(ニトロプラスが延期しまくってるかは分からないけど)

主役4人や舞は散々インタビュー答えてるけど久保田さん(貴虎)のミッチは後部座席じゃなく後部座席に隠れる予定とかは新たな発見。柴崎監督は斬月担当!なんかも。
後のVFXインタビューでも語られてたけどクリスマスゲームの時までノーマル斬月の変身シーンって無かったんんだね。
モデリングだけ作ってお蔵入りになるところをギリギリで使えたとか。その後一騎打ちでも変身したりとなんか使われたけど出番は少ない。
ミッチの幻影で貴虎が出てきたけど舞との共演シーンはそこが初とかこれまたなるほど、と思うことも。

吉田メタルさん(凰蓮)や浪岡さん(シド)のプライベート(家族トーク)も微笑ましい。
浪岡さんの子供はオーバーロード出て来てから怖がっちゃったみたいだしそうなるよなぁと。
今の子供にグロンギの犯罪を見せてもやっぱり拒否反応は強そうだし。
吉田メタルさんのように家庭持ちだと公表ダメ、と言われても家族にくらい言いたくなっちゃうよねw
初仮面ライダーと言う事で喜んでいる一方、浪岡さんは3回目の変身だったりして変な感じw

監督インタビューだと金田監督が面白い。
小林くん(戒斗)に「泣いてもいいけど涙は流すな」はカッコいい。
ジンバーレモンVSマリカのソニックアロー対決は力入ってると思ったら撮影に丸1日使ったのか。
「紘汰が何のために戦うのか早い段階で見せないとお客さんが逃げちゃうよ?」
あたりは鋭く言ってる。逃げられたのは紘汰が~~ではなくあのダンス編が原因だと思うけどw
極めつけは夏映画での
「日本代表がもうちょっと勝ってくれればなー(笑)」
wwwwwwwww
ファンなら誰もが思うけど監督も同じこと考えてたかwwww


スーツアクターも全員にインタビュー。
誰もが認めるカチドキアームズの重さにカチドキ旗の扱い辛さ。
現場ですらカチドキ旗がすぐに落とされるって突っ込まれてる。
高岩さんが佐野くんの身体能力について「佐藤健や福士蒼汰も凄かったけど群を抜いている」と高評価。
歴代主役をずっと見てきた高岩さんだからこそ説得力がある。
その反面体操のような感じもすると一言。
確かに19話でデュークの攻撃交わしながらの変身も凄かったけど佐野くんの動きに対して後からCGエフェクト付け足しているから違和感あった。
動きは凄いけど画面合成と佐野くんの動きが噛み合ってないというか。

永徳さんを見るにバナスピアーの扱いはシンプルそうだけど手の位置を変えたりして工夫してるんだね。
映像見返してみると確かに、と頷ける。
龍玄を演じた佐藤さんからもキウイ激輪は難しいとコメントが。
高岩さんが持ってもやり辛そうだったし手に持つよりは極の武器召喚で飛ばしてる方が良さそう。

バンダイ側インタビューも。決算後のはこれが初かな?
ゲネシスドライバーとソニックアローは歴代平成2号玩具で一番売れたと明言される。
ソニックアローは4月の再生産か何かで運よく買えたけどあのタイミングで買えてよかった
あまり売れないだろうと思ったヨモツヘグリも結構注文きたようで、売れたからこそのSGアーマードライダーセットやドラゴンフルーツの受注開始だったりするのかもしれない。
サポートメカはもういいよね、という事で廃する方向に。ドライブではシフトカーが兼用してる感じだしなんだかんだで要素は残ってるね。
元を辿ればディスクアニマルから始まったようなものだけど、よく何年もやってきたなーと。
設定画も公開されたけどバロンレモンがない?あまりに急なパワーアップすぎて設定画すらない?

ほぼ全部がインタビューでまさに「読」本。
約120ページだけどA4サイズだから文庫本サイズの倍でラノベ1冊分くらい。
自分のようにスーツ写真を見たい人にはちょっと不足気味だし割高に感じるけどそこは超全集や特写を揃えてカバー。

超全集:ライダー・ストーリー紹介
読本:スタッフ・キャストインタビュー
特写:スーツ写真

と3つ揃えて完成と思っているので特写待ち。果たしてVシネ分は出るかな?
ダブルの時はブースターが中途半端でレッドフレアは乗ってすらいなかった。
かといってVシネを待つとオーズ超全集みたく出なくなりそうなので出せる時に出して欲しい。
ある程度纏まったら電王2のように番外編みたく出してくれれば。

Vシネ情報もいろいろ。20話前後の話らしい。
ネットムービーを廃してのVシネとか。これなら子供人気無さそうな鎧武でも製作出来たのは納得。
ネットムービーで笑えたのはディケイドくらいで後は無駄金に感じたからVシネの方向にシフトしてくれたのは大歓迎。

リンゴアームズだけと思ったらウォーターメロンも出て来てビックリ。
LSの外見はスイカだけど名前はメロンで一応メロン縛り?があった斬月も大丈夫。
マルスのゴールデンアームズがリペされるということはもう大戦系映画でマルスが出てくることはない?
それはそれで幸せかもしれないけどディケイド2みたいな企画があったらガオウ同様出演出来ないのが悔やまれる。
ウォーターメロンはメロンの使いやすい下位版かな。PROTOって書いてあるし。
スイカ程ではないけどリスク無しでは強いロックシードって立ち位置になりそう
凌馬的にはプロトタイプのウォーターメロンを作った後にヨモツヘグリを作るも危険すぎて封印。メロン等を経てゲネシスドライバーに辿り着いた?
新アームズやライダーは嬉しいものの、ジンバーメロンが遠ざかる。さらにはDXロックシードやフィギュアーツコンプへの道が遠い・・・。

