特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

キュウレンジャー第30話「ヨッシャ!奇跡のキュータマ」

復活したドン・アルマゲは全員を一撃で倒す超パワー。
ツルギだけは持ちこたえるも2回喰らったら変身解除だからとにかく強い。
ラッキーは重症だけどオライオンもまた重症。
全員でラッキーを想うけどレッド持ち上げが好きな自分でも苦しい展開・・・
ガルあたりなら問題ないんだけど。










kyuuren30-1.jpg
ラッキーはしし座の生まれでオライオンの奥さんと子供もしし座とまさに運命を感じるめぐり合わせ。
せっかくだからこの名乗りにオライオンも入れて欲しかった。
シンケンブラウンもだけど名乗りの際はスーツと生身では参加有無の壁を感じる。
常にビーム砲が飛び交う中での乱戦状態。ジオノーシスの戦いを見ているようだ。
ドン・アルマゲの光線系攻撃は強力だけどパワー対決ならまだ分があるようでオウシブラック1人で持ちこたえている。










kyuuren30-2.jpg
そしてシシレッドオリオンへの変身。白なのにレッド。
サイコーキュータマがめちゃくちゃでかくて違和感ある。これまで掌サイズだったから余計に。
音声が神々しいく一瞬マスクオフになるのは王子様みたい。アンラッキー回の回想だと王族のような服を着ていたし。
これからはラッキー専用フォームになるからペガサスくらいは誰かに上げても良さそう。










kyuuren30-3.jpg
残ったフクショーグンを一撃で倒し常時コネクトを使っているような戦い方。
レッドバスターと良いこの手の瞬間移動系は燃える。
マント・ローブ系が好きだからジュウオウホエールに続き採用してくれて嬉しい。

極アームズに続きゲート・オブ・バビロンで一斉発射が燃える。名付けるならゲート・オブ・オリオン?
仲間の武器を召還して戦うのはどちらかと言うと平成ライダーがやる印象があるから戦隊でやるのは意外。
武器召還を使ってからの動きがよくてドン・アルマゲの攻撃をホウオウブレードでとめるのが好き。
また極アームズの話になっちゃうけどデュデュオンシュの攻撃をメロンディフェンダーで止めたのも好きだし強化フォームが盾を使うのが良いよね。
強くなると守り不要という考えもあるせいか、ちゃんと防御(盾)していて好印象。

最後はショウ・ロンポーとチャンプが残るまさかの展開。
チャンプ離脱にナーガ闇落ちもだけど人数が多いからこそ出来る展開。
2度もチャンプが外れるのは大塚さんが忙しいからかな。アニメ・吹替と大変だろうし。

当然これで終るはずも無く現代はそのまま。。
先週も考えていたけど過去に介入したも含めて本来の歴史かも。
ドン・アルマゲの影武者がいるか何度でも復活できてその度にアキャンバーたちを蘇らせていたか。
大魔王やロンのように封印するしかないという終り方は考えられそう。
ナーガはさすがに次の話で正気に戻りそう。ダークセイザブラスターの受注期間も終るし。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/18(月) 19:50:46|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュウレンジャー第29話「オリオン座、最強の戦士」

ラッキーが過去へ行くところからスタート。
合体できるロボが全部過去に行っているからナーガ救出組みの戦力が不安になる。
首の脈確認して生死確認なんて戦隊には珍しいシーン。帽子を外したスパーダは珍しい。
先週の予告だけ見るとオライオンが襲ってきたのかと思ったけどまさかのドン・アルマゲ。
ラッキーと同じく未来から来たドン・アルマゲではなくこの時代のドン・アルマゲ?

過去のフクショーグンの姿が微妙に違っていてこういうのはタイムスリップネタの醍醐味。
数で押されているとはいえタイヨウシシレッドが押される珍しいシーンも。
ボロボロなのに戦おうとしているツルギがラッキーに感化されている
けど命かけるって言っているスティンガーはガルと同様にラッキーのお供A・Bになってしまった感が・・・
初期の頃はラッキーと並んでもう1人の主役、裏主人公のようなポジションだったんだけど。

「過去を変えてしまうことになるがそれしかないな」

タイムスリップのお約束を破ることが多くて面白い。
誰か1人くらい「未来を変えてしまうからダメだ」とか言い出しそうなものだけど。
まさか過去でアキャンバー倒したから現代でもナーガが洗脳されていなかったということにはならないだろうけど。
過去に介入して倒すことも含めて本来の歴史かもしれないし。
だから過去でどうこうするより現代のドン・アルマゲを倒そうっていう流れになりそう。










kyuuren29-1.jpg
7人揃っての名乗りはダブルレッドが強調されていてカッコいい。
リュウコマンダー視点がシューティングゲームみたい。
ロボ戦で「竜に翼を得たる如し」でハッとしたけどリュウテイオーにワシボイジャーが合体したのは初めてかも。

