特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

キュウレンジャー第15話「海の惑星ベラの救世主」

ラシンバンキュータマが復活し次の場所も発覚。
久しぶりに地球を抜け出してほ座星に行くも海は汚い。
夏の時期なら水着回になりそうだけどそうはいかず。

魚だけのBBQがしょぼい・・・
逃げたゴネーシを追いかける時の「トオオオオオウッ!」は何事かとw
人々がお供え物を差し出すのは自作自演に騙されているんじゃないかと思ったら案の定。
ネッシーのシルエットが懐かしい。20世紀後半は随分流行ったようだし。













s-kyuuren15-1.jpg
s-kyuuren15-2.jpg
ハミィの過去も明かされて忍者として特訓しているシーンが。
勇気を出して師匠に伝えたから村は救われたようだけどカメレオン座星として見るとどうだったんだろ。
ナーガがほ座星の人々についた時は何か作戦があるのかと思ったけど何も無かった。
カラクリを明かす時はそれぞれ作戦分担していて上手い。地味にカジキアタックが痛そう。











s-kyuuren15-3.jpg
s-kyuuren15-4.jpg
身代わりの術なんていう忍者らしい戦い方も。
透明になっても砂場だったら足跡で分かりそうだけど。
久しぶりにキュウレンオーだけの活躍。
最近はリュウコマンダー関連が多かったから早くも懐かしさがある。

最後はスティンガーVSスコルピオ。
尻尾のぶつかり合いがハラハラする。
マーダッコとの再戦もあるようだけどまだ完全に倒すことはできないかも。


○能見達也さん死去
シシレンジャー天幻星 大五を演じた能見達也さんがお亡くなりに。
ご冥福をお祈りいたします。

まさか大好きなダイレンジャーから亡くなる人が出てくるなんて。
子供の頃からダイレンジャー好きで何度もビデオ見返してとアクションもメンバーも好きな作品だけにこれはショック大きい。
今年の春映画でもダイレンジャー5人出てきたしリンとコウが引退したとはいえスペーススクワッド枠で出演とかあるんじゃないかと期待していたけどもう揃うことはないんだね・・・
スポンサーサイト
  1. 2017/05/22(月) 23:58:10|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キュウレンジャー第14話「おどる!宇宙竜宮城!」


人数も減ったことでキュウレンジャーも新章かも。
これまでは新メンバーに新ロボと本筋ばかり続いていたから久しぶりの通常回。
出撃メンバーは11人から8人になったら当たる確率は増えたはずなんだけどガルは全く当たらない。
普段は当たらないラプターも今回は当たりまくっている。

回転寿司出てきたしやっぱり地区のダイカーンによって貧富の差は激しそう。
潜入作戦ではハミィが離されたばかりに悪戦苦闘。
鳩のマジックで滑ったり足首グキが面白かったけどユーテルジャンには受けず。
スキルキュータマのオンパレードで。こういうエピソードでどんどんキュータマ紹介していくのが上手い。
自分は乙女座だからようやく出番が回ってきた。
グランセイザーにフォーゼと歴代乙女座は扱いよかったから今回は変身用ではなくスキルキュータマなのが残念だけど。

突撃しては追い出されるラッキーとスパーダのコンビが楽しそうw
貴重な人間の男2人コンビだから好きな組み合わせ。
逃げる人々の中には旅館の支配人さん(ご本人)まで。
ジェラシットには気付かなかったw










kyuuren14-1.jpg
kyuuren14-2.jpg
戦隊の変身は横一列が多いから挟んで変身は珍しい。
地上戦とロボ戦の同時進行がゴーバスみたいで懐かしい。










kyuuren14-4.jpg
次回は久しぶりのハミィ回。ラプターも久しぶりの出撃。
チキュウばかりいたから忘れていたけど元々宇宙が舞台の作品だし久しぶりにチキュウの外へ。

  1. 2017/05/16(火) 23:26:46|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キュウレンジャー第13話「スティンガー、兄への挑戦」