リンゴアームズはゴールデンアームズのリペっぽい。
バナナとマンゴーだけでゲネシスドライバー(タイラント)に勝てるかな。
新ロックシードも出るなかまさかのドラゴンフルーツ再登場である。
フルスロットルではメガヘクス製のドラゴンフルーツまで出しているけど、あれはメガヘクスが新規に作り出したのはでなくて過去に存在したELSをメガヘクスが再現した?
後出しからこその理屈だけど凌馬が作ったドラゴンエナジーが20話前後で登場。それを見た紘汰の記憶を盗んだメガヘクスが再現したのかもしれない。
戒斗はリンゴロックシードを使ったから黄金の果実を欲する気持ちが強くなったとかも出来そうだし後付上等だから出来る限りVシネ展開をして欲しい。
主題歌CDにはロックシードや乱舞の別バージョンが入るみたいだしこれも買うしかない。
放送終わった後にここまで展開してくれるのはガイアメモリ以来かも。
そのガイアメモリだって翌年までコンスタントに展開し続けることはしなくて数年後に急にガイアメモリFINALだから。
  1. 2014/12/24(水) 19:42:32|
  2. 仮面ライダー鎧武
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トッキュウジャー第41話「クリスマス大決戦」

長らく続いたシュヴァルツとゼットの戦いに決着。
まさかAパートで幹部2人も退場するとは・・・
「私はキラキラを手に入れた」がカッコ良すぎる。
シュヴァルツは最初、グリッタを同情と言うか哀れんでいるように見えたけど後半からは本当に大切に扱っているのが分かる。
だから分離した時点で一緒に逃げれば良かった気もするけどそこで立ち向かうからこそ「将軍」なのかもしれない。
何より驚いたのはノア夫人との連携。最初刺した人誰か分からなかったけどノア夫人だったか。
ノア夫人は最初こそグリッタ譲を利用してやろうと考えていた節はあるけどゼットに吸収されてからは1人の母として接しているようにも見えて印象が変わった。
シュヴァルツに花を手向けるのは良いシーンだったけどノア夫人はなく。
話の都合でカットされただけで実際は花を手向けているんだろうけど。

ゼットもいくらキラキラを欲しても闇しか集まらないからラスボス一直線かな。
他に有力なやつもいないし今週でさらにパワーアップしたから。
怪人体/6号ゼットならならハイパーで対抗出来たけど今となっては厳しそう。

敵が大変な中、ライトたちは無事にクリスマス。
明が味方に復帰するのは怒涛の展開が待っているであろう年明けと思ったから早かった。
メリークリスマス!をやるなら6人全員揃っていた方が画面映えも良いしタイミングとしては妥当かな。
みんなの顔が出て来てメリークリスマス!はキョウリュウジャーを思い出す。
キョウリュウも終盤の時期に敵の仲間割れが始まってたし。

変身はまるで映画のようなバンク変身。
ハイパーレッシャーセットした?と思ったらぐるりと1周してやってきた。
ロボでの名乗りもビックリだけどこれで5体いたらと思わずにはいられない。
最も4体の時点で画面ギリギリだから5体いたら大変なことになりそうだけどw

サポートレッシャーまで出しての合体&必殺技のオンパレードは気持ちいい。
さすがクリスマス商戦!と書きたいところだけどよりにもよってクライナー軍団が相手とは。
これが幹部戦とかだったら盛り上がりそうだけどノア夫人とシュヴァルツはあの流れで巨大化してトッキュウジャーと戦うのも違うからタイミング悪いとしか。
後ろの電光掲示板に「虹野明くん おかえりなさい!!」と芸が細かい。
  1. 2014/12/22(月) 18:27:12|
  2. トッキュウジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドライブ第11話「暗黒の聖夜を防ぐのはだれか」

命を懸けたハートとの激突はチェイサーの妨害で事なきを得る。
なんだかんだで爆発起きて二人とも吹っ飛ぶと思ってたからチェイサーの妨害は意外。
素直に「ありがとう」と言うハートに好感持てる。
最初はどんなキャラか分からなかったハートも映画の「俺達ロイミュードは個人主義者の集まりなんでね」から一気に深みが出てる。
考えても見れば生まれた時から108人+αしか仲間がいないんだからちょっとくらい性格曲がった奴でも大切に思うのも分かる。パラダイスロストの逆版というか。
反面ブレンはブチ切れ。そりゃそうだw
チェイサーの姿で攻撃喰らって後から出て来た時はチェイス(人間時)ということは相当お仕置き喰らったかな?
「お前、俺が好きなんだろう?」に加え朝から濃厚すぎる・・・w

映画の続きということもあり特典DVDとも絡めた展開。
ボルトが犯罪心理学者ということで「特典DVD?」と疑問には思ってたけどこうきたか。
今度BD-BOXにも映像が付くけど今回ほど密接なリンクはなさそう。
本編・映画・0話DVD・てれびくんと映画が絡んだからこそ出来るリンクだし。
一応早瀬と一緒に捕まえた犯人、とフォローは入れたから見てない人でも想像はつくし見た人はニヤリとする上手な展開。

映画と言えばルパンが化けていたのは霧子だったけど今回も涙を魅せたりと感情を出しているから犯人とは分からなかったな。
「犯人はこの中にいる!」の時点で霧子だとは思ったけど証拠や確証が分からなかったというか。
おめかししてレストランにくるシーンといい私服の方が似合うね。警官服はコスプレっぽいから。
シフトカー集合シーンでベガスとキャブが隣なのが上手い。
通常シフトカー?はこれで終りで後は強化フォーム関係のだけかな。

バトルシーンは再生強化ボルトと。
トライドロンも使ってクリスマス商戦感が出てるね。
アマゾンでベルトは5千円を切りシフトカーは半額に視聴率も低下し始めだんだん鎧武を笑ってられない状況なのでさすがにやばくなってきた気も。
決め技はライダーキック。スピードロップでもないものの普通のキックもカッコいいね。
10話近く放送して単体でのライダーキックがテレビで2回、映画で1回の計3回なら平成2期としては平均的な方だろうか。

チェイサー戦では「病院の人たちの命も失われるんだ!!」で心が動き見逃す。
000はラスボスか映画で使うと思ってたからチェイスに使うのは意外。
霧子の弟であるマッハも出てるし彼らのドラマがどう動くかも注目。
映画の舞台挨拶では「28日からのマッハの活躍にご期待ください」って言ってたけどテレビでも21日が先行登場とは。
映画と言えばフルスロットルの感想では書き忘れたけど、舞台挨拶ある映画館って他の映画の宣伝やることなくいきなり本編始まるんだね。
上映終った後にも拍手喝采が起ったりして貴重な経験だった。見に行ったのがフルスロットルで良かった。夏サッカーなら拍手すらしてそうにないしw
  1. 2014/12/21(日) 20:52:45|
  2. 仮面ライダードライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記

