特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

アリソンとリリア第12話「リリアーヌの長い一日」

arison12-4.jpg
テスト終わった。そして次週で感想も終わる


テストはとりあえずやれる分はやった。
簡単だと思っていた世界史だけどノートを見たら想像を絶する難しさで唖然とした。
いやマジで難しいよ、ゆとり的視点だけどな。

それとフィギュアーツでカブト&ガタックきたああああああああああああああああああああああ
装着のハイパーゼクターはフィギュアーツカブトにつけられるのだろうか?
ハイパーカブト出てくるなら当然あるんだろうけど、装着とは互換性なさそう。
てか装着で出しときながらカブトライダース全部出る可能性ありって・・・


装着はもう黒歴史すか?



arison12-1.jpg
事件に一応の決着をつけたアリソンたち。
ベネディクトはフィオナに婚約の申し込み。確かに村の連中の説得が大変そうだw
はいなら微笑を、ってあれ笑っているようには見えなかったんだが・・・
少し遅れてストーク少佐が到着。
今回の事件で協力した軍の人間にしかるべき処分が下ることを知らせる。
用件だけ伝えて帰るのかと思いきやヴィルがゴム弾を発射。終戦直後の世界のゴム弾なんてのがあるのか。


ここで衝撃の事実、ストーク少佐はアリソンの父だった!
悪役に徹してでもテロルを殺す必要があった。
何の罪もない車掌長さんは可哀想だな・・・
というか原作のがもっと死んでるんだよな。
ここまで原作ぶち壊しといてリリアどうすんだ?
最初の爺さんで言語のトリックやらないからリリアがトレイズ嫌う理由ないし、人殺しを経験してないヴィルがどうなるんだか・・・


arison12-2.jpg
めでたく同居することになった2人。
次回、俺にとっての感想最終話はオリジナルかな?
一応視聴は続けるけど見るのは次で終わりかぁ。
なんか1話から嫌な予感はしてたんだよ・・・
そしたら案の定だったしヴィルの鈍さっぷりもいくらなんでもありえなくムカつきのレベルに達するしなぁ・・・


arison12-3.jpg
微妙に老けているような気がするけど、アリソン編とリリア編の中間なのだろうか?
スポンサーサイト

テーマ:アリソンとリリア - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/06/20(金) 16:00:50|
  2. アリソンとリリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリソンとリリア第11話「装甲車に向かって撃て」

arison11-1.jpg
そろそろ切り時か・・・


よく俺も見てたよ。
次週でアリソンの方は終わりでリリアに入るっぽいけどもういいや。
視聴は続けるんだろうケド感想はかかない。
もともとアニメ感想は3枠しかないんだから、7月スタートのアニメも書きたいしな。
7月スタートは何を書こう?
ゼロ魔3期はいいかな。スタッフも2期と変わらないんじゃ結果は見えきってるし。
予告版権絵の時点で萌え豚釣る気満々だな・・・



後方から迫り来る電車を止めるべく作戦にでる。
ただこの作戦というのが特に考えないで見ていた人でも分かるぐらいしょぼい。
しかも火を付けた車両をどうするんですか?ってそんなの切り離す以外に何あんだよ・・・


一難さってまた一難。今度は反対側の路線に走る戦車。
半ば脅され撃墜することに。

arison11-2.jpg
そこで明かされる彼の本当の任務。
どうもストーク少佐はあの悪人を逮捕するために動いていたらしい。
あの悪人は戦争で設けていた人間で、平和になってしまっては儲からない。
そこで軍の和平を望まないような奴らが結託してロクシェを売ろうとしているらしい。
軍なのに平和望まないって・・・
戦争している方が儲かるのか?


さっそく撃墜作戦を開始するが1発目は外れる。
当然売ってくれば相手も警戒して速度を上げて逃げる。
AUさんことベネディクトが援護射撃をしているのがかっこよかったな。
ただ戦車なのでライフルをもってしても傷一つつかない。
戦車を銃で撃つシーンも見ると「プライベートライアン」を思い出す。
ラストシーンでボロボロの兵士が自分に向かってくる戦車をやる気なさそーにパンパン撃つシーンがあるんだけど、それを思い出すな。
初めて見たときは衝撃的だったよ。なんというか「生と死」がしっかりと描かれている作品だったよ。



arison11-3.jpg
一難さって一難さってさらに一難。
この銃シーンは期待していたんだけど駄目だったか・・・


arison11-4.jpg
広告・声優さんと凄まじいものがあるのに肝心の中身がなぁ・・・
最後はこれ見て終わりか。
どんなにアレでも1クールは見ようって決めたこの作品。俺頑張ったよな?・・・もう切ってもいいよな?

