特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

オールライダーVS大ショッカー

allrider1.jpg
レンタル出てたので借りてきた。
内容があんなんでもすごい人気だね。借りるまで1週間くらいかかったよ。




allrider2.jpg
最初のライダーバトルはVSアマゾンと。
テレビ版とは別世界と見て良いんだろうね。
何気にやられるディケイド響鬼。
第1話以来の変身だったというのになのともあっけない退場であった。


allrider4.jpg
2戦目はRX。いきなり昭和最強とは。
こっちも同様にTV版とは別世界だろうね。アマゾンもだけど繋がってたら「士、これは一体どういうことだ!?」みたいな会話が入ってもおかしくないし。
ディケイドはカブトに変身!やっぱカブトはいいわ
強い!速い!そしてかっこいい!



allrider5.jpg
allrider6.jpg
倒す瞬間はRXを蹴り飛ばす瞬間に放ったポインターで動きを制限。
そこにクリムゾンシュマッシュを打ち込むというもの。
カブトを追い詰めたときにそのままゲル化してればポインターも平気だったんだろうけど解除してしまったのが敗因か。



allrider7.jpg
その後も続くライダーの戦いは平成側が優勢。
なぜイクサが出ていたのか不思議でならない。
最終的に勝ち残った6人が3・3でチームを組んで激突。
敵ライダーはV3・スーパー1・ブラック。
当時も思ったけど「ブイスリャアア」が狙いすぎ。


allrider8.jpg
やはり反則級の攻撃である>トリプルファイナルアタックライド
ナルトとかでも「螺旋丸使ったまま影分身しろよwww」って突っ込んだことあったけどそれと同じ事やってやがるww



allrider9.jpg
まともに見ていたのは戦闘シーンくらいなものでドラマパートはパス。
見てられんよ。時間の無駄なのは分かっているし。
だが「命ある限り戦う。それが仮面ライダーだろ」はいいな。
ドラマパート屈指の名台詞&名シーンだな。


allrider10.jpg
王蛇・キックホッパーに対してリベンジマッチ。
ここらへんはいい組み合わせだな。



「大ショッカーは俺が潰す!」

散々言われていることだがもうちょい士の葛藤描けなかったのか。
確かにこれじゃあ最初のライダーバトルいらんからドラマパートに回して欲しかったわ。



allrider11.jpg
allrider12.jpg
2人が「行くぞ」っていうのはいいね。
やはり少人数で大群に突っ込むのはカッコよすぎる!



allrider13.jpg
全仮面ライダー集結!!

ただしクウガは除く。(展開的に仕方ないとは分かっていても悲しすぎる)


allrider14.jpg
allrider15.jpg
allrider16.jpg
allrider17.jpg
allrider18.jpg
allrider20.jpg
allrider21.jpg
allrider19.jpg
BGMといい演出といい最高に気を使っているな。
特にBGMが好きでこれのためにサントラ借りてきたなー。


allrider22.jpg
すぐに泥がついて目立っちゃうあたりやっぱ昭和っぽい。
てか平成のスーツだと特写とかで見ないと汚れやダメージ分かんないからなぁ。



allrider23.jpg
ここでもかっこいいカブト!
もう惚れるわ~



allrider24.jpg
公開同時は攻撃を受けたのは1・2号だけでカブトはクナイガンでギリギリ防御。RXは切りまくって突っ込んだものだと思っていたけれどカブトもダメージ受けてたのね。
冷静に考えてみれば初代1・2号に昭和・平成最強のRXとカブトの4人が一緒に戦うってとんでもないくらい豪華な図だよな。



allrider26.jpg
続いて対イカデビル。
ファイズの「ピシッ」は流れが美しいから静止画やフィギュアにしたらカッコワルイと思ったけどそんなことはなかったぜ。



allrider27.jpg
今回の映画でも大活躍?のモモタロスだけど超電王第2弾はいつやることやら。
もう春にやっちまいなよ。



allrider28.jpg
ライジングアルティメット登場。
体はダサいがマスクだけ見たら案外良かったり。


allrider29.jpg
allrider30.jpg
allrider31.jpg
allrider32.jpg
allrider33.jpg
allrider35.jpg
allrider36.jpg
allrider37.jpg
allrider38.jpg

こりゃかっこいい!
何気に2人で「変身!」って言ったのはこれが最初で最後なんだよな。クウガの世界でも別々に変身してたし。



allrider39.jpg
だがここまでが頂点。
この相手を束縛する光線あたりが昭和っぽい。最近だと戦隊でもなかなか見ないね。
「シャドームーンのデザインは今でも通用するくらいかっこいい」ってのはよく見るけど俺は全くそう思わんな・・・
なんか上半身が丸いし下半身がトゲトゲしててアンバランスというか・・・
上半身やマスクもトゲトゲにしてくれた方が好みのデザインだな。

RXって作品自体昭和と平成にやってたやつだからすごい中途半端な時期にやってたんだよな。
だからデザインも中途半端に見えちゃうよ。
少なくとも平成ライダー大好きの俺からしたらとても平成に通用するデザインだとは思えない。
昭和ライダーで本気でかっこいいと思うのはスーパー1くらいか。



allrider40.jpg
ダブル参戦!
当時は「メモリ音声2度も鳴らすなよ」って思ったけど今ではすっかり慣れてしまった。
ちなみにシャドームーンがボロクソにやられた理由はなんとかアイでダブルをサーチしてなかったからだそうだ。
最初のトーナメントでディケイド・クウガの動きを研究したからさっきまで圧倒していたらしいんだけどいきなり現れたダブルにはそれができなかったから負けたらしい。
もうなんだそりゃと。研究して勝つのは当たり前だろ。ぶっつけで本番であそこまで押されるとか・・・
これ研究してなかったらディケイドも普通に勝ってたんだろうな。
冬映画見ても強さはディケイド=ダブルになっていたし。



allrider41.jpg
もはやいじめの領域に達しているオールライダーキック。さすがに同情に値する。



allrider42.jpg
allrider43.jpg
allrider48.jpg
allrider49.jpg
allrider50.jpg
必殺のファイナルカメンアタックフォームライド!
これは数少ない劇場版サプライズだな。



allrider51.jpg
それぞれの世界に去っていくライダーたち。
こん中でTV版から来たのはどれくらいいるだろうか?
アギトは多分TVっぽい。RXはディケイド版のかな?電王は超の方だろうし。
1・2号その他は声からして違う。カブトも天の道はやってたけど、天道は敵が爆発する瞬間に天の道やんないしな。


そして初代1・2号の背中からただよう哀愁がすごいな。
これは平成ライダーには出せん。


allrider52.jpg
小夜の子はやっぱ好きだな。可愛いし。
ED流れてるけど音ちっちぇえな。冬映画もそうだけどある程度大きくしてくれないと「主題歌」としての存在感薄いよね。
ただでさえ夏・冬の映画終わった後「これは酷い・・・」で放心状態、歌なんてあんま耳に入ってこないんだし。


そんなこんなで夏映画でした。
やっぱりネタバレしすぎたのはよくないな。
今見てもオールライダー終結のシーンはあまりのかっこよさにニヤニヤしてしまうw
後はDC版でどこまで追加されてるかな。
時期的にDC版4月くらいだろうけど冬映画はいつリリースだ?あれも4・5月くらいに来そうだ。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/16(土) 12:42:47|
  2. 仮面ライダーディケイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ダブル&ディケイド ムービー対戦2010感想

dhikeidohuyu1.jpg
やはり映像だけの映画だったか
脚本家の実力も三条氏>>>米村とはっきりした作品でもあった




映画館に行ってびっくりしたのがとんでもないワンピースの行列があるということ。
これのせいで9時の回が駄目で次の11時も駄目。結果的に13時からに。
第0巻が貰えるってのは知ってたけどこれってジャンプに乗ってたでしょ。
ワンピースは興味ないから人気の程は分からなかったけどまさかここまでとは・・・



散々時間を潰して本編。
3部作構成なのでまずはディケイドから。
白倉のインタビューだと「テレビ版最終回は1話冒頭に繋がっているんですよ」なんてトチ狂った訳の分からんことを言っていたがすぐにそれを否定する「完結編」の文字。
これまでの仮面ライダーディケイド、で「今から僕の仲間があなたを倒します!」「でぃけいどー」の場面も。
まぁBPOからも怒られ(正確にはテレ朝にだけど)多分上司からも怒られ散々やっちまったから今更認めるわけにもいかず強引に突き進むしかなかったのだろう多分。