「やったか?」なんて見事なまでのフラグ立てるけど貫通するとは思わなかった
ドン・アルマゲは等身大の人型の姿になって安心。ずっと巨大なままかと。
脳だから人間の知能を越える存在という意味かもしれない。










kyuuren29-2.jpg
そして次回、シシレッドがパワーアップ。
2年連続でレッドだけのパワーアップになりそう。
一応は使いまわせた超絶のような装甲系ではなくスーツ自体が変わっちゃってるし。
最近はやらなくなったけどゴーバスターズ・キョウリュウジャーのように中盤でラスボス戦やるような話になりそう。
  1. 2017/09/11(月) 22:50:22|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュウレンジャー第28話「怪盗BN団、解散…」

kyuuren28-1.jpg
ビルドが始ったのでスーパーヒーロータイムが一新して赤の戦士が3人も。
後に出てくるシシレッドのパワーアップが白だからか、ダブルレッド体制。
ホウオウソルジャーはブラウンのようにまだ使っていない色あるにも関わらず主役と同じ赤を採用したのは1人は赤を残したいからかな。
最近でもトッキュウジャー終盤で闇のトッキュウ1号ばかり出て最後にトッキュウ1号出てきた時は安心したし、やはり戦隊の顔は赤だから。

冒頭から別人のように変わってるナーガ。
ダークチェンジの怪しげな動きはハミィの名乗りみたいなクネクネした動き
連続スターチェンジが疾走感ある。
怪盗BN団の名乗りが切なく太もも刺されるのが痛そう・・・

エキドナは声までナーガなのかと焦ったけどガンダム00のマリナの人だった。
元々ナーガは感情を持つことに興味があったみたい。
復活するまでの間にそういった経緯も見せてくれるかも。
もしかしたらへびつかい座の人々事態、感情を持つのは危ないと感じながらも憧れているのかもしれないし。










kyuuren28-2.jpg
過去組ではドン・アルマゲ戦の映像が。
ドン・アルマゲがでかい。てっきり等身大サイズかと。
「確かに俺様はドン・アルマゲを倒している」と言いつつもこれだけじゃ影武者や幻としか・・・










kyuuren28-3.jpg
タイヨウシシレッドになってようやく本気になったように見えたし一緒にバランスもパワーアップするのが上手い。
バランスがタイヨウでパワーアップするのを忘れていたから唸った。
ナーガを元に戻す方法はアキャンバーの嘘かもしれないのによく信じる気になったなぁと思ったらやっぱり嘘。
身体を張ったバランスが良かっただけに悲惨すぎる。
ダークセイザブラスターの販促もあるしすぐには退場しないだろうとは思ったけどこれは切ない。










kyuuren28-4.jpg
分身してロボまで2体出てきて面白い使い方。
超スーパーヒーロー大戦もだけどフタゴキュータマが一番輝くのはロボ戦だね。










kyuuren28-5.jpg
その頃オリオン号が大惨事。
過去を変えて元に戻せるからこそのシーン。
チキュウ組よりも過去組のほうが強そうなメンバー揃っているにも関わらずやられているし強そう。
  1. 2017/09/04(月) 22:05:00|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュウレンジャー第27話「オリオン号でインダベーパニック!?」

ナーガが闇落ちするもセイザアターレはいる。
OPも変わるんじゃないかと思ったけどヘビツカイシルバー名義のままで変わらず。
ニンニンジャーでもキンジいなくなったらナレーションも変わったしサビの同時変身でナーガいないような遊び心があると面白かったんだけど。
映画の映像が何度も流れているけど見せ場であるチキュウのキュータマ化は隠してあるね。


事情を知っているツルギに司令官のショウロンポーがいるとどちらが年長者か分からなくなる
インダベー喋れたのかw
残業ばかりで休みももらえずブラック企業。
休暇を満喫している間に忍び込んでいて先週から繋がっているとは思わず。
ギャグシーンになっているけどかなり重大なミス。

ここまできて半総集編だと気付いた。
総集編はお正月にメンバー全員でやる印象があるから少人数なのは意外。
しかもナーガが敵に回ってストーリーが動き始めたところでやるから。
初期の頃のスパーダは今より声が低くて驚く。というか今が高すぎる。
小太郎が出てきた時は今よりもあどけない顔。どんどん成長してたくましい。
闇落ちした今となってはナーガの「お前心がない!俺でもわかる!」が切ない・・・