○牙狼~炎の刻印~
シリーズ恒例の心滅化。
心滅化が行われる度に流牙の株が上がる不思議。今思うとメンタルと優しさは突き抜けていた。
鋼牙・雷牙・レオンと心滅のデザインが微妙に違うね。
レオンは両腕まで変わっているから余計ホラーに寄り添った感じに。

アルフォンソが召喚したら実写よりのデザインになったし鎧も認めてと完全にレオンがいらない子に。
「俺は・・・何もやってない」
がその通りすぎて困る。
過去が過去とはいえ魔界騎士としての使命よりも私情が強すぎた。
戦う覚悟や使命に関してはアルフォンソの方が最初から出来上がっている完成系。
ラストはまさかの身投げ。予告はなんなんだww

○結城友奈は勇者である
にぼっしー・・・
前に出て来た包帯の子もこんな感じで連続満開してたのだろうか。
両目に耳と失うものが多すぎる気がするけど他の端末を使っていることに加え完成系勇者だから?
前は友奈黒幕あるかと思ったけどさすがに違うっぽい。
わっしー時代のラノベも出たようだから読んでみたいな。

○selector spread WIXOSS
infectedの最終回サブタイが「その選択は…」でspreadが「この選択は…」でおっ?となる。
結局おばあちゃん何者?とか有耶無耶になったあきらっきーとか意味深だった文緒スルーとか気になるのは多かったけど円満解決。
OPにSE付かないのは残念w
タマとアンが戦うシーンはイメージかな。最後までイオナ=ユキで戦い続けるとは思わなかった。
最初るうはタマが良かったのにイオナは自分とるうがベストパートナーと考えていたのが笑えるw
なんだかんだで2人とも良いパートーナーになったけど。

最後はこれまでのセレクターとルリグになった子たちが再登場。
大体は一目でわかったけど花代さんは分かりづらかった。
ピルルクは雑誌に載っているあきらっきーを見て笑顔だし聖人すぎるww
緑子でも1期ラストに出て来たけどピルルクはOPだけの登場で出番無かったけど、漫画か何かの主役らしいからそこで補完かな。

普段カードアニメは見ないけどウィクロスは人物ドラマやストーリーがメインだからとても面白かった。
スピンオフなり人物変えての続編はいくらでも出来そうだしカードも大ヒットのようだからまたやって欲しいアニメ。

○甘城ブリリアントパーク
最後の3人が子供たちとは予想できないww
最終的に50万3人だったけど最後の3人はそれぞれの親かな。
色々ご都合主義っぽいところはあるけど鬱展開は似合わなさそうだから良いかな。
最後の数百人集めるところはみんな身を削っているけどピザ屋は上手いww

「「「「ようこそ、甘城ブリリアントパークへ!!」」」」

でOPかけたら最高の流れだと思ったけどやらなかった。
元々京アニってラストカットからEDに繋げる上手さが極端なところがある。
ハルヒは最終話(6話)でOP流したと思えばらき☆すたは流さず途中でダンス。
クラナドアフターで汐スキップを綺麗に繋いでビックリしたらけいおん!!最終回じゃふわふわ時間流れなかったし。

○オオカミ少女と黒王子
中原さんのお姉さんキャラ登場。
俺ガイルといいお姉さんキャラも良く似合う。
ナンパ男に「さよならブス専さ~ん」の返しがうまいw
恭弥の本気度を試したりと最終回に向けての準備?
出て来たお酒ってパック酒で有名なあれだろうか。実家がラスボスになりそうw

○アカメが斬る
アニメオリジナルになってからはへんてこりんな感じになったけどよく纏めたよ。
最後に「われら全員殺し屋家業」っていうキャッチコピーで締めるのも綺麗だし。
なぜインクルシオが実体化してもう1人増えたのかは分からないけどw
タツミがラスト1話前で死ぬのは龍騎のようだ。一緒に散ったエスデスが何気に勝ち組。

エスデスは原作でも圧倒的な強さらしくアニメじゃ勝ったけどあの強化方法はアニメオリジナルかな。
最大限原作に配慮かつアカメだけで勝つならあれがボーダーラインかな。
配慮と書きつつマインまで死ぬとは思わなかったけど。
タツミに力を貸した24話も1人だけ動いているのが良いね。


○声優ラジオ
・東山奈央のドリーム*シアター
洲崎西に続ききんモザのPV撮影の話。
振付難しかったみたいだけど新曲のPVが楽しみ。
果たしてどれくらいの観客が集まったのだろうか。
そして奈央ちゃんにキャッチフレーズあったんだ。一家に一台東山奈央wwwww
お待ちかねのとーやまん。ブラックに「気合だ・・・!」って言われても困るw

・洲崎西
ついにローソン店員(あんちゃん)にバレたwwwww
まぁガチの一般人をネタにし続けたのもどうかとは思ったし。
ちさよってぃ。社員をキャラ扱いってw
以前メール読まれたニートの人は就職出来なかったか・・・

そして30日開催のミハルモ当選!
前から5列目の中央寄りってめちゃくちゃ当たり!
今日の正午から一般発売だったけど20秒くらいで無くなってビックリ。
次やる時は2000のハコで2回回しくらいがちょうど良さそう。
  1. 2014/12/20(土) 16:34:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ウルトラマンギンガS14話&15話

先週東京に行っていて感想書けなかったので一緒に。
エネルギーが強すぎて制御できないと言うのは予想通り。
初登場時はまだ理性というかまともそうなところがあった神山長官もテンプレの如く崩れていく。
確かに力は大事だけど発足したばかりの組織が持つには強すぎる。
かといって隊長の「兵器に希望を託してはダメ」ってのも防衛隊の隊長としては楽観的すぎる。
歴代防衛軍に比べて圧倒的な力(火力)不足なんだから長官程ではないにせよ危機感はあった方が良いと思うし。
それでも戻れないところままで行ってしまったのが長官なんだろうけど。

