特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

11eyes最終話「闇夜の暁」

11eyes12-8.jpg
まだ戦いは終っていない



前回のバッドエンドから一転、11話冒頭に戻る。
どうも11話のアレは駆が劫の眼で見た未来。原作でもあそこまで先は見れねーよwww
しかしまぁ逆に「そうきたか」と関心してしまった。単にスタッフが美鈴エンドをやりたかっただけか。


今度は未来が変わりゆかは死なずにすんだが浚われてしまう。とはいえゆかの欠片を渡した行動は謎のまま。
駆と一緒にいたい→リーゼロッテなら叶えてくれる、ってことで欠片を上げたのか?
答えを見つけた駆の取った行動は自ら死ぬこと。
これにはビックリだ。さっさと黒騎士に倒してもらってた方が良かったという。


死んだと思っていたらなぜか生きている駆。あのクリスマスソングは嫌がらせかwwww
首を貫く雷切をゆかが消したらしい。明らかに刺さっていたような気もするがもう突っ込んじゃ駄目なんだろう。
ファンタズマゴリアのおかげでリーゼロッテもパワーダウン。
原作でも欠片を取られなければかなりの戦力になってはずだしな。



で本物の菊理登場。
栞は6つの世界全てを渡る事が出来て菊理に劫の眼について話していたらしい。
菊理だけに話していたのは他の欠片は当時まだ6・7歳程度で幼かったから。
駆の姉である菊理は当時20歳くらいだったんだよね。だから話したわけか。

だけど菊理は奈落落としを阻止するべく自らと欠片を持つ駆を貫き命を経つ。
今ここにいる菊理はアブラクサスそのものだった。
しかし欠片を持つ菊理世界の駆はゆか世界のゆかの力によりゆか世界へ飛ばされる。
多分ゆか世界の欠片を「持たない」駆と交換されちゃったんだろうな。
菊理はそれに気が付かずに別世界の何の力も持たない弟を・・・

栞も反省してるとか言ってもこりゃ酷い。
結局6つの世界の菊理は全員自ら命を落としているわけか。



ちなみに原作では~~

ゆか世界の菊理はアブラクサスではない自分の不思議な力に耐え切れず自殺。
駆は菊理世界から連れて来られたわけではなく最初からゆか世界に。

一方菊理世界の菊理、つまりアブラクサスを持っている菊理と劫の眼を持っている駆は施設に。
施設は怪しい研究所と繋がっていて日々劫の眼について実験される駆だったがそれに耐え切れず命を落としてしまう。
怒りと悲しみで我を忘れた菊理世界の菊理は研究所を破壊。その後記憶を失いフラフラしているところを「橘」家に拾われて皐月菊理から橘菊理に。
で赤い夜へと飛ばされて駆たちと合流。最後らへんで記憶を取り戻す。



ファンタズマゴリアの力が切れてゆかがリーゼロッテに連れ去られてしまう。
最後の戦いに望む駆たち。あの目にキスってすげえ痛そう。



11eyes12-1.jpg
11eyes12-2.jpg
菊理の鎖攻撃からの栞魔方陣がスピーディーでかっこいい。
しかしその攻撃も空しく散っていく。
アワリティアの援護・スペルビアの改心で少しは戦況が有利になったかと思いきや消滅する栞と菊理。


小烏丸を手放し「牡籥かけ闔す総光の門」が来たな。
最終回でやっとかよ。これ原作やってない人はナニコレだし発音も原作のがいいや。
最後の最後で童子斬がきたけれどあの反動が頭にまでくるとは。


アワリティアを封じたリーゼロッテが戻ってくる。
ガキっぽい主張かもしれんけど「やっと間違いに気付いたんだ」「自分の力で生きていたつもりでいた。でも違った」って台詞はいいな。
子供だな、ってそりゃお前の方・・・


11eyes12-3.jpg
これまた最後の最後でヴェラード。やっとこの立ち絵で来たよ。
ヴェラードの言うことも聞かず攻撃してくるリーゼロッテ。



11eyes12-4.jpg
ま さ か の W 鬼 牙 絶 刀!!