最初のスカイライダーを追尾するカードはよかったな。予告で見たときはなんだこれ?と思ったけれどこうゆうことか。
スカイをケタロスのごとく爆死させた後のクロックアップでスーパー1翻弄・唯一ついてこられるカブトをインビジブルで姿を消して連続でFARって流れは良かったな。
それ以上におまけでやられたスーパー1が悲惨すぎるが。まだ必死に追尾性能を現代のフルCGを使って交わし続けたスカイライダーのが扱い良かったじゃないか。


カブトの角が折れたのは衝撃的だったな。
衝撃的といえばJ。あれは夏に海東が出したのとはまた別世界のJかな。
ディケイドもこれまでは主役ライダーのしか使えなかったけれどサブライダーのも使えるように。
ギガントにサイドバッシャーと対巨大戦のカードを連発。他にもジェットスライガーやデンライナーなどもあるな。
なんだかよく訳の分からない間にやられてしまったJ。


その後にタックルが出てくるけど凄まじいまでの映画館内の冷たさ・・・
蜂女といい誰得だよ。すぐに出番なくなるしこんなのいれるくらいだったら本筋のストーリーに力入れろと。
夏はまだ分かるが今回は別にショッカーはいいだろ。いつまで昭和の敵に固執してるんだよ。
タックルの子も公式HP見てみたら可愛いのにとんだ外れクジを引いちゃったな。
事務所の所属俳優・女優を見てみたら睦月や小夜もいたり。


続いて龍騎とブレイドとの戦い。
ブレイド編はあんまカード使った戦いしなかったしせっかくカードライダーが相手なんだから派手なカードバトルを展開して欲しかったところだけど呆気なく決着。
エンドクレジット見る限り剣崎が声の出演しているらしいけどどうもここだな。こんなやられやくの出演なんて嫌だ・・・
剣崎の人は今中国だか韓国に旅に出てるようだし俳優としてもどうするのかね。5年立って当時より演技酷かったしな。


最後に残ったライダーはついにユウスケ1人に。
マイティ→アルティメット赤目→アルティメット黒目に。
最初赤目だった時はビビったけど黒目で安心。
散々な作品にしてしまった製作側だけど、最後の最後まで「赤目は五代雄輔だけのもの」を守ってくれたことだけは評価できる。


2話で押され気味だったアルティメットも今回は互角の戦いを繰り広げるも後半で追い詰められる。
アルティメットゴウラムに変わってディケイドごと工場に特攻しようとするものの寸前のところで脱出される。
クウガまでカードにされ全てのライダーがカードに。
厳密に言えばリ・イマジネの世界・テレビ版の世界・テレビ版を元にした劇場版の世界・オールライダー集結の際の各ライダーの世界と1つのライダーに対していくつも世界があるはずだけど少なくともここでいう全てのライダーというのは、主役のカードを24枚ゲットすることらしいな。
もしかしたらダブりもあるのかもしれない。


夏海も仮面ライダーキバーラとなって戦う。
明らかに戦う気ない士だし予告でコンプリートを圧倒していた程の強さもないな。
士が戦ってた理由もしょぼいし結果として各世界にライダーたちが戻るけどなんだかねぇ。
隣の席に座っていた腐女子でさえ「はぁ・・・」と溜息をつく始末。



士の復活シーンもあれは本気で感動すると思って作っているのか?
全体的に「やっちまった感」が強いのにさらにやっちまったぞ・・・
ついさっきまで敵対していたユウスケが180度性格変わって戻ってくるのはどうなんだ。
クウガ世界にいたのにダブル世界に来たのはもう突っ込まん。
タクミ以外のライダーも出てきたけれどショウイチの昇進っぷりが半端ねえwwwww
あの服ってかなり偉くないと着られないだろwww


スーパーショッカーとの戦いで4人同時返信!
アングルも凝ってて良かった。夏海が変身する時にキバーラも変身、っていうのは1回目だからっていう演出じゃなくてもう確定なのね。

笑いのツボはどうかと思った。もっとマジメにやってくれよ。数少ない
スーパーショッカーの中にゴオマ究極体がいるんだからクウガと戦わせて欲しかったな。
こうゆうところで過去の戦いを再現できないのが悲しい。

一通り倒した後で現れるドラス。やはり色が変だった食玩よりも圧倒的にかっこいいな。
昭和でもこうゆうカッコイイ怪人だったら大歓迎なんだけれど蜂女だったりスーパー死神博士だったりなぜか敵視しているショッカー幹部の鳴滝。


「ディケイド。世界を・・・救ってくれ・・・!」

あれは一体なんだったというのだ・・・


駆けつけた平成ライダーたちと共にドラスに挑むもまだ勝てない。
ディケイドがコンプリートになるのと同時に次々と最強フォームの電子音声が流れて最強形態に。
ちゃんと「ライジング」と「スーパークライマックス」が入っているのもいいね。
クウガの場合は「ライジングアルティメット」って言った方が良かったけど。


こっからはまさに予告そのまんまで全体ライダーで集中攻撃!
最後の最後までドラゴンファイヤーストームをやらせてもらえない龍騎サバイブであった。
クウガも必殺技はキックで良かったのに。コンプリーともゲームと同じ紋章キックをここでやらずいつやるのかと。
それでも最終回のやっつけキックに比べりゃマシだが。


これだけでは終わらず復活したのはドラスだけではない。
クライシス要塞となんかでかい象みたいなロボ。ショッカーなのにクライシスって・・・
吹っ飛ばされてガシャン!
さすがに子供たちからも「また終わり?」などと不満が。



続いてビギンズナイト。
パンフインタビューでは「今回の映画はディケイド最終回からダブルが始まる前の日までの出来事なんですよね」とか言ってるけどだったらなぜクリスマスをやっているんだ・・・
本当に何も考えずに思ったことをそのまま口にしてるような感じだな。



死者が蘇っていることで風都を騒がしていてそれは先週もラジオにメールでくるほど。
姉妹で歌手をやっていた妹の方から「姉が生き返ったみたいだから調べて欲しい」と依頼が。
操作中にさっそくおやっさん=スカルとバトル。
翔太郎は混乱しているけれどフィリップは冷静。スカルがマキシマムドライブした時に亜樹子がいるにも関わらず撃ったのが後々のヒントになってたんだよな。


で語られるビギンズナイト。
これ見る限り翔太郎の非がすごいな。
おやっさんの戦闘もなかなかのもの。スカルそのものには魅力を感じなかったけれど40代の人からすれば嬉しいんだろうね。
俺も数十年したり共感できるようになるのかな?


おやっさんの言葉から察するに依頼人からドライバーを預けられるよりも前からスカルのメモリを持っていたんだろうな。
フィリップの「銃を作る人間は悪くない。使う人間が悪い。ガイアメモリも同じ」って台詞はおかしいだろ。
まだ銃は人によってよくなる余地があるがメモリはほぼ100%悪い方にしか使われないしそれを知ってて作ってるんだから。


物語はそのまま1話冒頭へ繋がる。
もちろん台詞とかも追加されているけれど。あの時点で帽子を上げたのは当時「狙いすぎ」って思ったけど振り返ってみるとそんなことはないわけだ。
カッコイイ変身を映画館のスクリーンで見れたのは満足だけど、第1話からの謎だった「その気になれば2人は心だけではなく体も一つにできる?」ってのがあった。
だけどあの絶体絶命のピンチでもフィリップの体はあったからやっぱ通常のメモリを使った変身ではフィリップの魂は抜けちゃうのね。


例年だと最強形態のお披露目だけど(今となってはカブトまでだったが)今回は中間形態が。
ファングは他の半身と違ってジョーカーだけしか適合できないみたい。
これはカッコよかったな。翔太郎も変身したかと思いきや今度は違う人間の体に意識が飛ぶんだから大変だw


お互いの罪を認識して敵との戦いへ。
死を司るデスドーパントはまたおやっさんを復活させて翔太郎を追い詰める。
しかし翔太郎が守るのはおやっさんとの約束でもなければ思い出でもなく依頼人そのもの。
OP予告で見たときは亜樹子だと思ったら依頼人だったよ。

ドーパントのメモリはデスではなくダミー。
だから変身した時に音声が流れなかったわけか。これはうまいね。
ヒートジョーカー・ヒートメタルと姿を変えて追い詰めるも自慢の婿・冴子・若菜が妨害。
ダミーの力は色々と使えそうだからと助けてくれるみたい。

ヒートメタルはやっぱ強くて幹部3人と対等に戦っている。
クレイドールとも互角のはずだがこれは一体・・・
助けてくれた恩を忘れて逃げ出すダミー。追うダブル。


ディケイド同様にここで一旦締め。
画面は再び変わり「東映」の文字が2分割に。これは燃えた!
半分が動いている間は半分が止まり最終的には「仮面ライダーだ!」で合わせる。
平成ライダーで「仮面ライダー」という単語自体出てきたのは龍騎・ブレイド・カブト・ディケイド・ダブルと少ないし連続して出てきたことはないから名乗りで仮面ライダー!って言える事はすごいこと。


