特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ゴセイジャー最終話「地球を護るは天使の使命」

まあ最後くらいは


最初の3ヶ月くらいは書いていたわけだし。
予算全部ゴーカイ1話のレジェンド大戦に持っていかれるかななんて思いながら見ていたら
最初から名乗り+俳優の姿に天使の翼つけて変身。ゴセイジャーマーク出てきてから反転してタイトルはうまいなぁと。

CMでは事故の影響でショー中心のアナウンスが。
これは作品評価関係ないものだけど、いきなり青い画面が出てきて「ショーは中止になりました」はこええ。
しかもその後に本編始まるのはなんか怖い。



本編はブラジラ倒して天使に認められるというのは予想通り。
最後は望の記憶残しちゃうのかなと思ってたけど消すことなく地球で学び続けるということに。
Cパートにゴーカイ0話があるなんて話もあったけどやっぱガセか。
試写会行った人もそんな話聞いてないとい言っていたし。




というわけでゴセイジャーは終り。「ああ、終わったの」。これが見終わったときの素直な気持ち。

最初の頃は各種族間の仲が悪いのは見ていられなかったな。
「俺のコーヒーは?」「自分でいれれば?」とか何気ないところで酷い。
他にもここは素直に決めてよ、王道でいいでしょって話もわざと外してくるようなものが多かった。


終始奇跡頼みだったのもいただけない。「究極の奇跡を起こせ!」「奇跡の嵐」とか。
最終回に奇跡起こるのはなんとも思わないんだけどね。
特撮ヒーロー物は1年間ずっと戦って頑張ってきたんだから最後くらい奇跡が起こってもいいじゃないかという考えなもので。
ご褒美というかお礼というか最終回に奇跡起こる分は何とも思わないけど普通のエピソードで奇跡連発だしなぁ。


その奇跡であるスーパーゴセイジャー。これ弱くなるの早かった。
シンケンジャーの時は印籠丸使いまわしていたからパワーアップは1人。
毎回誰かしらパワーアップしていたから弱体化も遅く、まともに負けた回はラスボスであるドウコクだから仕方ない。
それに比べこちらは毎度毎度全員でパワーアップ。しかもほぼ必ず。
全員でパワーアップだとギンガの光とかスワットモードとかあったけどここまで弱くはなかったはず。
同じ脚本家であるマジレンジャーのレジェンドモードは案外早く弱体化来たけどね。(あれは敵も強すぎたのもあるけれど)

強化形態が負け始めてくるとノーマルで戦っているのがすごくだるく感じる。
キバが途中から常時エンペラーだったのはなかなか英断だったかもしれない。
戦隊はライダーの倍予算があるらしいけどその分宣伝が大変らしいからノーマルを出さないで常にスーパーってのは難しいんだろうね。



ゴセイナイトが入ってからはちょっとは面白くなったけど守るのは地球が人か、ってのはなんか曖昧にされた感じ。
今まで通り普通の地球人である人間が「明日を作れるのは人間だけ~」ならまだしも天使たちが言ってもあんま説得力ないしね。
このテーマは人間が挑むからこそ「確かに酷いところもあるけれど素晴らしいものもある」という王道テンプレで言い返せるけど天使じゃなぁ・・・
モネも地球に大量にある核兵器すら知らないみたいだったし。あっちで何を学んできたんですかと。
新組織が出てくるたびに突っ込まれてはそれらしいことを返していたけれど毎度毎度完全論破されてるし。

一応ゴセイジャー側につこうとした理由が望(人間)で見習い天使一同は別に関係ないという・・・
それが34話くらいだったかな。ゴセイジャーたちも説得していたけど、あれは説得じゃなくて洗脳だよ。


そもそも天使というのもいまいち分からなかったし。
昔から地球を守ってきた割には天の塔破壊されたら地球に来れませんって恥ずかしくないのか・・・
ゴセイ界の人々は天の塔以外に地球に来る手段を確保していなかったのかね。
今回は見習いであり変身できる5人がいたから良かったもののいなかったら乗っ取られていたし。