発音といい声の綺麗さといいキャラの魅力といいアニメ版では完全に操に分があるな。
「美鈴!」って名前で呼んだのも良かったし。
元々童子斬自体草壁7宝の中では最強。パワーバランス的に
童子斬>>>操の持つ2本>>>その他4本
って感じ出し、その2人が最強の剣を持ち最強の技を放つのだからいいね。


11eyes12-5.jpg
この瞬間移動は吹かざるを得ないwww
いくら予知しようが無理なものは無理だろwwwww


逃げようとするリーゼロッテを最後の力を振り絞ったアワリティアが押さえつける。
栞の欠片と劫の眼の力で時空の狭間へ飛ばされる。リーゼロッテの悲鳴とかも良かった。
声優さんってマイユアで雛子の代役を務めた人か。
ただW鬼牙絶刀を喰らって「うわー」は面白かったがw


11eyes12-6.jpg
11eyes12-7.jpg
リーゼロッテを倒して平和にはなった世界。
そこには賢久と雪子もいるが戦いの記憶はなく駆たちとも面識はない。
しかも誰の世界かも分からない状況。


劫の眼もまだその目に宿ったままで黒い月も消えてはいない。
戦いはまだ終っていない・・・?



以上、11eyesでした。
ひっどい原作レイプっぶりだったな。
1クールの時点でもう終わった、と思ったけれどこりゃ酷い。ここまでとは。

とはいえ最終回はまだ良かったかな。
突っ込みどころはあれど1話まるまる使ってバッドエンドを描く、ってのはなかなか斬新。
だたそれは2クールの番組で21話か22話目でやるべきことであって1クールの作品でやっちゃ駄目だよ。

牡籥かけ闔す総光の門や童子斬・W鬼牙絶刀・ヴェラード原作立ち絵などいいところはあったな。
菊理のクルッと回ってすぐさま鎖を出したのも良かったし。
中だるみがすごかった中盤でも駆と賢久がタッグを組んで戦おうとしたりとなかなか美味しいところはあったんだけどね。


いいところの反面酷いところは本当に酷いけれど。
たまにホラーやギャグっぽくなるところはともかくとして黒騎士が弱すぎる。
1クールだから早くやられるのは仕方ないかもしれないけどもうちょいやりようが・・・

ちなみに1話から菊理が怪しいオーラが出ていたけれどあれはアブラクサス菊理ってことでいいの?
だったら「悪魔を目覚めさせたのはあなたです」ってのを栞から聞いていたとすれば辻褄あうし。
1話といえば冒頭のシーンは最終回見るまですっかり忘れてたはw

酷いやられかただった黒騎士も最初から劫の眼について知っていたけれど、事情を知っているアワリティアと操から聞いたかな?
原作でも最初から知っている描写はなかっただけでもしかしたら知っていたかもしれないし、アニメ版はその事実を残りの4人に伝えた展開っていけば納得できるし。

最後の黒い月はリーゼロッテは狭間に飛ばされたけど生きてはいるからまだあのままというわけかな?
一緒に飛ばされたアワリティアはもう殺されているんだろうな。一番頑張っていて正義漢のはずなのにWEB漫画でもネタ要員扱いされている可哀想な人・・・



感想書いている時も何度か書いたけど無駄なことはせずに2クールで原作をそのまま再現してくれればBD買ったんだけどなー。
日常系とか動きが少ない奴をアニメ化しても感動?は少ないかもしれないけどバトルものをアニメ化するってのはでかいわけよ。
11eyesも当然バトルものなんだから迫力あるバトルを見てみたかった。