2(3)人の会話から察するに夏で会った=繋がってる・・・?
各形態をFFRするけどあれは恥ずかしすぎて画面直視できんわww
ブレイドだけJフォームだけど一人で飛べる奴はFFRしてないのか。
最初の予告見てきたときはゴウラムかと思ったけれどどうもアカネタカのよう。


ここのCGもうちょっと見やすくして欲しかったな。
ダブル2話もそうだけど「荒い」んだよね。


ドラスを作り出したネオ生命体とやらがダミードーパントを取り込んで実体化。
ディケイドとダブルを追い詰めるけどぶっちゃけドラスと何が違うのかが分からんよ。いや姿形とかじゃなくて強さ的な意味で。
決め技はダブルをFFRしてサイクロンサイクロン・ジョーカージョーカーに。
ここらへんもやっぱ予告そのもの。予告が最大の見せ場ってなんとかならないのかな。

FIRSTなんかは戦闘シーン少なくて予告が見せ場だったけれどそれでも感動したもんだけどこっちは全くそれがない。
映像はすごいけど一度予告を見たときの「すごい」であって映画館に行ってみる「すごい」んじゃないんだよな。


戦いが終りオールライダーの時同様に平成ライダーたちも返っていく。
モモタロスはやはりモモタロスだったww
超電王の予告来ると思ってたけど来なかったな。てっきり電王&ダブルかと。


別世界とはいえスカルが出てきてマスクオフ。翔太郎に激励ってのは良かったな。
悲しいことに現行作品でまだ完結していないはずのダブルの方がよっぽど綺麗に纏まっているという現実・・・
士たちの旅もまだ終わらなくこれまたオールライダー同様の締め方。
俺としては引いた背景スクロールの絵をちゃんと映しただけでもすごい。



以上ムービー対戦2010でした。
もうディケイド側には怒りしかないだろ。ダブルファンの人には巻き込んでしまってすみません、と謝りたいわ。

最終回の展開からも全く繋げる気なかったしその後に流れた予告も嘘ばっかり。
海東も登場した時からなんかやる気なさげ。だからなぜ撃ったのかと。
最終回の戦いそのものは「なんとか逃げ切った」って言われれば納得できるけどディエンドの件は誰も擁護できんだろ。
一部では「ディケイドを逃がすためにインビジブルを使(撃)った」ってのもあって「なるほどなー」、と思ったけれどそれでもなんだかなぁ・・・


例の嘘予告もすごいな。
急な間に合わせで作ったかは知らないけどまともに合ってた・近いものって「(場面は違えど)死ぬな士!」「これがキバーラの真の姿よ(台詞はないけどキバーラはちゃんと出てきた)」

こんなもんだな。残りは全部嘘。どれこれも外しちゃいけないものばかりだろ。
特に「お前が本当の士だと!?」「世界は俺が貰う・・・!」なんてすげえ大事じゃん。
いかにDC版が出ようとも入れる要素が全くない。
ネガ夏海の「ディケイドは私が倒す!」ってのはネガの世界にとりあえず撮った奴を使ったのかな?


ビギンズナイトは綺麗に纏まってて良かったな。
ただ規模や映像からして映画館でやるほどのものではないんだよね。
よくある「夜9時から2時間でスペシャルやればいいのに、わざわざ映画館で金取る邦画まがいのドラマ」と同じ。
今回はディケイドと組む為にこうなったけどいつも通り放送しても十分通用する出来だと思うよ?


敵ドーパントの力・ダミーも「人の記憶を下に再生」してるから亜樹子を見てもおやっさんは無反応だったんだな。
本来だったら亜樹子をもっと追い詰めて「ベルトをもってこい」みたいな台詞があっても良かったんだけどないってことは
当時の翔太郎には亜樹子という存在がないため現代に生き返ったおやっさん(翔太郎1年数ヶ月前の記憶)の中にはいないわけだ。
だからダブルの後ろに亜樹子がいても躊躇なく撃てると。


そしてムービー大戦2010
画面2分割は良かったし結果的に士らがダブルの世界に来ていたってのも面白い。
だけど予告が全て、ってのは変わらなかったしそもそもこの最終回商法に文句ありだろ。
あれ庇ってる連中は金でも貰ってるのか?



一体いつから平成ライダーは駄目になったのか・・・
駄目というか正確には映画の方か。年に1度のお祭りが増えたのはいいけど楽しさが分断されてどれも微妙になってるぞ。
完全な「お祭り」として開き直っている分夏の映画の方がまだマシに見えたわ。
今回は完結編として銘打ってるんだからストーリーくらい繋げろよ。
ライブ感の白倉とあの米村の時点で覚悟はしてた。してはいたがまさかここまでとは・・・・・



予告をやり過ぎないだけでも大分評価も変わってくるはずなんだがね。
  1. 2009/12/13(日) 16:46:03|
  2. 仮面ライダーディケイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

ディケイド最終話「世界の破壊者」

制作陣「誰が夏の映画が最終回なんて言った?キリッ!」


スーパーアポロガイストに突っ込むコンプリートフォーム・ディエンド・そしていつの間にか変身したクウガとキバで突っ込む!
だけどあっけなくやられてしまう。何気にコンプリートフォーム初ダメージ(さすがにジャンボフォーメーション除く)
ライダーでも戦隊でも正義側がスーパーやハイパーと付くのはいいけれど敵でつくとダサすぎる。


夏海が花嫁として連れさられてしまう。どんだけ結婚するきやねん。
ただでさえボロボロの士の前に剣崎登場。何かを知ってそうな大樹の表情がまた。
士がいることで世界の消滅しているので出て行けと忠告される。
剣崎の話を信じるとしたら別の世界に行っても結局士がいる限り崩壊は止まらないんじゃ・・・

剣崎は変身と同時にいきなりキングフォームに!
前に「装着変身ブレイドキングフォーム」のレビュー書いてるときに

最後の変身ポーズとった画像にもあるけど、俺の脳内設定ではAのカードをベルトにセットし
さらに上にKのカードを入れてレバーを引けば「Evorushon Up!」の電子音声と共に
レンゲルがキングフォームになろうとしていた時のように光輝くKの壁が出てきて潜り抜けるといきなりキングフォームになれるという設定が存在しているww


って書いたけどそれに近いことをしてくれてすげえ満足だ。
設定的には剣崎がテレビシリーズの本物と過程すると本編から5年?たってさらにジョーカーとして染まっていき
ブレイドとして変身する時は完全にアンデットと融合しているためノーマルブレイドにはなれない、って事を示しているんだろうな。
実際本編最終回でもRSFを出す時はジョーカー化が進んでいるためだろう、カードを使わずに発動したからな。
だけど今回は音声なし。しかもシンケンジャーの世界後半のように衝撃波タイプの攻撃。なんだこりゃ。
剣崎の演技もアレだけど打つ時の叫び声を聞けば、性格が暗くなっているとはいえやっぱり剣崎だなーって思うよ。


dhikeido31-1.jpg
どうもディケイド版だと攻撃がアレンジされてるからな。
ストライクベントも火球が炎の衝撃波になってるしRSFもこれ。
ファイズブラスターの必殺技もエネルギー派になってるしカブトは音声省略しまくりかつライダーキックがレバー戻しただけで発動。
RXはなぜかリボルケインが光っていないみたいだし。



ボロボロになりながら光写真館へ戻る士。
戦ってはいないけれど栄次郎に治療してもらう。
写真を見るとカズマ=ブレイドの世界に関する写真が消え他の世界も消えかかっている。
今までの旅はなんだったんだ・・・

落ち込む士に「無駄な旅なんてない。人の人生に無駄な物がないようにね」と励ます栄次郎。
この良い人っぷりを見るに劇場版は・・・
あのマントを翻すのは映画前だったしそれっぽくやっただけか?
治療を受けている最中にキバーラに呼び出される士。


呼び出された場所にはワタルとアスムがいてこの世界から出て行くように頼まれる。
どうやってこの2人はキバーラを見つけたんだ?
ワタルと一緒にいるディケイド版キバット3世の妹って設定らしいから呼ばせたのかな。
ワタルは出て行って、ということをまだ躊躇しているような気がするけれどアスムは容赦ないな。
響鬼の世界でも触れ合ったのは最初くらいだしどっちかっつーと大樹の方が好きだろうしな。