15話はクウガ47話のように「あれ、1話見逃した?」と一瞬勘違いする。
最初に負けた事実をキャラに言わせてそこから回想のように入るのが面白い。
ようやく正体バレ。隊長は察しているのかと思っていたから拍子抜けした。
マナが地下に行って戻ってくるのが早すぎてギャグの域w
ヒカルとのアイコンタクトで騙した振りをしていたのは気付いたけどすぐにチブル星人にやられてしまうとは。
予告見るにルギエルに吸収されてそうだけど。

戦闘シーンは14話がハイパーゼットンに15話がベリアルと豪華。
サーガで圧倒的強さを誇ったハイパーゼットンは今回も強い。
さすがに映画程力の入ったテレポートではないけれど1対1でギンガストリウムがやられる程の強敵。
ゼットンにはウルトラマンということでスペシウム光線を選択するところがニヤリとさせられる。
超獣に対してのエース召喚だったり絶対に外さないから見ていて安心感が強い。
元を辿ればコンプリートフォームなんだろうけど14相手にアームド響鬼だったのが未だに残念ポイントだからギンガの安定感は嬉しいところ。
決め技はコスモミラクル光線。なにこれ脇やわき腹から出してるの?
前半戦ラストに出しても良かった気がするけどビクトルギエル戦で使われるよりはいいタイミングかな。


15話は回想バトルでビクトルギエル戦。
地上波で見ている人たちはCMで壮大なネタバレを喰らうらしいけどネット配信組はスルーできる。最もネットで既に見てしまったけれどw
クウガでも妄想してた「他のフォームに変わり続ければペガサスの時間制限関係ないじゃん!」をまさかウルトラマンでやってくるとは。
ウルトラマンが2人いるからこそ出来る荒業。時代が時代ならガイア&アグルでもあり得た展開?
ハイパーゼットンをすぐに使う大盤振る舞いぶり。普通の怪獣なら瞬殺出来そうな攻撃もラスボスには通用しない。
ハイパーゼットン自体はカッコよくもて武器がしょぼかったり「シザース!」の語彙が弱そうなのがなんとも。

ギンガストリウムは連続光線、ビクトリーはEXレッドキングにエレキング・キングジョーと惜しみなく使うから最終決戦感が出ている。
CGもどんどん使うし坂本監督力入ってるね。
シェパードンセイバーを使わなかった辺り最終回では使うかも。
逆にギンガスパークランスが通用しなかったのは最終回はこれを使わないということかな。
最終回はウルトラマンギンガの歌を流しながらギンガクロスシュートで倒して欲しいから。

そして3月にやる映画のCMも。ついにネクサスが映画デビュー!
マックスは銀河伝説で端っこにいたことはあったけどポスターに使われてまともな出番ありそうなのはこれが初めてだし。
TV放送がなく冬の時代を支えてきたゼロがついにギンガと共演と思うとしみじみ。
  1. 2014/12/20(土) 13:11:44|
  2. ウルトラマンギンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トッキュウジャー第40話「誰があいつで あいつが誰で」

明=ザラムがシュヴァルツ側に付シャドーラインを相手にする展開。
相変らず敵側ばかりストーリーが動いていてトッキュウジャー側が置いてけぼりになってる。
目まぐるしく変わる状況に加え6号がゼットだったと思いきやグリッタ譲だったりと翻弄されまくっているし。

この時期に闇の力が弱くなると言う理由で6号1人でもゼット怪人体と戦えるレベルに。
序盤でシュヴァルツが独断で闇を集めていた理由が分からなかったけどこのためだったとは。
6号=明に固執していたのもレインボーラインの力が欲しかったから。
伏線か後から拾えるように布石打ってたかは分からないけど素直に関心した。

ザラムの姿のまま変身したりゼットが6号になったりと驚きのシーンも。
特にクライナーから降ろされた6号がゼットだとは気付かずシュヴァルツ同様騙された。
グリッタ譲は最終的にどうなってしまうのか。
モロク侯爵生きていたのは収穫ww

戦闘シーンだと爆発の一瞬の間にハイパー化したのが印象的。
少しずつバンクを使わずハイパーレッシャー使うようになってきた気が。
5号のシーンは野川さんが身体柔らかくてすげえ。地味に3号&4号も良いコンビネーションだし。

ラストには昴ヶ浜とみんなの駅である木が。
闇にされたありふれた街の一つではなく敵の本拠地の一部ときたか。
そりゃ明が必死に探しても見つからない訳だ。
ゴーバスターズ・キョウリュウジャーのようにクリスマスを一つの決戦として描くのかが気になるところ。
  1. 2014/12/17(水) 20:51:48|
  2. トッキュウジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドライブ第10話「ベルトの過去になにがあったのか」

映画&DVD特典終った後にそのまんま話が繋がっているらしいのが今週のエピソード。
さらにてれびくんが挟んでくるらしいけどまだ見てない。
広く浅くファン層を広げてそうなドライブよりも狭く深くの鎧武の方が付いてくる人が多そうなやり方ではある。
「てれびくん」くらいならまだしもさすがにBD-BOXまでは付き合いきれない。鎧武だったら買ってそうだけど。
せめて何番のロイミュードを倒したかくらいは教えて欲しいところ。

前回倒したはずのボルトが復活。
先週の時点では1話完結に見せかけた2話構成と思ったけど実際は3話構成の模様。
年内最後の放送が11話(12月21日)で終りかな。運良ければ28日もやってくれそうだけどギリギリの日付。

これまでは「またか!」だったチェイスの印象が変わって見えて来た。
一目の付かないところに移動してくれる優しさもあるけど、映画や特典DVD・霧子を撃たなかったことで何かあるのは確実なキャラになったし。
映画ではマッハがチェイサーの後を付けていたのも考えさせられる要素だし。
チェイスを「死神の旦那」と呼ぶ進ノ介の違和感は凄かったけど。
元々滑ってる台詞言ってるやつではあったけどさらに滑って違和感あるというか。
「旦那」「○の字」は中年以上の人が言うイメージあるから。それこそ一昔前のハーフボイルド風の翔太郎なら何の違和感もないんだけれど。