まともな戦闘シーンはOPだけじゃん。
原作CGや技も入ってたりとOP・EDだけが「原作をアニメ化しました」って感じだったな。

今度OVA出るらしいけどお色気特化型っぽいな。
それよりは原作のファンディスクに期待した方がいいな。
アニメ版に不満な方、原作やってみてください。XBOXでも出てるしPSPでも出るっぽいので。
確かに原作も厨2だけど、プレイ中はそんなことを考えないくらいかっこいいし面白いはずだから。


俺の11eyes熱も今年の1月下旬から2月上旬がピークだったようだな。
原作もやり終り興奮していたところでクロスオーバーのPV。あれはかっこよすぎた。
あのPVも第2弾のやつが良かったな。フルの曲はちょっと・・・


デミウルゴスも出てこなかったし原作やったことある人なら誰もが「やばくなったらかく、あれかしだろ」と思っていただろうケドそれもこない。
誰の世界かも分からないところに飛ばされたわけだし一応2期フラグは立ててるんだろうな。BD売れないだろうケド。
作り直して欲しいけど、それが出来る作品は遊戯王やKanonのような本当に人気の作品ばかりだし難しいだろうな。
そうすると深夜物・オタク向けのGunslinger Girlが2期出てきたのは以外かも。内容はともかく・・・
スポンサーサイト

テーマ:11eyes - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/12/23(水) 23:23:02|
  2. 11eyes
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

11eyes第11話「滅亡という選択」

11eyes11-1.jpg
気付けば今期1位2位を争う糞(ネタ)アニメに



ゆかのせいでリゼットがリーゼロッテとして目覚めてしまう。
やっぱり知らない人からすれば水銀灯に見えちゃうんだろうな。知ってても見えるけどw



11eyes11-7.jpg
劫の眼でゆかがやられる未来を視た駆は防ごうとするが雷切が壊されてしまう。
いかに未来を知っていても防げなければ意味はない。
攻撃を喰らったゆかは血を吐き欠片を出してしまう。これでリーゼロッテの欠片は3つ。


アワリティアからの攻撃により現実世界へと戻る駆と美鈴。
栞だけは防御して赤い夜へ残り戦うことを決意。
聖書目録同士で共闘するという奇妙なことになるが栞の欠片が奪われそうになったら自ら命を経つという。
アワリティアも最初で最後となる黒騎士側の真名開放。リーゼロッテへと挑む。


現実世界へと戻った駆たち。
ここらへん「世界」の括りがよく分からなかったんだよな。
原作だとそれぞれ6つの平行世界にいた欠片の持ち主たちが赤い夜へと集結。
1度目の赤い夜が終わったときにそれぞれの平行世界へと帰るのではなく、「赤い夜が発生する世界」に戻されるんだよね。
だから各正解には雪子の出身地であるドラスベニアがあったりなかったり、学校にいるはずの橘菊理がゆか(駆)の世界にいなかったりするなどの歪みがあったわけだ。


にも関わらずアニメ版は最初から全員が同じ世界にいて1度目の赤い夜終了後も同じ世界ぽかったのに戻されたのはゆかの世界・・・?
赤い夜の戦いではなぜか「喋る」方の菊理。つまり皐月菊理が参加しているけれど、これが皐月菊理の世界の菊理なのか。
やっとこさアブラクサスを召還してるけど、2人説が当たっていたらてっきり「かく、あれかし」状態だと思っていたけれどまだ喋れるだけでアブラクサスとは。



11eyes11-2.jpg
11eyes11-3.jpg
美鈴を抱く駆。
もう原作以前の問題だろwwwww
爆笑物だwwwww
「俺はゆかを裏切ったわけじゃない(笑)」「私たちの力で赤い夜への扉が開いた(笑)」
操の言葉が的確すぎるわwwwww


そんな爆笑シーンも一転。
対リーゼロッテ戦は欠片&黒騎士側の敗北で終わったという。
操の体を張った羽交い絞めも無駄に終わりアワリティアは戦死。
菊理は敗北。栞も自ら命を絶ったという。