強がる士を一括する剣崎。
やはり演技力は5年前と同じどころか酷くなってるな・・・
この人は暗い役よりも剣崎のような熱い役の方が似合ってるよ。

キバと響鬼に変身して襲い掛かる2人に全く抵抗しない士。
数トンはある仮面ライダーのパンチやキックを喰らって生きてる士はすごすぎるw
ユウスケはクウガに変身してその場を制す。
間違ってるのは分かっているのだが剣崎の「(夏海を)助けた後はどうする?クウガの世界は?」という問に答えられない。



dhikeido31-2.jpg
夏海を取り返すべくアポロガイストの元へと向かう士。
そこには大ショッカーの基地が。この世界が士のいた世界なのか?小夜もいるのかね。
あくまでまだ夏の劇場版との繋がりをチラホラさせるような真似を。
前回の感想でも惨めになるだけだから止めた方が良い、と書いたけれどやっちまったよ・・・


既に大樹が先回りしていて士に行くなと忠告。スーパーアポロガイストがガミオ・牛鬼以外のディケイド世界の各ラスボスを復活させた。
ガミオと牛鬼がいないのは嬉しいけどビートルはいれるなよ・・・

「行くなといっているだろう!」

ここの大樹は好きだな。役者さんも力入っただろうに。
単独アポロガイストの元へ向かい夏海を開放。冷静に考えれば2作品連続で最終回に結婚式を持ってくるってなんだよw
カードで蔦を切るシーンだとカブト最終話の天道を思い出した。あのバラも破壊力ありすぎだろw

一人で戦おうとする士の下へ大樹が駆けつける。士のいない世界を貰ってもつまらないと。
ユウスケも来てくれた。「士一人を救えないのに世界中の笑顔を守ることなんて出来ない!」と。

dhikeido31-3.jpg
「何者なんだお前は!?」
「通りすがりの仮面ライダーだ・・・覚えておけ!」


dhikeido31-4.jpg
「「「変身!!」」」

セブンイレブンPV・劇場版に続き3回目のトリプル変身。
変身のタイミングをあってるし3つの中で一番好きかな。ただ士の声が小さい・・・
アポロチェンジしたスーパーアポロガイストを含めた7体の敵に挑む!
挿入歌が大樹のやつか。この歌好きなんだけどCD化してないんだよね。
だったらOPかライザーウィーを流した方がいいじゃん。


「「変身!!」」

ワタルとアスムも士の旅の可能性を信じてくれて同時に変身。
やべえ、めっちゃかわいいww
何気に響鬼で変身と叫ぶのは初めてなんだよね。2人とも「○○君には負けない!」と言わんばかりに頑張って声だしたんだろうなーw



dhikeido31-5.jpg
5人揃う時は全く統一性のないライダーたちだけれど士が元気よく「行くぞ!」って言ってくれて集まるのはいい。
みんな軽く腰落としたり構えの体制に入っているのにクウガだけ仁王立ちで堂々と立っているのはかっこいいな。
全員がライダーキックを使い各怪人を撃破するのだがクウガは右足にエネルギーないしキバはゲート解放してないのにディケイドだけ必殺キックとはどうなってるんだ。
しかもしょぼい必殺技。ガンバライドのディケイドアンリミテッドの劣化版って感じだな。
これだったらクライマックスヒーローズの必殺技の方がはるかにかっこいいだろ。
各平成ライダーの最強形態を呼び出せるライダーの必殺技とは思えんよ。


残る敵はスーパーアポロガイストだけなのだがそれの攻撃からディケイドを庇ったユウスケが変身解除。
何で自分よりも強い形態を庇わなきゃならんのだ。自分の心配をしろと。
ディエンドからディエンドのKRカードを渡され発動。
なぜかファイナルアタックライドとして認識されてスーパーアポロガイストを倒す。
あっちもただの一撃で結構強そうなエネルギー派を出したなーと思ったらあっさり押し負けた。

ディケイドライバーはコンプリートフォームの状態でのみ、FFR→FFRとして認識。それ以外をファイナルイアタックライドとして認識するのか。
シンケンジャーの世界でも烈火大斬刀をファイナルアタックライドとして認識してたし。


スーパーアポロガイストを倒したもののワタルとアスムは消滅。
士さんを信じる!と決意して敵を倒したのに消滅。消えるまで5秒となかったけれど、その間2人は何を思っていたんだろうな・・・

士は第1話で渡と話したところへ飛ばされる。
最初に同一画面に写っているシーンがあるけどあれは合成か体系の似た人に同じ服を着てもらったんだろうな。
撮影自体は渡役の人は同じ日に一気に撮ったっぽいね。
「創造は破壊からしか生まれませんからね」って台詞よく覚えてたなーと思ったけど、事前に撮影してたから出さざるを得なかったわけかw

渡が言うには士を旅をしてライダーたちを倒さなければならなかった。だが仲間にしてしまったために崩壊が始まってしまったという。
鳴滝が龍騎の世界で言っていたのはこのことだったのか。
その世界を救えたのはあくまで世界「内」での話であって全ての世界からみたら破壊されてしまったのか。

しかし自分ら(テレビシリーズの主役達?)が生き残るためにある意味もう1人の自分たちを殺して回れって酷くないか・・・?
数多くあるであろう世界を救うためには少数の犠牲は仕方ないと?


dhikeido31-6.jpg
元の世界へと戻ってきた士の前には歴代の平成ライダーたちが!?そう考えるとめっちゃ燃えてくるな。
渡が言っていた「僕の仲間たち」ってのは名護や大河ではなく平成ライダーたちだったのか。
しかし電王だけは多分パラレルではないので必死だな。なんだかんだでモモも情があるだろうし辛いところだろうな。
とはいえ超電王自体パラレルっぽいところがあるし、電キバがパラレルだったことを考えると超電王シリーズ自体がパラレル。
あくまで本物は本編+さら電だけだと考えると容赦なく戦えるな。


dhikeido31-7.jpg
だがこのシーンだけではとても第1話のライダー大戦とは思えないしOPとも違う。(OPはさすがにイメージ映像だから違うんだろうけど)
それにクウガアルティットもユウスケが自分の意思で変身した訳でもないしディケイドに押されるどころか互角に戦っている。
ちなみにアルティメットに変身する時のCGは今までで一番かっこよかった。
角を始として「金」が強調されててかっこいい。

剣崎も最初からキングフォーム。融合係数の問題だと分かってはいるんだけどやっぱ見栄えの問題上ノーマルでいて欲しかった。
渡が変身した時のキバといい今のキングフォームの変身といい「目の発光」に力を感じる。

ディケイドという作品自体複眼の光り方は気を使ってると思うんだよね。
全く違う同士の作品のライダーが同時に変身するんだから変身にかかる時間が違うのは当たり前。
それを「複眼が発光=変身完了」として扱っているから目の光が目立つな
キバが変身してもすぐに目が光らずにポーズとってから光るのがかっこよかった。
高岩さんのポーズがかなり決まってたのでやっぱり撮影終った直後なんだなーと。
久しぶりに見る渡の変身はかっこよかった。

S.I.C.でキバ出されたけど投売りされても買わんだろうな。
アレンジががっかり。キバのデザイン見たときはS.I.C.のアレンジを楽しみにしてたから残念。
エンペラーも上半身ごつすぎだな。下半身が太さについてこれてない。


「来るならこい!全てを破壊してやる!!」

1対9という大差で戦いを強いられるディケイド。しかもその内の2体が最強フォーム。
やはりこのライダー大戦を見ても第1話やOPには見えん。
そもそもあの2・3色あるレーザーはどっから飛んできて誰が出してるんだよww


dhikeido31-8.jpg
ディエンドが走ってきて銃口を士に向けて発射!
あれほど分かり合ったのになぜ・・・?


dhikeido31-9.jpg
妹「お兄ちゃん金払って最終回見に行くのwwwwばっかみたいwwwww」

何も言えんかった・・・
夏蜜柑=夏未完とか全然笑えねーよ。
放送枠で最低限話として決着を付けるなんて作り手として当たり前の事だろ。なんてざまだ。
よくドラマとかでも「話題の○○ついにファイナル!」みたいなやつがあるけどあれはその時間帯で完結してるからいいんだよ。
ドラマ本編で見終わってもそれはそれで完結してるからいいし映画館に行ってさらに見たい人は見れるからOKって感じだし。


ラスボスも結局アポロガイストみたいなやつを持ってくるし。
ラストが映画に繋がると信じていたらこんな糞みたいな昭和の敵を許容してきたけど繋がらずじまい。
こんなのが全ての仮面ライダーを繋ぐことができる記念すべき平成ライダー10周年作品のラスボスだぞ。バカにするのもいい加減にしろよ。
口調もうざいし人質とったりスーパー(笑)とかなんなんだよ。なぜ平成の作品で昭和のスタンスに付き合ってやらないといけないんだ。ラスボスくらいオリジナル用意しろよ。