映画に続きベルトが殺した相手がハートなのが確定。
進化前でもこれといって特別な姿ではなく普通。一桁代だからといって強いと言う訳ではないし。

ドライブVSチェイサーはタイプスピードでも良い勝負している。
ドライブVSハートは心臓を掴んで賭けに出る。タイプテクニックにこんな使い方もあるとは。
タイプワイルドよりも善戦しているだけにデザインのダサさが惜しまれる。
一か八かの賭けに出るのも1クール目でやる展開でないだけにビックリ。普通なら最強フォームなり終盤でやっても良い要素だけに。
ハートはカリスのようにトランプのモチーフと勘違いしてたけど本当に心臓の方だったか。
時系列的には映画の後だけど、映画で力を貸してくれたハートがすぐに敵に回る立ち回りの良さw
チェイスは以前「侮るな、こいつは仮面ライダー」に加え今回の「恐ろしい男を選んだな、クリム。この人間はたいした奴だ」とロイミュード側もドライブを認めているのが良い。

パワーバランスもちょうど良いんじゃないかな。
ハートはかなり強いけどドライブ側もシフトカーを変えまくって応戦すればダメージが通る程度の力はあるし。
ここで強さが違いすぎると中間・最強フォームになるにつれてインフレが酷くなり鎧武みたく極>ゲネシス>その他みたくなりかねないから。
子供にアピールするならインフレ起るくらい極端な方が良いんだろうけど、極端なインフレ嫌いな身としては今回のドライブVSハートくらいがちょうど良い気もした。
  1. 2014/12/16(火) 23:44:10|
  2. 仮面ライダードライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル 感想

141215-1.jpg
昨日公開されたムービー大戦の感想と舞台挨拶の感想レポを。
いつもはパンフレットは通常版を買ってたけど今回はDVD付版を購入。
舞台挨拶行ってテンション上がってたのもあるし周りの人が限定版やキーホルダー・クリアファイルを買いまくっている中、一人だけ通常版というのも気が引けたし。
(特撮に限らず)女性にはフィギュアよりもクリアファイルやキーホルダーの小物類が売れると聞いたことあるけどそれは本当らしい。
男の人はパンフレット以外あまり買っていなかったと思う。

DXブラッドオレンジは映画の帰りにアキバで。
定価の3倍近かったけど唯一持ってないDXロックシードだったし見終わった後のテンションも相まって購入。
これでテレビ・映画に登場したレジェンド系を除く全ロックシードをDX仕様で揃えることが出来た。

[ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル 感想]の続きを読む
  1. 2014/12/15(月) 21:21:59|
  2. 仮面ライダードライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ムービー大戦

東京で舞台挨拶があるムービー大戦を見てきた。
鎧武好きな人は絶対見た方が良いね。特に呉島兄弟が好きな人は。感動して涙目になった。
斬月・真がメロンディフェンダー持ったりバロンが影松持ってるのが良かった。
初瀬と同じくらいは正気という言葉を拾ってくれたようで。

舞台挨拶は竹内くんが高身長イケメンでビビる。
席が以外と近く左側にいたからやけにハートの人と目が合ったw
正式なVシネ発表も小林くんの口から聞けたし凌馬の「キルプロセス!」もw

詳しい感想は明日宮城に帰ったらでも。
  1. 2014/12/13(土) 18:13:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.フィギュアーツ 鎧武極アームズ

141211-1.jpg
http://tokukisegangu.yu-yake.com/14/shgaimkiwami.html
↑極アームズ

鎧武極アームズのレビュー。
そして講談社の平成ライダームック本はフォーゼ。
インタビューはユウキだったけど弦太郎は無理にしても流星が良かったな。極力ライダーに絞って欲しい。


141211-2.jpg
ページ自体は薄いのに情報はびっしり。
ロケットステイツやメテオフュージョン・メテオなでしこのような映画限定フォームや画像のようなアストロスイッチもSスイッチやなでしこ・レジェンド含む全てを2ページで網羅している。

次のリリースはクリスマスで鎧武。
「クリスマスゲームの真実(11話)」から少しずつ動き出したことを思えばニヤリとする日付での発売。
おどろくべきはインタビューでなんとか凰蓮役の吉田メタル氏。
紘汰(佐野くん)か戒斗(小林くん)だと思ったから意外すぎる人選。
主役4人はインタビュー受けまくって散々語っているだろうからあえて少ないであろう凰蓮に?


141211-3.jpg
最終巻のジャケットも公開。
極VSロードバロンで周りに全アーマードライダー配置するようなド派手なジャケットになるかと思ったけど鎧武VSバロンというシンプルな構図。
45話は派手な戦いだった反面、乱舞PVを始めこういうところでシンプルなのが返ってグッとくる。
一応はラスボスの邪武の小さい扱いに笑えるwこの小物ぶりが癖になってきたw
読本は明後日発売で映画も同じく明後日公開。舞台挨拶行けるのも相まって楽しみで仕方ない。
  1. 2014/12/11(木) 22:09:22|
  2. 玩具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雑記

友人「ムービー大戦の舞台挨拶チケットあるけど一緒に行く?」

おおおおおおおおおおおおお!!!!???
東京の友達からまさかのサプライズ!
一緒に行く友人が仕事入って1枚余り仙台からじゃ大変だと思うけど良かったら、と声かけてくれた!
午後1時から丸の内でやるみたいだから、昼休みにメール貰って仕事終わりに急いで新幹線予約、土曜の朝に直行。
チケット代+αで払おうと思ったけど断られたから飲み代くらいは出そう。

連絡くれた友人は映画(舞台挨拶)ある度に応募していたみたいで何年もかかりようやく当選だとか。
自分みたいに宮城に住んでる人は舞台挨拶に送ろうなんて概念がないけど東京住んでる人はとりあえず舞台挨拶応募して外れたら前売り券買うってのが出来るから良いね。

超英雄祭が初の生特撮俳優を見れる機会と思ったけど思わぬところで見れる機会が。
ドライブ&鎧武キャストに見れるのは嬉しすぎる。貴虎は声援凄そうだなあ
  1. 2014/12/10(水) 22:46:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トッキュウジャー第39話「終わりの始まり」

タイトルが「終わりの始まり」で20世紀少年っぽいタイトル。
クリスマスの時期になるとシャドーラインの力が弱まるとか。
普通敵は終盤になるにつれ強くなるものだけど逆というのは珍しい。
光(キラキラ)と闇がテーマにあるからこその展開。