商業面でいうならディケイドに続き売れるはずだった?カードたち。
テンソウダーにはゴセイレッドのカードしか付かず残りはソフビかダイスオーで当てないといけない。
ディケイド特写を見たら

「これまでで一番高額なベルトになってしまいました。カードを減らして値段を下げるということもできたのですが、10人の仮面ライダーに変身できる、ということをアピールしたかったので~」

というわけでクウガ~ディケイドのカード投入だけどこっちはそれをやらなかったんだもんね。
半分の5人なんだから全部入れちゃえばいいのに。
ダイスオーもそんなヒットしているように見えないしもったいないところで滑っている気が。
そういえば俺も好きな絵柄のやつはショップで買ってるけどプレイ自体は一回もしたことないや。




この戦隊の目玉でもあった「敵組織の交代」
素直にこれはすごいと思った。ボウケンジャーのように3つ巴の戦いなどがあれど本当に組織が交代することはなかったし。
「確かにすごい。・・・で?」ってなってそれだけになったしまった印象が。
幽魔獣が最初出てきたときは本当に組織交代した、すげーなんて盛り上がったけどそこで終りで以降特に盛り上がることはなく・・・
マトリンティス帝国がやって来たときはオーレンジャー以来のマシン系か、と思っていたら拍子抜け。
特にロボゴーグがビーム失敗してブレドランに当たるのはどうかと思ったわ。
部下にも容赦がない上司をやりたかったんだろうけど自分のミスを棚に上げてただの八つ当たりにしか見えん。



各組織を転々と渡り歩いていたブレドラン。
当初はライバルだったデレプタを差し置いていつの間にかラスボスへ昇格。
ここまで生き残るなら天の塔を壊すのはこいつにしてアラタとライバル関係でも良かったのに。
実は護星天使でゴセイナイトの持ち主というのはうまいと思った。
ブレドランがラスボスとなったラスト5話は結構見れるレベルに。

最後は天使の翼を出して合体技も押し返すと気合を見せていたけど、途中まで(特にマトリンティス帝国)のやられっぷりを見るとすごい進化である。
ロボゴーグの声が小杉十郎太の時点でああこいつはやばいな、と思ったら案の定反旗を翻したしw
Vのアレクセイもだけど小杉さんが声やると見た目ラスボスっぽいけど実は小者、ってパターン結構多いww





悪いところばかり上げていてはキリがないのでいいところも。
役者陣は良かったね。アグリはカッコよかったしハイドの人は戦隊向いてる顔だし。
モネの人は最初から最後まで一般人臭がすごかったがw
アラタの人はちょっと自分には合わなかったかな。悪いけどちょっと無理。たまにマジメでそのギャップがかっこいいと思う時はあるけれど殆どはその逆だし。
エリの人はすごく可愛かったな。エリ役のさとう里香さんは結構テレビに出てるのに戦隊出演だから当時は意外に思った。


アクションは最初からかっこいい。
後半は全然やらなくなったけどゴセイレッドの剣を掲げるポーズが凄い好き。できればHDMもそれで立体化して欲しかった。
ロボットもかっこいい。
出番はほぼなかったけどハイパーデータスはあのギャップが好きだったからもっと活躍して欲しかったな。
最初と途中と楔止めるとこの3回くらいしか出番なかったはず。

ロボはこれまでのような全合体とかないのはさすがに文句来てるのかね。
毎年毎年G12やハオーみたいなの見せられてもあきるしたまにはこんなのもいい。
しかし玩具売り場を見ると例年より詰まれているような・・・
元となるゴセイグレートが売れないとヘッダーも売れようがないしね。
結構ゴセイナイト関連は売れている(詰まれてない)気がしたけどそこらへんどうなんだろ。



いいとこはこんなものかな、うん。
あ、後OPもいい。マジ・ゲキといいなぜかOPはいいんだよね
ラストには恒例の引継ぎ式も。

「先輩お疲れ様ーっすwwww」ポンポン
「なんだこいつ・・・」

みたいな前回に比べれば素直にハイタッチでかっこいい。
ちなみにシンケンジャーに続き「帰ってきたゴセイジャー」の制作が決まった模様。
思いのほかシンケンジャーが良かったから便乗するのかな。酷いことになりそうだけど。
まぁ内容はともかくVSと同じように放送が終わったヒーローに会えるのはいいことだ。
超全集はまたしても特別版に付属。せめて超全集は普通に売って欲しいな。最近戦隊の超全集ちょくちょく買ってるし。
ライダーだと内容覚えているんだけど戦隊はうろ覚えなのもあるから超全集で気軽にチェックできるのはありたがい。