大樹とユウスケは戦う前に良いこといったな、と思ったけれどそれでも弱いな。
本来はもっと積み重ねてやるべきシーンなんだよ。それは劇場版のユウスケのサムズアップも同じ。
大樹はキャラ変わってばっかりでここ最近でホモっぽくて気持ちわるしユウスケも最近は少しは良くなったとはいえそれまではいいところなし。
そんな状態でラスト数話で急に良い人にしたって意味がないよ。

大樹のキャラはこうして欲しかったな。

結果的にパラレルだったとはいえ大ショッカーの大首領である士を嫌な奴と認識。

「僕は兄さんを助けるためにお宝を集める!」

ディエンドの世界で兄を解放。士とも良い関係に

その後の世界でも良い関係を築きながら最終回にたどり着き今のシーン


ユウスケの場合は龍騎の世界は仕方ないとしてもブレイド・ファイズの世界でちゃんと活躍。
響鬼の世界でももうちょい善戦・ネガの世界でも怪人から逃げずに変身
とにかく 絶 対 に ネ タ に 走 ら せ る な!
本来だったら長い時間をかけて「五代程ではないにせよユウスケはユウスケなりに頑張ったよね」と評価されて初めて劇場版のサムズアップや
「1人を救えないんじゃ世界中の笑顔を守ることが出来ない!」って台詞が評価されるんじゃないのか?
急にみんなを笑顔に、って初期の目標が出てきてもこれまで酷すぎたんだから意味ないんだって。




この2人をみると最初に脚本を書いた人が急に最終回の脚本書いたように見えるんだよ。
10年間リアルタイムで平成ライダーシリーズを見てきた俺の感想として

ライダーは脚本に恵まれなかったな

ということか。プロデューサーにも恵まれてなかったかもしれん。
「わざとつじつまを合わせないようにしている」「無理に話をまとめるよりもリアルタイムで見ているライブ感を大事にしたい」などなど。
「辻褄を合わせない」はふざけるな!としか言いようがないが「ライブ感」も確かに大事だと思うよ。
「確かにまとまってるけどあんま盛り上がらなかった」ってよりも
「ちょっとおかしいところはあったけどあのシーンはめちゃくちゃ燃えたよな!」って方が俺は好きだよ。
だけどそれでも限度ってものがあるだろ。支離滅裂すぎる。


クウガ=ちゃんとまとめた。俺の中で最高の仮面ライダー!
アギト=最後は「?」っぽく見えるけどなんだかんだでまとめたと思うし面白かったよ。
龍騎=色々な最終回があるからあれでもOK
555=もうちょいストーリーをしっかりして欲しかった。ラッキークローバーが何度も出てくるから戦闘の緊張感が全くない
ブレイド=序盤のオンドゥルはネタで楽しめるからまだいいけれど前半は一部のシーンを除いてつまらない
響鬼=俺は正直後半の方が好き。後半は叩かれてるけど、いきなり全部のバトン渡されたら普通書ききれないって。打ち切りにならなかっただけでもすごい
カブト=前半は神の面白さだったけど後半はネタに走りすぎ。ベルトの入手経路を劇場版に繋げなかったのかが本気で分からない。
電王=腐を呼び込んでしまった名(迷)作だが作品としては「こんなんもあり」って感じで好き。
キバ=平成ライダーの中で一番嫌いな作品。デザインや初期設定が良かっただけにストーリーで失望。以降アンチに。
だが電王の後釜を狙った作品としてしか見られなかったのかと思うと同情もする。
キャッスルドランとかいらない要素なくしたらすごく面白くなるだけに残念


こんな感じかな。やっぱりクウガを超える作品は10年経ってもなかった。
クウガを超えるならまた平成ライダーを何年も休みにして「○年ぶりにライダー復活!」くらいの勢いじゃないと駄目だろう。
いつまで平成ライダー続ける気だよ。見苦しいなぁ・・・
もうちょいでライダー生誕40周年だからそこで終わりか?と思ったら「ライダーは次の10年へ」だもんな。
どうしようもないわ。東映は未来永劫番台のいいなりか。


さすがに次の映画で終わりだとは思うが製作側に望むことは

・ネタバレをしすぎない
・流出などもってのほか
・作り手がお祭り状態になってはいけない

だな。ディケイドはスタッフも調子に乗りすぎたな。
お祭り=何でもやっていいと勘違いしてるんじゃないか。
どんなお祭りにも守るべきルールやマナーはある。それを「ディケイドは破壊者だから」なんてのは言い訳にはならない。

プロデューサーだか誰か忘れたけど何かのインタビューで「次の10年も破壊し続けられる」みたいな事言っていたけど
ディケイドの10年でさえ満足に破壊し切れていない、中途半端な破壊で終わり挙句の果てでに昭和が出る始末。
誰がどう見てもその分を尺につぎ込めと言わんばかりのアマゾン編。本当に誰特だよ。


「平成ライダー」の10周年の作品なのになんで昭和なんて出すんだよ。
この時点で間違ってるだろ。しかもアマゾンとか・・・
完全にスタッフの趣味だろ。この2話をつぎ込めば劇場版エンドはなかっただろうに。

9つの世界は絶対としてそれ以降の世界は必要だったか?

ネガの世界=ケータッチ以外価値なしの世界。ネガ夏海もやられてそう。
シンケンジャー=お祭り作品としての良い世界だと思う。こうゆうお祭りは好きだし「ディケイドなら何でもできますよー」といういいアピールになった
RX・ブラック=これもいらない。確かにWてつをもすごいとは思う、が何度でも言うが平成ライダーの記念作品なのに昭和はいらんよ。
アマゾン=論外。役者もやる気ないし。誰のための何の世界だよ。ライダー大戦に回せ


映画で完結してくれればいいけれどディケイドという作品の性質上いくらでも他の作品に干渉できるからな。
どうなることやら・・・
夏の劇場版で「つまらない」って意見が増えた後一気にアンチ増えたような気がするけどこの最終話は決定的だったな。
純粋に楽しめたのがキバ世界か龍騎の世界前半まで。アマゾン編からは糞すぎる。
まとめきれいのは分かったけど完結すらできないとは情けない。

テーマ:仮面ライダーディケイド - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2009/08/31(月) 14:16:51|
  2. 仮面ライダーディケイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ディケイド第30話「ライダー大戦・序章」

dhikeido30-1.jpg
夏の劇場版ですらパラレルの可能性が


夏海の夢に現れるディケイド。既に破壊者モードっぽい雰囲気はある。
そこへ現れる各平成ライダーとディエンド・そしてクウガアルティメットフォーム黒眼。
もうコンプリート召還でアルティメット呼ぶ気ないだろwww

2話の対決だとディケイド:アルティメット黒眼=7:3位の勢いだったけれどこれではほぼ互角だよね。
9つの世界を巡り全てのカードの力を取り戻してケータッチにより全最強ライダーを呼び出すことも可能となりまさに無敵のディケイドだけれども
だからといって1話のライダー大戦と同等の強さを持っているとはとても思えない。
最強形態9体を呼び出せばなんとかって感じだけど夏見の前に現れたディケイドはノーマルモードだったしなぁ。


で最後のオープニング。サビのシーンでは映画の見所を残さず公開!
やはり隠す気はないなww
シンケンジャーだと殿がスーパーシンケンレッド(劇場版ver)を隠すためにわざわざ別のカットで撮影されたというのに。
コンプリートのキックに全員ジャンプと本当に余すところなく流しちゃった。
炎の中から1号2号V3・スカイにキバが出てきてくるくる回ってライダーキックするシーンがあるけど
あれって何気にキバだけが逆方向に回転してるんだよね。そこらへんはしっかりとしてる。



dhikeido30-2.jpg
新たな世界・ライダー大戦の世界に訪れた士の格好はまるで結婚式で着るタキシードのようなもの。
結婚式などのお祝い事ならともかく葬式では着ないだろう、多分。
特撮でお馴染みの砂丘ではレンゲルとライジングイクサ・ギャレンとサガ・そしてカズマとワタルがそれぞれライダーに変身して争っていた。
さらには各世界のモンスターまで争っている始末。なんじゃこりゃ。


ブレイドはライジングイクサと対峙して電撃を纏った攻撃で倒してしまう。
完全に爆発しているから明らかに殺したっぽいな。
ディアーとリザードが開放されているのにに何でライトニングスラッシュみたいな攻撃を?と思ったら後ろからアンデットが援護してるんだね。
あれなら封印してなくてもパワーを貸せるらしい。もう一体アンデットがいたけれどあれ何のアンデットか分からないや。
ブレイドが走っているときに軽く残像みたいなのが見えたからジャガーかと思ったけど姿形全然違うし。

ブレイドの世界に訪れた時点で既にディアーは封印してあったからそれが開放されているということはリモート使ったか。

「イクサ!」

と叫ぶあたり名護ではないだろう多分。
キバ世界ではストーリー上必要ないから出て来て無いだけでちゃんといたんだろうな。
だが必殺技とはいえノーマルブレイドでイクサ最強形態であるライジングが倒される、っていうのはちょっとね。


ザンバットを持ってるけど別に持つ形態は関係ないのね。
ザンバット自体王が持つ剣で終盤まで出てこなかったし、出てきた時点で既にエンペラーフォームになれたからそっちで多様していただけで
ディケイドキバ世界だと最初からワタルは王で剣の存在も知っていたんだろう。別にエンペラーじゃないと使えない、なんてことはないし。
ザンバットにコウモリがついてる時点でハーフに使いこなすことは無理なのかな?