「暴力・苦痛・恐怖、それが支配だ」といきなり悪役の見本のような台詞を言うスコルピオ。
今週の選抜はラッキー・ハミィ・スティンガー・チャンプ・ショウロンポーの5人。
ショウロンポーが当たり前のように入っているのが意外。
普通最後の切り札というかしょっちゅう前線には出てこない印象があるから。
人々やモンドムヨインダベーを操る姿はまさにゾンビ。
エグゼイドの展開に追いついていれば2作連続でゾンビを見れたのかも。
ハミィの「き~た~こ~れ~」「きたこれ・・・ZZZ」が面白い。東映特有の悪人メイク。

例の回想シーンも明らかに。博士を襲ったように見せて実は解毒だった。
「兄の罪は俺の罪だ」と責任感強い。
最初にキュウレンジャーに選ばれたのはスティンガーと判明。
この後すぐスパイかな。チャンプかスパーダが入ってきた時にはいなかったようだし。

ナーガの眼にスティンガーの尻尾とそれぞれの特性を活かして作戦実行しているのが好き。
ここでも絡むスティンガーと小太郎が良いね。以前の会話が活きてる。
どうでもいいけど屋台のホットドックが気になる。
「出発前の大暴れだ!」と堂々の退場宣言。
チャンプも何時の間にやらスティンガーを相棒と認めてる。
これまでスティンガーに突っかかる時は私情を優先しているようようで我侭に見えたけど「肩を並べて戦うんだ。まずは形から入らねぇとな!」は大人の風格を見た。
ショウロンポーの「スティンガー、小太郎!行こうか!」でオッキューと応える小太郎が年相応で可愛い。

スコルピオとの直接対決はお預け。
今回で一度は戦うと思ったからちょっと意外。
マーダッコはスコルピオの部下になったのかな。

スティンガーとチャンプが抜け出す驚きのラスト。
小太郎含めて3人抜けたことになるから今後は8人で話を回すことに。
それでも例年の5~6人に比べれば十分多いけれど一気に3人もいなくなるとは思わなかった。
特にスティンガーは1人で抜けると思っていたからチャンプまでついていくとは。
8人ということでリュウテイキュウレンオーの数とピッタリだし今後は今ある8体のボイジャーが合体するのかも。

次回はガルがメインのエピソード。
最初の1クールはメンバー集めに新幹部登場とイベント回ばかりだったからようやく通常回が来た。
別れた今となってはいつスティンガーとチャンプ・小太郎が再集結するかが気になる。
今までは9人・11人が当たり前だったけど今後はフルメンバー揃うのがレアになるだろうし。
  1. 2017/05/08(月) 22:50:57|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キュウレンジャー第12話「11人の究極のオールスター」

前回のイカーゲンの映像を見て研究する一同。
自分が負けているシーンを大勢にみられるのはなかなか辛い。
ショウ・ロンポーは予知能力の発動する箇所をちゃんと見切っていたし「今はイカーゲンの事だけを考えてくれ」と指導者のような風格が。

ついにラッキーが選抜メンバーから外れる。
生まれつきアンラッキーなのも自覚していたようだしラッキーの掘り下げが続く。
星を襲われた経緯も実は~があって話広げたりするのかな。

イカーゲンと戦いはあくまで能力を見切るための戦い。
ハミィは一度消えたのに姿を現す意味は・・・
バランスとナーガが同時に出撃するのも久しぶり。
結果的に予知能力は無く10個の目で全体を見ていただけと判明。
VS作品に出てきそうなキュウレンジャーキュータマはここで消化。

イカーゲンとの再戦は最初から変身していたから同時変身ない?と不安だったけど変身解除して一安心。
ショウ・ロンポーはリュウコマンダー時代から攻撃が当たっていたけど、あれは久しぶりに戦う相手にイカーゲンが対処出来なかったということ?
「10人じゃダメだ!」って贅沢な台詞をwww
実際には10人一斉に襲い掛かる訳ではなく、3~4人が限界だからどのみち11人以上揃っても無理そうだけど。
復活したラッキーのフタゴキュータマでねずみ算式に増えるのは圧巻。
特オタ目線だとコピー×4、マッスル化×3のようなアイテム連続使用はパッと出てくるけどラッキー的には一度コピーしたフタゴキュータマをまたコピーできるかが運任せだったとか?