というわけでゴセイジャーは終り。
戦隊はジュウレンジャーからずっと見てきたけれどその中で一番つまらなかった。
大学忙しいのもあったけど途中で特撮物の感想切るなんて初めてだよ。
ダイスオーあったのにも関らず売り上げ振るわなかったみたいだし、抜きだったらどんなものだったというのか。
2ちゃんで最初からアンチスレが本スレよりも多い作品なんて初めて見たよ。
それを基準にするのもあれだけど、その分つまらないと感じている人も多かったんだろう。
最初こそ「シンケンジャーの次だからハードルあげすぎ」なんて言われていたけど時間が経てばそんな意見もなくなり・・・



次は35周年記念作品、ゴーカイジャー。
既に期待がそちらに言っている方も多いのでは。
オーズ感想の最初にドロンチェンジャーどこ言ったかな?と探していたら見つからない。
母親に聞いたら俺が小4か5の時くらいに友達の子どもに上げたらしい。
確かに「上げてもいい?」といわれた記憶もあるようなないような・・・



今思うと究極合体大獣神を上げたのは惜しいことをした


今欲しくなってもすごく高いもんね。
仮に定価だとしても大獣神・ドラゴンシーザー・キングブラキオンを買わないといけないから2万5千円くらいするよ。
思い出せる限りだとドロンチェンジャー・無敵将軍・オーレンジャーロボ・レッドパンチャー・ビーコマンダーなどなど。
今振りかって見ると宝の山じゃないか・・・・・・
スポンサーサイト
  1. 2011/02/08(火) 13:50:58|
  2. ゴセイジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ゴセイジャー第12話「ミラクル・ゴセイヘッダー集結」

ついに本気を見せるときが来た幹部達。
なにやら作戦会議中のようだが。


そんなことはちっとも知らずにおしゃべり中のゴセイ5人。
「なんだかんだで連戦連勝だしね~」
どうやら途中経過は含まないようだ。
嫌な予感がしてきたぜ。この流れは私たちかなり強くなってるんだから→ボロ負けはゲキレンジャーでもあったな。
強くなってきたなーなんて雰囲気の時に理央様にボロクソにやられる3人。
ゲキに続きゴセイでもやってしまうというのか。今回脚本家は違うけどね。



戦闘パート開始。
デレプタとの1対1の戦いをするアラタだが当然適うわけもなくやられる。
残りの4人もドレイクを相手にするものの4対1でも呆気ない弱さ。
有頂天になっていただけで実力的は全然。それでも勝てると豪語し戦おうとするが謎の風がゴセイジャーたちを包み安全な場所へと運んでいく。


マスターヘッドが助けてくれたみたいだけどハイドまでもが「戦っていたら勝てた」などと抜かす始末。なんだかなぁ。
データスからバカバカとお仕置きされてしっかりと戦う理由などを向き合う面々。
みんな自己解決しちゃうんだけど毎週毎週「天使天使」言って未知なるカードの力を連発しているのに今更「地球の力~」はねーだろと。
地球を護っているのであって力を貰っているのとはまた別だと思うんだけどね。


そして再戦。悟ったくらいで急に埋まる実力さ。こういうの受け入れられないな。
デレプタに渾身の一撃を与えてドレイクは撃破。そして巨大ロボ戦へ。
しかし主題歌がBGMになっていたというのに全く燃えん・・・

ロボ戦では早くもデータスが苦戦。戦隊はロボの宣伝が大変とはいえ登場次の週でもう押されるとは。
全てのヘッダーたちを呼び寄せてハイパーゴセイグレートにチェンジ。
カードやロボのデザイン自体はカッコいいのだがいかせん多すぎてどれがいつ出てきたのか全く分からんよ。