ザンバットキバと女王の同時攻撃で散るレンゲル。
「ムツキ!」と言わない当たり別人かもしれないないしブレイド世界であのまま死んだかもしれない。
戦いは一時中断となり両陣営一時中断。



dhikeido30-3.jpg
ライジングイサクの残骸を持つワタル。やっぱシンドル。

「ユウスケ・・・士さん

やはり敬語使ってくれると嬉しい。
ワタル曰くブレイドたちを倒せないと自分たち、キバの世界が消滅してしまうらしい。
世界の崩壊が本格的に進んでいる。
紅渡の方が崩壊を止めておくって言ってたあれはなんだったのか?

そのためにブレイドたちと戦っているがファンガイアの女王まで出てくる。
一瞬「女王いたの!?」って思ったけれどよく考えればチェックメイトフォーのクイーンのことかw


生き残るためだけにファンガイアと手を組んだワタル。
クイーン曰く女王としてワタルと強力し人間とファンガイアが共存する世界を目指していた。
実際に途中まではうまく行きかけていたらしい。
だがそこでブレイドたちが攻めてきたためにやむなく戦うことになってしまい、共存ではなく自分たちの世界の生き残りをかけてファンガイアと手を組んだ分けか。

ファンガイア的にも
「人間と仲良くするの?けど王の命令だし仕方ないか」

士らが去った後

「王も女王も本気みたいだし人間を襲う本能抑えるの大変だけど頑張るぞ!」

みたいなところでの出来事か。


一緒に戦ってくれるように頼むワタルだが拒否する士。
拒否する士にファンガイアを差し向ける女王。それを一蹴りで倒すディケイド。
女王役は真理の人だしこの人もライダー常連になってきたなw
もう3役だもんな。大したもんだよ。



写真館に帰り過去に取った士の写真を見る一堂。
確かにみんな良い表情だ。カズマが特に。
今になりライダー大戦の夢を告白する夏海。士は全てのライダーが自分に向かってきているのを見て何を思っているんだろうか?

突如鳴滝が現れる。大ショッカーの脅威を知らせにきて倒してくれるように頼む。
やはり良い人であった。最初は破壊者であったディケイドさえ潰せれば良かったのだが大ショッカーまで出てきてしまったため脅威が強いそっちを倒さないとまずい事態になったわけだ。


ユウスケはワタルを。士はカズマを説得しようとするのだが士は行く気無し。
思い出したように復活した笑いのツボで無理矢理やる気にさせる。これはいらんだろ。



dhikeido30-4.jpg
お 前 が 社 長 か よ!

まあ四条よりはいいかもしれない。
カズマがパソコン向かってるのを見るとかなり違和感あるな。
せめて写真食堂の昼食だけでも改善されてればいいが。2と10が同じなのは酷すぎるww

ワタルを連れてきてお互いに大ショッカーの存在を告げ一緒に戦うように頼む。
2人は聞く耳を持たずお前がこっちのライダーを倒した、そっちこそと言い合いを。

「自分の世界だけに固執していては世界は救えない」

という士に対してそれは自分の世界・守るべき世界がないからだと批判する2人。
そりゃそうだがそれは言っちゃいけない言葉だろうに。
説得は無理と判断した士は自分だけでアポロガイストを倒すことに。
そこにキバーラ。アポロガイストと女王が政略結婚をすることに。
ワタルは大ショッカーの目的が全ての世界の征服として知って手を組んだのか?
ここらへん知ってるか知ってないかで随分ワタルに対する印象も変わってくるのだが。


「旅をして・・・仲間が出来たつもりでいたが・・・ただの勘違いだったようだ。仲間なんか作るもんじゃない」

性格は劣化天道って感じだったけれどこの台詞は来るものがある。
確かにあんだけ旅したのに今じゃこれだもんな。
士の人も演技うまくなったもんだ。最初の頃を見ると雲泥の差。



dhikeido30-5.jpg
「お前たちは勘違いしているようだ。本当の敵は大ショッカーではない」

剣崎いいいいいいいいいいいいいいいいい

ついにキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
だが最初の出番はこれで終わり・・・




dhikeido30-6.jpg
夏海は森の中でサガと響鬼らが戦うところを目撃。響鬼の世界も融合し始めている。
サガの一撃で天鬼と轟鬼が消滅。声は違ったけれどやられたのは別人じゃなくて響鬼世界の2人じゃん。ショック。
アスムもやられそうになるがディエンドの援護もありなんとか勝利。
2体の鬼を倒したサガだけれど、最初の頃そのサガと互角に戦っていたギャレンすげえなww



アスムもようやく事情を知ることに。やっぱりアキラとトドロキは死んだのか。
せっかく音激動は3つの流派が~~ってやったばかりなのに。ザンキさらんはどうなってんだろ?

「泣いているのかい?」
「すみません。2人とも大切な仲間でしたから」
「・・・そのお宝はまだ持っていないな」

思えば大樹の世界はどうなったんだ?
融合しているのが9つの世界だけだったた人事かもしれないけど自分の世界が巻き込まれたら、
いくら兄があのままだったとはいえ救うために士を倒すでしょ。

ライダー同士の戦いと言ってもサガ一人に響鬼の世界は全滅寸前まで持っていかれたな。
恐らくファンガイアの中でもエリートが選ばれたであろうサガとあくまで弟子の3人では実力が違いすぎたか。
近い力だったら良い勝負どころか勝てたんだろうケド。


これでクウガと龍騎の世界がぶつかった日には目も当てられないよ

1VS13ってなんだよwwww
だが本物の作品同士の激突だとすると、とりあえずクウガアルティメット赤眼でオーディン以外なら瞬殺できるだろう。
それにクウガには警察の援護もあるから結局勝っちゃうんだろう。
やはりガチで潰しあいやったら最後に残るのはクウガ・ブレイド・カブトの世界だと思うんだよね。
アギトは進化が間に合えば少しは可能性あるけど無理だろうな。その他は論外だ。
クウガのような圧倒的スペックや能力があるわけでもなくブレイドのRSFのように無敗を誇る一撃必殺の最強技もないし・カブトのように時間操作もできないんだったら尚更。



アポロガイストと女王が結婚式を挙げる。
式に参列した人間らを遅いライフエナジーを得るアポロガイスト。
キバ世界では人間の生命力=ライフエナジーだったらしいけれど、ライフエナジーという定義はキバ世界の人間だけなのか?
人間の生命力だけを奪うならば今までアポロガイストがやってきたことだろうに。
式に参列していたのがファンガイアだけだった、というならばまだ分かるが。


そこへ士が乱入。タキシードはこのためか。
女王はファンガイア体に変化。なまこをイメージしたらしいけれどとてもそうは思えん。どっちかというと薄皮に近い。
思えばなまこネタは流行らなくて良かった。くだらなさ過ぎるし。鎌田ネタも何が面白いのか本気で分からん。
まあ「ケッタクネタが分からん」と言われたら何も言えんがw



dhikeido30-7.jpg
ギャレンを見てると笑いが止まらないわけだがww


怪人に囲まれる士に援護攻撃を送るギャレン。その横には士から貰った言葉を思い出したカズマの姿が!
一緒に変身して立ち向かう。中には既にアンデットの姿も。


「アンデット、お前らも最初から大ショッカーと組んでいたのか!」
「ふ、知れたことを。我らの敵は未来永劫ライダーだけなのだ!