ドリルクライナーを使った方法のメモといい本当に死んでしまうような感じだ。
借りたのは一時的じゃなくてずっと所持していてOKだったのか。
ドリルクライナー貸してあげるシュヴァルツも、その約束を守る明もバカ正直で不器用なところが似ている。

ゼットの中にいたグリッタは羽根が出てくるまでに。
ノア夫人の暗躍や予告映像を見るに次回で復活。随分長い間ゼットの中にいたなとしみじみ。
40話で外に出てくるなら大人の姿になることはない?
敵のボセキシャドーは年末(12月)に相応しく再生怪人を召喚。
ロボ戦を始め走馬灯のように出てくる明との思い出がまた。
モルク侯爵とのコントが面白く、落下の時は一緒に堕ちたりハイパー終電クラッシュでの足掻きあいだったりw



tokkyuu39-1.jpg
ラストは敵として出て来た明の変身。
CGやアングルも相まって綺麗だけど夕日をバックにするのではなく前にして変身。
太陽=キラキラ=トッキュウジャーに立ち向かうような構図。
  1. 2014/12/08(月) 20:14:42|
  2. トッキュウジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドライブ第9話「どうすればクールボディになれるのか」 

drive9-1.jpg
来週公開のムービー大戦に合わせてか、2話完結でありながら1話完結とも取れるエピソード。
ウィザードでもボギー(5体分裂)のように1話完結に見せかけた2話完結があったりもしたしこういう変化球は良いね。
りんなの武装に究のどんより情報を合わせたりと特状課みんなが活躍。
未だに本願寺がまともに動いてないけど年明けくらいには動くはず、多分。

事件の鍵や目撃者が子供だったり最後にエンブレム渡したりと普通の刑事/ヒーロー物っぽい。
進ノ介のギア入る速度も速くあれだけの証拠でよく分かったなと。
現場でどんより発生=ロイミュード絡みという前提があるからこその発想かもしれないけど。


drive9-3.jpg
変身は2回だけれど戦闘シーンの時間は長い。
タイプワイルドでの高速連続が斬りとてもカッコいい。
この間にボルトたちが逃げなかったのは工場崩して作業員の人たちを怪我させるため。
じゃないと作業員の人たちを助けるためにマッドとクターの催促できないし。
戦闘以外でもアイテムを見せるのはフォーゼでも見られたけど試作で試したフォーゼとは違い実際の戦闘被害で使っているから違いが出てるね。
個人的には今回のドライブのような使い方の方が好き。しかしあの死ぬほど痛い治療を一般人にやるのか・・・


drive9-4.jpg
2度目の戦闘でタイプテクニックに。
過去にも主役で緑色のライダーはいたけどメタリックグリーンが多かったからこの緑には違和感。
タイプワイルド・テクニック共に精神状態が問われるけど怒りで逆にクールになるという落としどころは上手い。
次週から普通に変身しそうではあるけどw


drive9-2.jpg
同時に2つの事をやれるのでシステム分析と攻撃を同時に。シフトカーも組み合わせれば救出まで。
先にクレーンで補足して攻撃するのがカッコいい。


drive9-5.jpg
ローリンググラビティは文字通り重力攻撃。
使うのに苦労しているのを見るとランドドラゴンのグラビティは楽に使えるなーと魔法の凄さを再認識。
ワイルド・テクニック共にゴツい見た目だけど、戦い方が自分の中のイメージと合わないなと。
ワイルドが肩タックルするのはそれらしいけどハンドル剣で高速回転するよりはグラビティ使った方が様になるし、
テクニックは名前通りハンドル剣と銃で変則的な攻撃するものだと思っていたから。
今週は状況が特殊過ぎてテクニックの活躍の幅が制限されそうな気もする。



drive9-6.jpg
ちなみにこのエンブレム、「プレミアムバンダイ」から発売が決定した模様。
小中大の3サイズだけど大がコラ画像みたいになってるww
1個3千円かと思ったら3個で3千円と安く見えて来た。

いよいよ来週土曜にムービー大戦。
「想像を絶するラスト!」は鎧武編を指すのかムービー大戦全体なのか・・・
公開と一緒に読本も出るしVシネがあるとは言えいよいよ鎧武の終りも見えて来た。
  1. 2014/12/07(日) 14:37:35|
  2. 仮面ライダードライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雑記

○結城友奈は勇者である
BGMすらなく淡々と進むのがやばい。
「自害を試みました」って台詞チョイスが東郷らしい。
勇者システムに苦悩する風だけど願い叶えてくれるだけQBの方がましだわwww
大赦的には極力犠牲を無くして4・5人が犠牲になる程度で済ませたと思ってそうだけど当事者からしたらたまったものではない。
大赦出の風や夏凛はまだ覚悟が出来てそうだけど完全一般人の残りは・・・

4・5話くらいまでの淡々とバーテックス倒してる時は際立って面白いとは思わなかったけど後遺症出て来てからがマジで面白いわ。
ゆーみんも演技が凄いしブチ切れてからの演技は何度も何度も見返してしまう。良い演技する人だとは思ってたけど心にグッときた。
終盤で樹のキャラソンが入ってそのままED突入の流れも素晴らしい。こういうのは特撮じゃなくてアニメじゃないと出来ないね。
EDで笑顔のカットインも順番が変更され樹が最後なのがまた泣ける。

友奈黒幕説も出て来て盛り上がってきた。友奈を並び替えて大赦はビックリした。
この手のアナグラム系はあまり信じないんだけど状況が状況だけに。
心情(心の声)はあまり出て来てないし実家の描写もないからあやしく感じる。
「早く味覚が治らないかな」くらいかな?それもミスリードと言われれば納得してしまう。
ラストで駆けつけたのも主役だから登場といえばそれまでだけど、全員の行動を把握しているからと考えれば合点がいく。
勇者だから仕方ない、誰も悪くない、選択肢は無かったって言葉を始め1話の頃から「勇者なんだから~」と連呼してきたのはみんなをその気にさせるためだともとれるし。

最初はまどかっぽさがあると思った作品だけど気付けばウィクロスと並んで今期のツートップだわ。
前日譚である小説版のネタバレも見ちゃったけどリンクが凄くてびっくりした。
8話で出てきた包帯まいたざーさんの新キャラが過去の勇者で○○と一緒に戦っていったとは。
わっしーって呼んでいて誰?と思ったら○○だったのね。