これまでのキャラクター演出が酷くていきなりマジメ君になってもギャップが酷くてついていけないよ。
最初のアラタも「今の俺なら・・・!」は今までの変な気持ち悪さはなかったけれど、やっぱこれまでがこれまでだから「?」しか付かないし。
ギャップはあってもいいけどそれが魅力を感じない違和感だけのものだから受け入れられない。

で次回。予告の時点でもう駄目だ・・・
今日がマジメキャラで次からいきなりアホキャラに逆戻りって何なの。
あまりの変わりっぷりについていけない。

テーマ:天装戦隊ゴセイジャー - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2010/05/04(火) 16:10:53|
  2. ゴセイジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゴセイジャー第11話「スパーク・ランディックパワー」

朝から張り切った格好で出かけていくモネ。
彼氏・・・?と怪しんだ面々が後を追いかけるとそこにはチアガールとして入院中の女の子を励ますモネの姿が。
立派な事だけど開始1分だというのにチアダンスの痛さが半端じゃない・・・
だが確かに頑張って練習したのは伝わってくる。最後はちゃんと「しゅじゅつがんばってね」とメッセージ付きだし。



敵が襲ってきて女の子がいる病院も大変なことに。
迎え撃つ5人。ヘッダーを出して攻撃するけど何度見てもヘッダーは最初大きく見えた後の小ささがw
一番最初に見たときは「何て多きいんだ」だったのが実は銃口程度の大きさという。
電撃を操る敵に苦戦するが吸収・放電する胸に攻撃を当てて形勢逆転、と思いきや雷雲がやってきて復活するヨークババンガー。

強化されたようで1度目の戦いで敗北してしまい女の子がいる病院も電気が奪われてしまう。
非常電源までやられてしまい


「大丈夫です」
「え?」
「レッツ、チアダンスです」

もうここで駄目だと思ったわ・・・
「吸い取られるより沢山電気を起こせばいい」って街中の電気奪うような奴に1人動いた程度の電気で賄えるとは思えん。
なんか本当に踊りだすモネ。スーツアクターさん、仕事とはいえご苦労様です・・・
モネが踊っている間にいつまでも突っ立てないでアラタとアグリが攻撃しただけマシか。そこだけはカッコよかったし。
これでいつまでも手拍子してたら本当にどうしようもなくなるところだった。



ロボ戦ではデータス巨大化。すげえ、マジで毎回新ロボが出てきてやがる。なんかキャラも変わってる。
そういやデータスの声って宮田さんだってね。「ぼくらの」のモジはめっちゃ爽やかだったな。いい声だわ。


以上11話でした。いやぁ・・・もう、うん・・・。
Aパートはすごく良かったのにな。
電気を取られて手術が~ってのはベタだけど敵もなかなか倒れないし強化される、ボス自らお出ましと緊迫感あって面白かったのに。
一番頑張ったのは頑張って難しい手術を受けたミクちゃんと最後まで諦めなかった先生たちじゃねーか。

珍しくいい話かなー?と思ったらやっぱ途中で駄目になったし。
なぜこんなのしかできないのか。こんなんでも視聴率はいいらしいし。
子供たちはシンケンジャーよりはゴセイジャーの方が見やすいのかな?
普通特撮だと10話過ぎるのあっという間に感じるものだけどゴセイジャーはやけに長いな。
例年なら「もう5分の1か」が「まだ5分の1か」だし。
次回は一応シリアスな話っぽいけどどうなることやら。

テーマ:天装戦隊ゴセイジャー - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2010/05/01(土) 21:46:06|
  2. ゴセイジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゴセイジャー第10話「ハイドの相棒」

今年も相棒ネタ。


と言ってもゴーオン以来だけど。刑事物なんだろうけど俺見たことないや。
同じ刑事物でも踊る~は好きで今度の映画も楽しみなんだけどね。



また初っ端からバカをやっているスカイックの2人。もう駄目だこいつら。
ハイドは海へ行き花束を投げ込む。するとそこから怪人が。
怒りを露にするハイドはゴセイブルーへ変身。
単独で戦うものの吹っ飛ばされてしまう。仲間が助けに来ても連携などお構いなし。