「お前の敵は宇宙の生きる全ての人!いや宇宙そのものだ!」

この手の反論はカーレンジャー理論や戦闘員入れて数十人だったのが1人になっただけ、と考えているけどラッキーの返しが熱い。
確かに宇宙全体を相手にしているんだから11人なんて少ない少ない。
11人揃っての変身で名乗り始めるけど1人1人は短いとはいえ流石に11人は長い。
もうVS並の人数での名乗りになってるし。

リュウテイキュウレンオーの見た目は好みだけどこの時点で全合体しないのが残念。
11体合体、9体合体なら分かるけど8体っていう中途半端な数字だし。
余っているのが人型のテンビン・ヘビツカイに空を飛べるワシだから、画面的な見た目は良いけれど。
余っているのがサソリやカメレオンのようなタイプだとなんか変に見えるし。

ラストはカローに昇進していたスコルピオ登場。
思ったよりも早い段階で幹部が退場していくしスコルピオとの決着も速かったりして。
今週も面白かったけど2話かけた割にはラッキーの復活劇があっさり気味に見えてしまった。
熱い台詞といい11人揃う展開といいシチュエーションは良いんだけれど。
  1. 2017/05/01(月) 22:51:27|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キュウレンジャー第11話「宇宙を救うキュータマ」

kyuuren11-1.jpg
OPに小太郎が加わり11人に。
付いているはずのラッキーがアンラッキーになるエピソード。
ジャークマターに支配された宇宙でも雑誌の発売や懸賞はあるらしい。
一番驚いたのはまるで懸賞に外れたことがないかのような発言w
占いもビリだしこの宇宙も1年周期だとしたら1年半に1回しかビリにならない確率だからアンラッキー。

いつもの出撃では無事にシシキュータマが。
先週の予告時点では選抜に選ばれないと思っていたからちょっと意外。
何気に皆勤賞だったハミィはお留守番。男性メンバーばかりだから戦隊では珍しい。
その代わり戦闘ではボロボロになるラッキー。
マーダッコも性格変わっていて生まれ変わる度に変わるとか。
何度かやられたら一周してあの性格になるのかもしれない。

戦いたい小太郎に対してスティンガーは兄の話を。
顔が序盤(悪い時)の貴虎で草。
最終的には敵のまま倒されるか新メンバーになるかのどちらかになりそう。










kyuuren11-2.jpg
今回はショウ・ロンポーがまともなリーダーとして名乗りをしているからカッコいい。
全員男かつレッド不在のまま5人名乗りは非常に珍しいね。
オールレッドとか色だけは男というのはあったけれど女性メンバーが2人もいて1人もいないし。
シンケンジャー終盤では男2・女3で性別逆転になりゴーカイチェンジ・トッキュウチェンジで男ピンクや女レッドが実現したりキョウリュウジャーではついに10人と
ここ5・6年で戦隊の常識というか当たり前だったことがどんどん変わっていくから変革を感じる。
今では6人目のヒーローや収拾アイテムが当たり前になっているように、そのうち男だけの名乗りや10人越えも当たり前になってくるのかも。










kyuuren11-3.jpg
ロボ戦はリュウテイオーに合体。
ドラマのあった小太郎にスティンガーと納得の面子。
予告見るに早速腕にくるボイジャーは交換するみたい。

最後は子供時代のラッキーが出てきてシシ座星の王子様?
子供の頃不幸だったから今をラッキー(運が良い)で過ごそうとしているのかな。
実は不運の星の元に生まれたりしていて画面外(仲間に見られないところ)では不幸な目にあっているのかもしれない。
「ラッキーが負けるとはな」ってここ最近は押されっぱなしだったような・・・










kyuuren11-4.jpg
そして次回はフルメンバーが揃ってロボットもなんだかとんでもないことに。
2度目の9人揃いが実現するよりも先に11人揃うとは思わなかった。
まだ1クール目でこれだし最終的には何人名乗りになるのか予想も付かない。

○極上空間
大和&ラッキーの2人がドライブ。
岐洲くんは本名じゃなくて芸名だった。キュウレンジャー(オリオン号)が夢に出てくるってよっぽどw
ボルタリング好きだからたまーにやってるけど上級者コースは難しすぎてクリアできない。
ゴール後は「(下を見て)こわっ!」って大空の王者!と名乗った後なのにw
VSより先に2人の同時変身ポーズを見れたのが収穫。

  1. 2017/04/25(火) 00:19:46|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する