「あのお方がいる世界など守る価値がない。いっそ滅びてしまえばいい・・・そうだ滅びてしまえ!」


ここにきてまさかのヤンデレだった操。こいつら本当に大丈夫かよwwww
赤い夜からはやられたはずのゆかがやってくる。
結果的にリーゼロッテが体と心を乗っ取った偽者だったわけだけど、実際は書ける言葉なんてねーよwww
にしてもごまちゃんいい味出してるわ~


11eyes11-4.jpg
目もこっちの方がいいわww


11eyes11-5.jpg
「そして2人は幸せに暮らしましたとさ」


11eyes11-6.jpg
「・・・違う!」

まだ終わってはいない!駆最後の反撃が。
雷切はなくなったけどまだ小烏丸と一度として使っていない童子斬りが残ってるんだよな。
童子斬りは一度も使わないで終わっちゃいそうだけど・・・


以上、第11話でした。同じ「11」どうしでこんな話になるとはww
気になったのは菊理が「敗北」したということ。
まだ死んではいない・・・?
次で最終回っぽいけどもう「かく、あれかし」以外収拾付かないじゃん。
バッドエンドにするなら話は別だけど。

OPの時点で既に「伊藤誠」の文字はあったけど突っ込む人減ったからもう「nice boat」とかそうゆうのは受けないんだなー、と思ったらこのありさまだよww

テーマ:11eyes - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/12/17(木) 21:15:52|
  2. 11eyes
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

11eyes第10話「魔女覚醒」

11eyes10-1.jpg
アワリティアの腕>>>雪子死に物狂いの攻撃


雪子は賢久の件で完全にダウン。
まさか原作でも最大の見せ場と言っても差し控えないシーンをスルーしきるとは思わなかった。
「忘却の剣(つるぎ)」が流れなくともやるとは思ってたんだが。
あれは最初の頃に炎の中で向かい合っていた賢久と雪子で終わりってことを既に示していたのか?
俺はてっきり「あの時も周りはこんな炎でしたね」みたいな感じだと思ってたけど悪い方へと言ってしまった。
BGMでは流れてたけど何人気付くんだよ・・・
そもそもBGMじゃなくてきちっとやれwww



栞によって全ての真実を聞かされた駆たち。
操に聞かされるか栞に聞かされるかの違いだけど原作と違って美鈴が発狂して絶望しないだけまだアニメ版のがマシか。
それでもところどころ堕落した感が漂っている。


完全にやばくなっているゆか。
美鈴の中に入れたのは剃刀か・・・?それを見た美鈴もよく冷静でいられるな。
俺だったら思わず落としちゃうよ。


下着姿になってせまってくるゆか。
予告見たときはついにファンタズマゴリア発動か!?と思ったが違ったか。
栞の「寝てあげなさい」が冷静すぎるw

栞の話は続き過去の話に。
久しぶりに出てきたヴェラードとリーゼロッテ。ゆかのこの症状はやっぱ「嫉妬」から来てるんだろうな。
駆の力を見極めた栞は戦うことを決意。さすがに原作でも「唐突すぎるな」って思ってたからアニメ版でもそれは変わらず。
栞自体7人目の存在だから原作でも時間かけようがないしな。OPで既に分かっていたとはいえ開き直って本編でバシバシ伏線匂わすこともできないしな。



ゆかが疲れたので寝かせて菊理と会話。
「悪魔を~」の件で謝っているけどあれって答え出たわけじゃないでしょ。
普通もっと聞くべきことあるんだけどまたまたスルー。



11eyes10-2.jpg
精神的に追い詰められた美鈴は駆を求める。
原作でもまぁこんな感じか。操に完敗してボロボロになって駆と、って流れだし。
そんなことよりも部屋に戻った後のゆかに対する挑発が酷いwww


再び赤い夜が襲ってくる。
Bパートに来るのだけはなんとかならんのか。
ここがいつでもできるゲームと放送時間が決まってるアニメとの差だよな。
アニメは盛り上がりがBパートだから当然Bパートに赤い夜を持ってくるのが正しいんだろうけど完全にワンパターン。