インダベー探しではスティンガーがギャグ要員。
アンドロメダは戦闘でも使えそう。
「どれも強力で敵は味見する暇もない」「調理器具は使いようだ」とスパーダらしい説明。
ペガサスは全然出てこないけど再登場はあるのだろうか。










kyuuren27-1.jpg
ダベーダベーの名乗りが豪華w
ドン・アルマゲは「調子に乗るな」と怒っているようにも見えるw










kyuuren27-2.jpg
「それがどうした?」と切り返すツルギがカッコよくラッキーの影響受けて変化しているなと分かる。
「お前たちなどチェンジする必要も無い!」「話聞けよ」は笑ったw
総集編には勿体無いくらい生の名乗りがよくてこれまでで一番好きかも、ってくらいカッコいいのにぎっくり腰で台無しw
OP歌詞が2番になっていて余裕たっぷりのツルギの動きに派手に動くスティンガーとスパーダのアクションが見応えある。榊原さんのキレが凄い。
いくら総集編シーンで変身後を映していたとはいえ変身後を出さないわけにもいかずツルギだけは変身して締め。

次回からは本筋に戻ってナーガ奪還へ。
次で正気に戻ることはなく後数週間はかかりそう。
  1. 2017/08/28(月) 23:58:39|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュウレンジャー第26話「闇の戦士、ヘビツカイメタル」

冒頭からロボ戦。
テンビンボイジャーの動きが活き活きしている。
最初にロボ戦持ってくる時点で後半に見所持ってくる構成なので期待がかかる。

過去に移動する前にBBQ。
夏だからちょうどいいネタ。キャストも楽しそう。
みんなが楽しんでいても自分は羽目を外さないショウ・ロンポーが偉い。










kyuuren26-1.jpg
アキャンバーとの戦いでの名乗りが斬新。
ツルギが姿が変わっていると言っているのは真実なのか植え付けられた記憶か何かで違いがあるのか。
へびつかい星の人々は感情が薄いのではなく閉じ込めているだけだった。
市民みんながナーガ顔はアデル雑コラを思い出す。










kyuuren26-2.jpg
「感情を取り戻せば・・・バランスが喜んでくれる」
「そんなこと誰も望んでない!」

闇落ちした姿を見た後ならまだしもこれは流石に酷いと思った。
敵と協力したのはヒーロー(キュウレンジャー)としては失格だけどナーガからすれば切実な問題だし自分で考えた結果がこれなら仕方ないというか。
こればかりはあまり攻められることでもないような気もする。
「本当は俺のことバカにしてたんだろ!」
以前から考えていたのか、感情豊かになった今回で咄嗟に出てきたかは分からないけどナーガなりに思うところはあったわけだし。

色は変わっても音声はジャイアンのままでヘビツカイメタルへ。
ヘビツカイダークでもダークヘビツカイシルバーでもなくメタル。
感情をテーマにした回だけあり役者だけを揃えたのが上手。
それぞれの表情を汲み取れるし変身時に下を向き続けているハミィは分かりやすい。

次回からはナーガ救出と過去組みで別れることに。
全員で過去行ったらすぐに倒した・倒してないの事情が判明しそうだから今回のナーガ闇落ちは本筋を進めすぎないためのサイドストーリーにも見える。
半分に分かれてもまだ従来の戦隊並みの人数だしこれこそが大人数の強み。
戦力としても合体できる組み合わせで残しているから上手い。










kyuuren26-3.jpg
次回はギャグ回?
最終回でやるような名乗りをこんなところでw




○CSMカイザギア
新作は順当に?カイザギアに決定!
今回も台詞たっぷりだろうし村上さんアフレコが嬉しい。

「よくないなぁ・・・こういうのは」
「お前、死にたいんだってなぁ!」
「真理はな・・・俺の母親になってくれるかもしれない女なんだ!」
「澤田、お前がどう変わろうとお前の罪は許されない」
「俺たちに帰る家なんてない!戦え三原!」

は入れて欲しいw
フナセンブログでも触れられているけどどこまでがカイザ「ギア」なのかを予想するのもカイザの日までの楽しみ。
予想としてはカイザドライバー本体だけとポインター・ショットのセットの2つがありそう。
最大の鬼門がカイザブレイガンだけどファイズアクセルのように後日受注になりそう。
ブレードまでつけるかどうかで金額変わってくるし。
ギャバンブレードが1万6千円のようだし持ち手部分+マイナー(サブライダー)税で2万5千~3万くらいしそう。
  1. 2017/08/21(月) 20:25:15|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する