結局取り逃がしてしまいハイドも怪我を。
治療も全部一人でやってしまうハイドにさすがに驚きを隠せない面々。
舞台は敵側へ。実は天の塔が破壊された時に今回の敵=クラスニーゴは既に地球侵略を始めていたらしい。
そこをハイドが止めに入るのだが適わず相棒であるマジスが同士討ち、ということで倒したはずだったのだが今回また出てきてしまった。


なんと本当に「さかなくん博士」がゴセイジャーに出演。
ハイドと色々お話を。ここにきてようやく復讐ではなく人や地球の為に戦うものだと分かったハイドはみんなが戦っている場へと赴く。
苦戦していた4人の中に飛び込み戦闘開始。ザコをバッタバッタと倒していき最後はクラスニーゴ。
締めは合体バズーカ。なんか久しぶりに見たような気もする。
ロボ戦ではまた新ユニット?本当に毎回毎回出てきているような・・・


ゴセイジャー第10話でした。一見すると見れる話にはなっている気がするけれど冷静に見れば突っ込み所多数。

前半ハイドが怒るところは「いつもとのハイドと違いますよ」ってのが露骨すぎる。
「実は天の塔破壊の裏でも戦いが」ってのは正直すごい発想だと思ったけど初期のハイドを見るにマジスが死んだことを全く引きずっていない。
見事なまでの後付である。ここまで後付けだと逆に気持ち良い気がするがw

とはいったものの、これまでの中じゃ一番面白かったかな。
確かに露骨な所や突っ込み所はある、ありはするがマシな方だよ。
例によって「マシ」であって決して良いわけではないのだが・・・

テーマ:天装戦隊ゴセイジャー - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2010/04/24(土) 23:09:18|
  2. ゴセイジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴセイジャー第9話「ガッチャ☆ゴセイガールズ」

4月なのに雪積もったぞwwww


北海道じゃあるまいしなんなんだwwww
地球温暖化とは一体なんだったのか?



でゴセイジャー。
モネは朝からランニングしちゃんとトレーニングしているがエリは朝食代わりにお菓子。
ゴセイジャーの何がすごいって開始数分で「今日も駄目か・・・」って伝わってくるところだよ。


ウォースターでは新しい女性怪人・イリアンが出現。声はゆかなさんか。
さすがにプリキュアやってた頃は出れなかっただろうけど終わってから何年も経つから出れるんだろうね。

そのまま世に出て男共を僕にすべく作戦開始。
駆けつけたアグリやハイドもあっという間に変身解除されてやられてしまう。
アラタも変身して応戦するも普通に強いイリアンであった。
エリとモネも対抗するものの当然?適うわけも無くあっけなくやられる。
吹っ飛ぶところのCGは変に力入ってたなw


結局男3人は連れて行かれるわけだが女性2人と望は無事。
エリの大丈夫~のくだりはさすがにイラッとくるな。
面白くなる為にスカイック族は犠牲になったのだ、なら分かるが面白くもないのに残念になるしかないスカイックの2人。


みんなが捉えられているところを見つけてさあ変身!と思ったらしたのはエリだけでモネは植物のカードを使ってエリを捕獲。
動けなくして自分だけ変身、敵と戦うことに。
ついに厄介払いされたか、と思ったら「無茶する人がいなくなっちゃうでしょ」だし。
もうなんだかなぁ・・・・・・

やっぱりというか当然というか画的に見れば2人でフィニッシュ決めたポーズが一番だったわけだ。
これは本編よりも予告で見た時の方がまだ「おお」ってなれるぞ。

ロボ戦ではまた新パーツというかアタッチメントというか。
マジでロボ戦はついていけない。
あんまりシンケンジャーシンケンジャー言うのもあれだけど、舵木や虎・牛などの折神を中心として話を進めていたシンケンジャーはすごかったな。
ロボ戦で出てきても違和感ないし舵木に至ってはその時に出てきたおじさんが終盤で大事な人物として出てくるわけだしね。
うん、やはりシンケンジャーはすごすぎた。

テーマ:天装戦隊ゴセイジャー - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2010/04/17(土) 14:39:19|
  2. ゴセイジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する