実はゆかが作った幻だった菊理。
前々から2人説はあったけどマジだったか。
そっちの方がまだ謎もあるし最後の踏ん張りもきくからいいか。


11eyes10-3.jpg
顔なんとかならんのかwww

1人戦い続けていた雪子も最後はあっけない終わりを迎える。
「お前は再生できるんだな」って台詞の後には「私の攻撃では再生は無理だ」的な説明が入るかと思いきやそのまま欠片を取り出す。
原作だと雪子はすぐに再生するから意味のある台詞に思えるけど、アニメだと回復遅いもんね。
2話とか見るとあんな怪我に随分時間かかってるし。


ラストはゆかが来てて欠片をリゼットに渡してしまう。
ここらへん訳分かんねぇ行動だな。原作にもないとかそれ以前の問題で。


以上10話でした。
悪夢の果てに答えはなかったのかww
  1. 2009/12/17(木) 19:39:41|
  2. 11eyes
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11eyes第9話「壊れた絆」

11eyes9-1.jpg
赤い夜の入り方・終わり方は良かった


突如現れたスペルビアに対抗してメガネを外す雪子。このくらい近いと目が明らかに変わって分かるんだけど7話みたいに目が可愛いままの時もあるしどうなってんだか。
彩子先生が殺されて激怒する賢久は現実世界にも関わらずパイロキネシスを発生させる。

前回ラストに駆の前に現れた栞は攻撃を仕掛けてくる。
劫の眼の力を使った交わすまではいいけれど掴んで壊すのはどうなんだww
賢久と戦っているはずのスペルビアが駆らの前に。
俺はてっきりアワリティアが来るのかと思ったよw
「お前は水晶守ってろよww」って突っ込んでやろうと想ったのに当てが外れたぜww


スペルビアは美鈴と戦いたいようで駆に直接的な攻撃はしかけてこない。
草壁の者にしか分からないであろうオーラを使い美鈴を呼び出す。
駆が無傷なところを見るに本当に攻撃しなかったみたいだな。
雷切りを受け取って戦闘かと思われたが過去に敗れた黒騎士4体が復活。
再生体だから弱いんだろうけど4体もいれば普通に強いだろう。



11eyes9-3.jpg
栞によって駆がピンチであると知らされるが今の駆なら大丈夫と知った途端他のメンバーのことなど知ったことはなくお茶を始める始末。
この淡々としている目がやばいな。本当に駆以外はどうでもいいような感じになっている。


その駆たち以外の面々はというと――
雪子は賢久のもとへ。明らかに幻っぽく雪子も感づいており賢久に伝えるが無駄。
既に賢久も幻だと分かっていたのだから。
それでも今まで育ててくれた彩子先生への思いから怒りをぶつけずにはいられない。
押されきれなくなった自分を殺せ、と賢久。感動のシーンのはずなんだが笑いがこみ上げてくるのはなぜだ・・・


待った回がありようやく菊理が現れて鎖で援護攻撃。
火車切りと長光で突っ込むものの鎖ごと火車を折られてしまう。
ヤケクソのように長光を投げてこれも壊される。
これ原作でも投げて壊されたんだっけ?なんだかよく訳の分からない内に壊されてる記憶しかないわw


11eyes9-2.jpg
復活した4体の黒騎士を倒した駆が駆けつける。
何気に原作は再現してるシーンだな。違うのは眼の痛みがこないくらいか。
驚いた操は撤退。これまたすごい美人でった。作中一番綺麗でかわいいね。
EDや原作だとおばさんっぽhfぐあsふぃあうfか