この台詞はすげえ説得力あると思ったよ


言われてみると確かに、って感じだな。
怪人が味方になったりする時もあるけれど間違いなくライダーと怪人は敵対関係にあるわけだし。
そう考えると怪人側を描いたファイズや仲間になった電王はすごいな。


アンデットはリモートで開放された時に大ショッカーと手を組んだのか。
ファンガイアはどうなんだろ。政略結婚した時に組んだのかそれ以前に組んでいたのか。
ワタルはハーフだからそこらへんでバカにされて、大ショッカーもワタルには声をかけなかった可能性もあるな。



一方アスムは剣崎と接触。
なんか剣崎オンドゥルっぽいな。暗い性格の剣崎だから話し方も暗くていいんだろうけど、そのせいで言葉に覇気がなくなってオンドゥルっぽく聞こえる。
この剣崎は果たしてジョーカー剣崎か全く違う世界の剣崎なのか。
ジョーカー剣崎だとしても今の性格は納得できるんだよね。戦争地帯とか散々回ってるわけだし。

それでももっと活躍して欲しいというか正義のために動いて欲しいと言うか。
ガンバライドでも「どれほど傷つこうとも困ってる人の下へ駆けつける!それが仮面ライダー!!」って超早口で言ってるし。


ディケイドらの戦いはディエンドの援護もありかなり優勢に。
コンプリートフォームの省略がついにここまできたかw
まあ召還と同時に胸のカードが全部サバイブじゃなかっただけでもまだ手は抜いてないなw
ファイズブラスターやキバエンペラーを召還しなかったのはスタッフの最後の優しさか。
どっちの作品でも主人公と思いが通じ合っているのにそれを剣で裂くような真似はさすがにしないか。




dhikeido30-8.jpg
だめだ、ギャレンがコラにしか見えないwwww
この人は本当に伝説になりすぎたwwww


しかも同じ銃ライダーのディエンドと並び立つって何の冗談だよwww
スーパーアポロガイストとなったアポロガイストは世界の融合をさらに進めブレイドの世界が消滅?同時にブレイドとギャレンも消える。


dhikeido30-9.jpg
「来るならこい!全てを破壊してやる!!」

暴走状態のはずのカブトまで駆けつけてしまう始末。
電王までいるのは複雑だな。


以上第30話でした。


もうまとめる気ないだろwwwwwwwww

面白いっちゃ面白かったけどね。それはまとめる作業をしないでいつもようにライブ感全快だからか。
ここまできたら劇場版には繋がらないだろうね。結局毎回お馴染みのパラレルだったか。
大ショッカーを倒すことで全世界が救われると信じている士が記憶を取り戻した時に急にライダーを倒せば救われると信じるのか?
士は雇われ首領という説もあるけど、世界を征服することで救おうとしていた自分と大ショッカーを潰すことで救おうとした自分を信じるか。
さすがに後者を選ぶと思いたいし士ならそうすると信じたいが。

パラレルと考えた方がてつをのこととか納得いくしね。
何で再会したのに一言も会話しなかったのか、とか。
実際には映画の撮影が終った後でRX編が決まったらしいけれどそこをなんとかするのがプロの腕ってやつだろ。

その映画も公開から数週間たつと目が冷めたのか「つまらなかった」って意見しか見なくなった。
確かにオールライダー集結が華だしネタバレしすぎでそれを超える程の物がなかったんだよね。
俺も正直シンケンジャーの方が面白かった。殿もかっこよかったしスーパーシンケンレッド赤verカッコよかったし。


それよりも既に出回っているキバーラ変身の画像の方が気になる。
「この続きは映画館で」ってことはテレビ版最終回なのかはたまた映画の一部を載せただけだから続きは映画で、ってことか。
この画像の奴を最終回でやるなら大変だなw
コンプリートフォームでも勝てない、ってのは単体ならまだ分かるけど最強ライダーを呼び出してもダメだったらやばいな。

キングフォームまで出てきているけれど明らかに剣崎の変身だよな。
カズマはまだ封印しきれていないだろうしラウズアブゾーバーすら持ってないだろうし。
だが第1話のライダー大戦ではJフォームになっているという。

あのライダー大戦ですら何かが違う気がする。
どうせ最終回でああならなくても劇場版キバ予告みたいに逃げる言い訳は用意してあるんだろうけどな。
「イメージです」って。劇中で入れるならいいけど予告で入れるなよ。客は写った映像=映画館に行けば見れると思ってるんだぞ。


前も書いたけれど典型的なまでに広げた風呂敷を畳めない状態にまでなったな。
それは1話放送当時どころか「平成ライダー10人出ます」の時点で分かりきっていることだったが。
會川が降りた今となっちゃな。電王が本物のメンバーで来たから降りた、って聞いたけどマジかい?
しかも最近のディケイドの脚本書いてるのは劇場版を書いた米村本人なのに繋ぎきれてないという現状。
開き直って夏の映画をパラレルにして冬の映画を最終回とするのかあくまで夏の映画に繋がるようにするのか。
後者だと無様になるだけだから止めた方が良いと思うけどね。

テレビ最終回「全てを破壊してやる!」→大乱闘→勝敗はともかく劇場版の世界→「全てのライダーを集めろ」でまたライダーバトルじゃおかしすぎるだろ。
夏の劇場版は潔くパラレルでバトルを楽しむためのものとした方が良いよ。



公式だと剣崎と渡がベルトつけてるから楽しみ。
剣崎には暗くぼそぼそと「変身」って言うより当時のように「変身!!(ヘシン!!)」って言ってもらいたいな。


Wの予告も出てきただけどあのヒロインのテンションについていけない。
怪人も戦隊っぽいしな。やはりしばらく頭冷やす意味でもメタルヒーローシリーズやって欲しかった。
またビーファイターみたいな奴見たいよ。
もう新ライダーには期待しないことにした。その方が面白かった時は嬉しいし。
期待していたキバがあんなんだったから余計にな。設定やデザイン見たときはめちゃ燃えたんだけどなぁ・・・


そんなこんなで次週最終話。一緒に見ていた妹に「仮面ライダーって1年やるんじゃないの?」って驚かれた。

テーマ:仮面ライダーディケイド - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2009/08/24(月) 14:54:02|
  2. 仮面ライダーディケイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ディケイド第29話「強くてハダカで強い奴」

ウェーイ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
てつをよりもある意味オールライダーよりも期待できる!!



今日でお盆も終わりかー。明日お盆のセット片付けないとな。
今日バイトやったらしばらくバイトないし暇だ。


マサヒコによってさらに裏切られたアマゾンは人を信じられなくなってしまう。
クウガは十面鬼に吹っ飛ばされたけど変身解除まではなっておらずカマキリの敵と対峙。
腕を掴んで振り回してるときにフォームチェンジ来るか!?と思ったら本当にキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
タイタンフォームとなり2連撃を加えて撃破!爆発する時頭の上に天使の輪、ってことはアンノウンか?なんで大ショッカーなんかとつるんでるんだろーなー。
このカマキリから剣を奪い取ったわけだがそれは対ガリマ戦のオマージュ?
あっちも2本中(長い1本の接着部を折っただけだが)1本奪い取ったわけだし。
フォームチェンジはてっきりドラゴンかと思ってた。
クウガの世界から去った以降、これでマイティ以外の全てのフォームが活躍したな。

ペガサス=ディケイドのカメンライドとはいえカブトの世界
ドラゴン=劇場版の対X戦で。

これくらいの活躍でいいからクウガを出してくれればいいのにな。
遅すぎたんだよ、何もかも・・・
まだ倒した敵2体だけだぞ。しかも自力で倒したのは1体だけ。


ディケイドは十面鬼とアポロガイストの猛攻に押されまくり。さっさとコンプリートになればいいものを。
ディエンドの援護をあり共に戦うがまだ押されている。
十面「鬼」に対して轟「鬼」らを3体召還。ディエンドの召還限界は一体何人までだろうか?
それにディエンドは主役ライダーのカードは何枚持っているんだろう?
今確定しているのはブレイド・電王・キバの3枚だけどディケイド以外は持ってるのかね。


OPは本格的にネタバレ開始。今日は父親も珍しくディケイド見てる。
父さんはクウガ・アギトは全部見て龍騎~ブレイドはちょくちょく。響鬼も全部見てラッキーなことにカブトは最初の半年くらいまで見てた。
電王~ディケイドもあんま見てなかったんだけど今日のネタバレOP・Jがコンプリートフォームになるシーンを見て「なんだこれ」と一言。
やっぱり普通はそう思うよなww



ダメージを受けた士は夏海に連れられて大ショッカースクールの保健室で手当てを。
同時にユウスケにつれられたアマゾンも出てくる。
元は普通の小学校を占拠して大ショッカーの物にしたんだろうけど、戦闘員も怪我や病気にも気を使っているようだ。


治療を受けているとマサヒコの姉が出てくる。
彼女に士が子供の頃に撮ったマサヒコの写真を見せる。
やはり父親が生きていた時代に関係があるようだ。その場は大ショッカー戦闘員を呼ばれて逃げ出す一行。


河川敷で途方に暮れ亡き父との思い出に浸るマサヒコ。
ウィキで見たけどアマゾン本編にもまさひこって人物は出てきたらしいね。
ちなみにアマゾンはギギの腕輪を取られると死んでしまうらしいがディケイド版では採用されてない設定みたいだね。