○牙狼~炎の刻印~
2クール放送なのに10話目にしてレオンとアルフォンソが手を組み冒頭からテンション上がる。
平成初期ライダーなら余計ないざこざがありそうだけど素直に共闘路線で進んで見ていて気持ちが良い。
メンドーサの過去も語られたけど自業自得とはいえ子供にまで刻印出すのは酷いわ。
刻印さえ出なければ幸せに暮らしていたのに、と思ったけど敵の戦力調べるためにホラーを使役するあたり同情の余地がないことを出している?
回想だと牙狼がアニメ版じゃない実写と同じ鎧で再登場したからアニメ版の鎧が違うのは作画的に書きやすいとかではなく意味があってああしてるのかな。
王妃を幽閉している兵士たちも奪われたら死刑って可哀想。元はメンドーサに騙されててまだホラー化してない人たちだろうに。
ラストは暗黒騎士再び。そろそろヘルマンも死にそうな気がするけどその前に3人で鎧召喚はして欲しい。

○selector spread WIXOSS
ちよりが脱落しイオナ本人が登場と動きがあるけどあまり進んだ気がしない。
イオナの名前を今更決めるのは違和感ある。ユキじゃなくてクロの方がまだしっくりくるというか。
できれば最後までイオナであって欲しかった。バトル中にるうが「イオナ!」ってさん付辞めるのが好きだったから。
遊月の身体に入った花代さんともついにご対面。
花代さんは花代さんで好きでもない男と一緒にいるのは辛そう。

○暁のヨナ
3人になり旅を再開。
じっくり描いているけどかなりスローペースでもあるね。
ハクは天才過ぎて教える方には向いてないのかw
ユンの炊き込みご飯は美味しそう。竹?で炊いてるからアウトドア的な感じが余計美味しそうに感じる。
「無駄に怪我させた。返って残酷ね」と自覚あるのが交換持てる。だからこそ苦悩しているわけだけど。
シリアスシーンになる時にハクを「お前」って呼び方に変わるのがツボ。
1話の間でかなり動きがあってテンポが良いのに詰め込んだ感じもしないし良回。


○オオカミ少女と黒王子
わずか1話で松岡くんキャラ改心。無駄に引っ張るよりはテンポ良くて良い。
「てめえは教祖かよ鬱陶しい」
がツボw
王様ゲームでも拒否るイケメン。キスする時一瞬嫌な顔になってるw
あの3人組は恭弥が彼女いるって知らないのかな?
夜に男部屋行くのを止めてあげる三ちゃんいいやつ。

○アカメが斬る
マイン・スサノオの別れをやったのにラバックは一瞬ww
全く触れないよりは良いとはいえあんまりだw
クロメとも決着が付き本当に1人、また1人と退場。
最後のアカメの泣き声はワロタwwwwww
やっぱり雨宮さんは藤宮さんやアルドノア姫みたいな大人しい役の方があってる。

○Fate/stay night [Unlimited Blade Works]
冒頭からあのシーン。
「体は剣で出来ている」
って文章はカッコいいけどいざ実現したらやばいね。それこそがHFなわけだけど。

セイバーとの特訓シーンはアーチャーの剣を真似ていたと口に出すセイバーだけど
HFで干将莫邪を剣製した時の「私の剣ではないのですか?」もあるからこういうところもニヤニヤしちゃうw
召喚シーンの金色が凄く綺麗。
ライダーの出番はあっさり終了。HFの製作が決まっているからこそ、あっさり終わらせることが出来たんだろうけどやっぱり出番少なく感じちゃう。


○声優ラジオ
・東山奈央のドリーム*シアター
総選挙で1位になった桃山さんの主題歌こなかった。
お便りにもあった人生最後の日になったら・・・確かに仕事をしつつ家族と過ごしそう。
倖田來未22歳と比べると変な笑いがw今のままでええんやで?
ブログも更新でアイマスライブのが。アイマスは知らないけど楽しそうなライブだったみたいね。

・洲崎西
きんモザの新曲PV撮影の話題が出たけど一体何人当選したんだろう。
年末のイベントは400人くらいだけどPV撮影なら100人くらい?
コナンのパラパラ懐かしいw恥ずかしくて直視出来なかったw
当時のサンデーか何かの雑誌に「君はコナンの踊りを見たか!?」って煽りがあってさらに笑うw
今週のコナンは石川(金沢)が舞台でまさにペに相応しい舞台w
ペの親が用意してたのはアドベントカレンダーってやつだね。
散々良い話した後に男ほしいいいいいい!は反則だろww
「2人でめちゃくちゃアキバ行った」って何でそのネタ知ってるんだよww

141208-1.jpg
ミルハモの先行抽選権が封入されたCDも購入。
4曲目の「弱虫コンプレックス」が良い曲で好き。
そして新たな人物・ちさよってぃ。CD見たら確かにクレジットされているw
中野サンプラザを1回回しで4300円は安いかも。けど養豚場ミーティングみたいに昼夜の2回回しでも良かった気が。
ちょうちょくツイッターでイベントの内容を出すあたり2000のハコが埋まるか不安なのかな?
応募したこちらからすると当選するかどうかが不安なんだけどw
  1. 2014/12/06(土) 22:49:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギンガS第13話「分裂! UPG」

ギンガSも最終章に入りラスト4話。
平成ウルトラシリーズでラスト4話を最終章に持ってくるのは珍しいかも。
大抵はラスト3話くらいからだと思うし。

ここにきて急に上層部が出てきたけど隊長のキャラすら立ってない状態でこられても・・・
神山長官はフォーゼ映画でグランダインを演じた人だね。
地球は人類の手で~の件は正論すぎてグヌヌですわ。
M78星雲世界だとウルトラマンは味方として映っているけどギンガ世界ではちょっとの期間田舎町で戦ってた謎の巨人くらいな反応だろうし。
洗脳溶けた瞬間に撃っちゃうのは空しい。
敵の敵は味方とうことで妥当チブル星人に限れば共闘出来たかもしれないのになんか後味悪いね。