でCパート。
全身が血でべっとりの雪子が戻ってきて賢久を殺したと告白する。
あまりのショックに呆然とする一同だったがゆかだけはなんとも思わないのであった。


以上9話でした。
ゆかのアレっぷりがついにあの世界を作る次回。めっちゃ早いな>展開
雪子VS賢久はやってくれるのかね。それをAパートでやってBパートは真実を聞いてファンタズマゴリアで終わり。
11話Aパートで帰還してBパートで各戦いに挑み最終話Aパートでそれぞれの戦いに決着。Bパートで「かくあれかし」ってところか。

テーマ:11eyes - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/12/05(土) 12:10:32|
  2. 11eyes
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11eyes第8話「逢魔が時」

11eyes8-1.jpg
一体どこへ向かっているのか・・・


ファンタズマゴリアを使った影響からダウンしてしまうゆか。
他の面々も赤い夜から帰還したので体を休めている。
雪子は戦いの中で駆を傷つけてしまったことを気にしている。あれって劫の眼で回避できないのか。
敵に対してしか発動できないからまさか来ると思わなくてそっちには集中してなかったんだろうな。
雪子の過去が出てくるけど賢久の世界ではドラスベニアあったのかね?
そもそも赤い夜が発生する前から全員が一つの世界に居るという矛盾が生まれているわけだが・・・




11eyes8-2.jpg
そんな中美鈴に呼ばれる駆。
既にスペルビア=操だと悟っている美鈴。1話の時点でなんとなく分かっていた美鈴だけれどここにきて確信に。
てかリーゼロッテと会っただけで黒幕って想ってる当たりどんだけすごいんだと。
美鈴に血を飲むように言われる駆。
原作やっていない人に説明しておくと、草壁の血というのは協力でそれが体に流れているだけで常人を遥かに超える驚異的な身体能力を得ることが出来る。
本来なら草壁の一族が生まれ持ってくるものだけれど、駆のように後から摂取することもできなくはない。
その変わり物凄い激痛に襲われて倒れる位の反動がある。さすがに時間がないから激痛に関してはカットされたみたい。これはしゃぁないな。



11eyes8-3.jpg
11eyes8-4.jpg
最早ネタである。


11eyes8-5.jpg
11eyes8-6.jpg
久々登場の匡。このやりとりは面白かったわww
ホント、2クールだったらこうゆうので1話丸まる使ってもいいんだけどなぁ。



11eyes8-7.jpg
日が変わってないところを見るとアニメ版は特に激痛とかがないようでもう特訓を開始している。
止めの一撃を入れるのは酷いな。剣落として顔に竹刀向けて終わりでいいだろうに・・・
とまぁこんな感じで草壁の血を取り入れた一般人でもここまで強くなれる。
駆の場合劫の眼フル稼働のせいもあったけどかなり体も動くようになるね。



11eyes8-8.jpg
11eyes8-9.jpg
これはやばい!

原作を超えるヤンデレ。原作も言う程ヤンデレっぽくなかったというか独占欲が強かっただけみたいな感じだったけどアニメはすごいな。
もっとも最近のアニメはヤンデレはヤンデレで受けるみたいだから特化してる感があるけどこれはやばい。
これ血舐めたからゆかもパワーアップするんじゃね?w
ごまちゃんのキャラって妹系が殆どだけれどこうゆうヤンデレもやるとは。



11eyes8-10.jpg
アニメ版は賢久・雪子で締めて欲しい。
なんか一緒にドライブ行こうとかすげえやばいフラグ出してるんだが・・・
一緒に焼肉に行こう、と思い彩子先生がいる保健室へ。
嫌な予感しかしない。いいか、やめろよ。やばい状況には・・・



11eyes8-11.jpg
ぎゃああああああああああああああああ

原作より酷い殺し方だ・・・
これ明らかに即死だろうに。原作はまだお別れの時間があっただけマシだな。
そもそもなぜ現実の世界で操がスペルビアの姿のまま出てきているのか?
ここもまた明らかに原作と違うし気になるところだなぁ。

テーマ:11eyes - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/12/03(木) 22:35:19|
  2. 11eyes
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する