マサヒコの前にギギの腕輪を渡すように迫るアポロガイスト。
再び自分を受け入れてくれることを信じて十面鬼へと渡す。
受け入れると言う十面鬼だがそのお礼として人類怪人化計画の第一号にするという。
ギギとガガの腕輪と使うと可能らしい。これはオリジナルアマゾン本編でもやらなかったことだろうな、腕輪取られると死んじゃうから。


写真館(アジト)へ戻ると荒らされている。栄次郎もキバーラもいない。
士はさっさとおさらばする気満々。ユウスケはアマゾンを連れて次の世界へ行こうとしている。
この世界に居場所がないから違う世界へ行くしかない、って言ってるけどそれはまた違うだろ。
本来、自分がいるべき居場所があるのにそれを捨ててしまっては居場所すらない士に失礼だろ。
それに違う世界へ移動してしまったらこの世界は大ショッカーの魔の手に落ちてしまうし。
逃げる、しかも完全な別世界に、なんて仮面ライダーが絶対にやっちゃいけないことでしょ。


大樹からマサヒコのピンチを聞いた士とユウスケはマサヒコを奪還。
男性が怪人化の犠牲になっていたけどなんとも面倒くさい作業だな。あんなんで60億人分変えるとか。
本当はもっと広範囲で光線が出て人々をドームみたいに逃げられないところに集めてから始める、とか色々と手段はあるんだろうけど、少なくともこの描写とかじゃ一体何十年かかることやら・・・


奪還は出来たが自分のせいでアマゾンが傷ついたと知ったマサヒコはギギの腕輪を奪い返しに行く。
姉からも懇願されて助けに行くことに。姉も自分達が大ショッカーにすがることで心の穴を塞ごう、って自覚しているのがなぁ・・・
どうでもいいけどせっかく綺麗な人なのに演技が棒だね・・・


dhikeido29-1.jpg
「迷惑だと思ってるなら止めるんだな」
「その声は!?」
ファイナルアタックライド
ディディディディケイド!



いきなりFARで奇襲攻撃を仕掛けるディケイドにディケイド返しで対抗する十面鬼。
まさかディケイドの分まで持っているとはな。引き分けとはいえディメンションキックで倒せない瞬間でもあった。
でも変身解除されちゃったから実質打ち負けた敗北か。
十面鬼が倒れている隙にギギの腕輪を奪い返すマサヒコ。すごすぎるだろw


十面鬼に説教を食らわせて2人で同時に変身!
やはり合わない組み合わせだ。
2人で十面鬼とアポロガイストに突っ込むがやはり1対1ではきつい。
あらゆる世界に回れるディケイドが各世界のボスと戦うのは普通になってきたけれど、アマゾンがXの敵であるアポロガイストと戦っているのは面白い。
しかも途中でライドブッカーを渡してその間にコンプリートになろうとするのがいいね。

やっぱりボタン早押しは大変だなw
最初の頃はゆっくり押せたけど途中から焦って押すようになり今となっちゃ攻撃をよけながらだw
武器を貰ったアマゾンだけどこれまで素手で戦ってきたから武器なんて使い慣れていないだろうに。実際防御にしか使えてなかったな。


コンプリートフォームとなり押し始めアマゾンの大切断でアポロガイストにキツイ一撃をお見舞い。
本当にディケイドは引き際が悪いな。大切断でやられるのも情けないとは思うがこうも途中で逃げてるとね。
確かに昭和っぽい逃げ方ではあるがそれを平成の作品で何度もやるなよと。

ガガの腕輪を狙う大樹も参戦。変身する時に発生するプレート?を十面鬼にぶつけるようにして変身するけれど、そのプレート攻撃をバリアで止める十面鬼もいいな。
鳴滝からディエンドのパワーアップだかハーフカードを貰ったみたいだけれど今回は未使用なのか変身の時にそのまま使ったのか・・・?
どっちにしろ変化は特に見られないな。イリュージョンのカードを新たな力、と言っている当たりそのカードを使ったから追加されたのかね?



dhikeido29-2.jpg
大樹が奪ったガガの腕輪を「ガガノウデワ」カードで奪い取る士。
怪盗が盗まれることほど情けないものはない。
ファイズブラスターを召還してディエンドとの同時FARで攻撃。これでやられない当たり前半だけとはいえさすがボスだな。
前回のファイズとさっきのディケイドで十面鬼に返されたけれど今回の攻撃はどっちも最強形態での攻撃。見事にリベンジ成功だな。
十面鬼も返せるのは1人までっぽいな。ディケイド・ファイズ・ディエンドの同時攻撃にはどうしようもなかったよう。

アマゾンのファイナルアタックライドを発動しガガの腕輪をアマゾンに。
す~ぱ~だいせつだ~んで十面鬼を倒す。4体の最強技を喰らってようやく倒したんだから十面鬼もただのパクリ野郎じゃなくて強い方なんだろうな。


ユニフォームを着たアマゾンと一緒にキャッチボールをするマサヒコ。姉もしっかりと見守っている。
ボスである十面鬼を倒したから後はもう一つ組織があるんだよね。
ディケイドアマゾン世界でも現れるか分からないけれどもし出てこなかったら実質戦いには勝ったようなものだな。
大ショッカーもトップを失った組織や怪人には興味なさそうだし。



dihkeido29-3.jpg
バレ情報で分かってはいたがやはりライダー大戦の絵が現れた時は震えが出てきた。
OPの「冥想するパラレルワールド」のところでライダー9人が集まっていたけれどあそこの戦うシーンがついに出てきた。
にしてもOPのあのシーンって結構謎なんだよね。
「オーロラ、きらめく時空超えて(どこかで戦いの幕が開き)」のところではそれぞれ戦っているのにサビ前の上のカットだといつの間に夏海を守るように?して待機。サビでディケイドと戦ってるし。
ただのOP演出だとは思うが本格的に締めに入ってきたようなので気になるところではある。



dhikeido29-3.jpg
ついに登場の剣崎!果たしてジョーカーなのか?それともあくまでディケイドRX世界のてつをのような存在なのか?
めっちゃ気になるな。
これまでオリジナルの人物や声を当てた人は結構出てきたけれど明らかにオリジナルの世界から来ている、と判明しているのは今のところ第1話の渡だけだからな。
俺としては正直どちらでもいいけどブレイドに変身して欲しいな。それか剣崎ジョーカー。


剣崎の人も出れて良かったなぁ。あんだけライダーアピールしてたのに劇場版出れなかったし。
スタッフも同情してくれたのだろうか?どっちにしろブレイドが好きな俺としては嬉しいな。
前のフィギュアーツディケイドレビューの最後の時にも書いたけれどブレイドは平成ライダーで2番目に好きな作品だからな。
期待したいところだ。


アマゾン編そのものは完全にスタッフだか脚本家の趣味で終ったな。
やはり居場所うんぬんは今の状況ではいらない。
9つの世界を巡っていた時のように説教言って終わりだったな。
今思えばなんだかんだで9つの世界を巡っていた時が一番面白かったという・・・

実質の最終回である劇場版がストーリー全部投げたんだからテレビ版には期待してないけどせいぜい頑張ってくれや。
劇場版も面白かったけれど求めていた面白さとは違うんだよな。
ネット上の反応を見る限り最初は「面白かった」と言っていた意見も段々「つまらなかった」に変わってきたような気がする。
共通して言えることが「ネタバレしすぎ」「予告が全て」ってことだな。
やはりあの流出はやばかったし児童誌やテレビ予告でもネタバレしすぎたな。
結局ピークがオールライダーが駆けつけるシーンで唯一ネタバレしなかった、といえば巨大コンプリートフォームの必殺キックだけだもんな。
やはり情報管理は大切だ。


大先生の脚本の回とかでも「確かにストーリーはアレだが井上は平成ライダーの脚本を何度も書いてきた。だからディケイドでも書くことに意味がある」って言うのを何度か見つけたけれど、こっちからしたらそんなこと知ったこっちゃないわ。

ディケイドに限ったことじゃないが何で自分らで書いた話をしっかりとまとめることすら出来ないんだよ。話書くプロだろうが。
安定しない士や大樹の性格(特にブレイド・シンケン世界の士は酷すぎる)・脚本家同士で連携取れてないのは明らか・最近はマシになったが異常なまでに活躍しなったクウガ。
盛り上がるシーンはあったがストーリーはボロクソ。頼みの劇場版もオールライダー集結が華。
商業的には良かったのかも知れないが俺から見たらやはりディケイドは「失敗」だったと思う。
お祭り、ってことで必死に自分に言い聞かせて逃げてたけど思い出ぶち壊されたしな。

テーマ:仮面ライダーディケイド - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2009/08/17(月) 01:20:16|
  2. 仮面ライダーディケイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する