今回は友也が大活躍。
「開発者を舐めんな、です」
はカッコよすぎる。しかし19歳の少年1人に掌握されるって・・・
基地内攻略の時はガンパットでも取り出すかと思ったらスマホ?
隊長とゴウキの2人が装備を取り戻した時もあんな感じでサポートしたのかな。

友也が前線に出て戦うのは懐かしい光景。
1期では当たり前の姿もSではサポートに回ってるから。
ギンガが登場した時の隊長の表情がS前半戦同様に悟ったような感じなのが良い。

戦闘はAパートのビクトリーと後半のギンガで2回。
シェパードンセイバーは登場せずキングジョーで反撃し撃退。
ギンガの戦いは久しぶりにストリウムに。
最近はビクトリーと一緒に戦ったり敵が複数体出てきているからまともに力発揮できなかったから
久し振りに1対1で戦えてギンガストリウムを「強い」と実感することができた。
歴代技も光線ではなくバリアってのがバリエーション豊かな感じがするし。
コンプリ召喚と違ってストリウムは光線技しか出せないんだからこういうところで違いを見せるのは良いと思う。

次回はハイパーゼットンが登場。
ダークザギの例を見るにサーガ登場時ほどの強さはないだろうけど強敵には違いなさそう。
  1. 2014/12/06(土) 19:44:05|
  2. ウルトラマンギンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.フィギュアーツ 電王ウイングフォーム

http://tokukisegangu.yu-yake.com/14/shdenouw.html
↑ウイングフォーム

ウイングフォームをレビュー。
魂WEBでジャスピオンが決定。流れやプッシュを戦隊アーツからメタルヒーローに乗り換えた?
それなりにブルービートとブラックビートの注文があったのだろうか。
早くエクシードラフト欲しいな。ビーファイターカブトの方は時間の問題だと思うけど油断してると出ないとかありそうで怖い。
  1. 2014/12/04(木) 22:47:37|
  2. 玩具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

S.I.C. 仮面ライダーオーズタマシーコンボ&今日のお買物

141203-1.jpg
以前から興味のあったブレイクガンナーだけど急に欲しくなり仕事終わりに購入。
量販店の3割引きで買ったからバイラルコアセットと一緒に買っても4千円程度。
何気に蜘蛛・コウモリ・蛇とライダー怪人のツボを押さえているのもドライブよりも仮面ライダーらしいと言われる所以かな。
低い音声がカッコよくスパイダー・バット・コブラの3つだけでも楽しめる。
音がクリアで大きくこの価格帯にしては凄いね。セロハンテープ付けて大きさは加減している。
大人が握ると劇中サイズにはならないけど子供が持ったら劇中比になりそう。何より小さいと感じないのがいいところ。
定価4千円でこの充実ぶりを見るとバース・ビーストドライバーの酷さに目がいく・・・

ドライブのシフトカーも認識可能とのことだけど値段や劇中活躍がネックなのか、未だに興味がわかず踏み切れない。
オーズの頃から言われてるけど「音聞きたいなら買うしかない」というゲームでいうDLC商法みたいなものだよね。
すっかりこの商法に慣らされちゃったけど、小物アイテムが手に入るとはいえ既に収録されてる音声(玩具)を買った時に聞けないってのは凄いことだね。
だからこそガイアメモリ・ロックシードのように後付できる外部音声タイプが好きなんだけど。

とりあえずドライブドライバーは様子見。
オーズドライバーの頃から思考停止で買い続けてきたけど5年目になるとさすがに目が覚めるというか音も鳴らず光らないシフトカー1個700円高くね?と思ったのか踏みとどまる。
メダル・スイッチ・リングと定価マイナス100円が適正価格だと思っているけどシフトカーに至っては1個4・500円くらいに感じる。
ミニカーみたいに何十年も生産する訳じゃないし内部構造も凝ってるみたいだけどヨドバシの試遊台で弄った感じでは値段と面白さが直結しなかったな。赤外線技術は素直に凄いと感じたけど。


http://tokukisegangu.yu-yake.com/14/sicoootamasi.html
↑S.I.C. タマシーコンボ

タマシーコンボのレビューをアップ。
極・ウイング・ファム・S.I.C.ブラカワニはしばしお待ちを。

映画試写会によると春映画は「ドライブ対オールライダー 仮面ライダー大戦セカンド(仮)」に決まったとかなんとか。
ディケイドの時どこかの映画サイトのフライング(没)タイトルが「ディケイドVSオールライダー」ってタイトルだった気がするからディケイド完結編を彷彿させる。
現行主役(ドライブ)が歴代ライダーと対決みたいな感じ?さすがにライダー爆死はないだろうけどw
もし紘汰(佐野くん)が出演してくれるなら神紘汰かどうか気になるww
今年のライダー大戦は面白かったから次も良い出来であって欲しいんだけど。
  1. 2014/12/03(水) 21:55:55|
  2. 玩具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トッキュウジャー第38話「映画つくろう」

変身して「出発進行!」でOP入ってありそうなでなかなか無いスタート。
映画監督になる話だけどカグラの意外な一面が見れて面白い。
偽デート回のスーツ姿もだけどいつものツインテールにぶりっ子入ったような言動よりも似合ってる気が。

スタッフ・役者が次々に消えて行ったけど犯人は当然フィルムシャドー。
てっきり誰かに化けてる?という展開なのかと予想してたから犯人はシャドー怪人って当たり前のことを言われて唖然。
シャドー怪人を見てないならともかく冒頭でフィルムシャドーに会って戦ってるんだし。

「それも守衛さんに聞いたんだけどry」
「それって守衛さんが名探偵なんじゃない?」
「!?」

はワロタw
変身後の5号とフィルムシャドーの撃ちあいでカグラがオイル缶蹴っ飛ばすガサツな行動をとって意外。
決め技は久し振りの連結バズーカ。何もんだよあの守衛さんはww
クリスマスまで1ヶ月切ってるのにハイパーレッシャー使わなかったね。
始めに初期武器を出して後半でハイパーレッシャーやロボ関連のプッシュかな。

EDの電車コーナーは相変わらず東北来ない。
後1年放送が遅かったら仙台に出来る地下鉄東西線が間に合ったのかと思うと惜しい。
  1. 2014/12/01(月) 18:56:06|
  2. トッキュウジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する