テーマ:アリソンとリリア - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/06/13(金) 18:42:35|
  2. アリソンとリリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリソンとリリア第10話「陰謀という名の列車」

2008y06m06d_191236088.jpg

やっと面白くはなってきたかな。
このタイトル好きだからようやくここまできたか、って感じだな。




2008y06m06d_191245686.jpg

アリソンとヴィルは一緒の部屋で良い感じになるのかと思いきやヴィルはあっという間に寝る。
これで枕に当たってたのかw
そしてちゃんとシャワーシーン流せやゴルァ!
なんのために深夜枠だよ。



次の日、いきなり駅長が何者かに落とされる。
あの速度で落とされたら助からないだろうな。
アリソンは列車上に上った犯人を追いかけるんだけど、トンネルに入っているうちに見逃してしまう。
あの速度の暗闇の中で車両間の隙間に入って逃げるってすごいな。
やっぱ犯人はあのボディーガードの軍人の人なんだろうか


さっそく乗務員にことを知らせて事態が騒がしくなってきた。
戦争でもうけたおっさんが狙われているようだけどラストシーンとか怪しすぎるw


2008y06m06d_191856605.jpg

次でなんか2人で銃構えているシーンがあったからもう終わっちゃうの?
仮に後もう1話あったとしても4話で陰謀の列車編を閉めるというのか。
原作だと2巻あんのにな・・・
まぁ確実に見れた回ではあったけどさ

テーマ:アリソンとリリア - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/06/06(金) 20:00:03|
  2. アリソンとリリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリソンとリリア第9話「元戦場に架かる橋」

2008y05m30d_182929016.jpg
2008y05m30d_183730890.jpg

前回アリソンと再会したときは夏休みから冬休みだったけど、今度は春休みに再会。
大きな休みごとに事件が起こってるな。
まぁアリソンはともかくヴィルは学生だからこうゆう休みじゃないと思いっきり動かせないんだけどね。



早速アリソンとフィオナと再会。
あの駅員、人の話ぐらい最後まで聞いてやれよ。
まともに反論しないヴィルにも腹が立ったがな。
アニメヴィルはちょっと鈍感すぎてむかついてくるな。
いくらアニメとはいえ、ここまで鈍い奴は帰っていないだろ。
いくら深夜枠とはいえここらへんが「子供向け」になっちゃうんだろうな・・・


途中の駅でベネディクトとも再会。
なんだその変装はww
出迎えてくれた人は良い人っぽいけど、悪人なんだろうな・・・


2008y05m30d_183739674.jpg

アリソンの父は戦死していた。
しかも死因は味方からの銃弾。
あくまで推測にすぎないんだけど、アリソン父は軍では情報部だったらしい。
それが敵に捕らわれ重要な情報を失うと恐れた味方兵士が発砲。
こうゆうのは「仕方ない」の一言で済まされるんだろうな・・・


てなわけで、陰謀と言う名の列車編も始まったわけだ。
アリソン枠は12話までかな?それとも13話?
いいかげんリリア編もやらないといけないしな。


arison9-1.gif
ヴィルももっと察してやれよ・・・

テーマ:アリソンとリリア - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/05/30(金) 22:21:43|
  2. アリソンとリリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリソンとリリア第8話「王女様と英雄」

arison7-1.jpg
本当に2クールで終わるのかね?


1巻4話ペースで消化しているみたいだけど、アリソンだけで16話使っちまう計算になるぞ。
リリアの方でも同じくらい取られるだろうし。
ただでさえ原作を結構削ってるんだから、いくらなんでもこれ以上は削れないだろうし・・・
秘かに3クールだったりする?



フィオナはついに民衆の前で自分の招待を告白する。
それでも相手議員はそんなはずはないと食い下がる。
こうゆう攻防は見ていて恥ずかしいな・・・


代々伝わるメダルというかペンダントを見せるフィオナ。
警護をしていた男性は実は昔フィオナに仕えていたようで、鑑定をしてくれると。

「間違いなくこれは・・・本物です!」

と思った瞬間議員の男がフィオナを昔のように盾にして逃走。
周りにあんなにいたのにあっさりと捕まえられて、むざむざ逃走されるとさすがに笑えてくるわww
しかもこの悪党の末路も追いかけてきたアリソンとヴィルの飛行機の風で吹っ飛ばされるという哀れなものw
フィオナよく吹っ飛ばなかったなw


arison7-2.jpg

正式に王女となったフィオナだけど、ここでヴィルからフィオナが実は王女ではないということを明かされる。
実はフィオナは双子で上に姉がいたと。
それが画像の寝ている子なんだけど、同じ城内にいたっぽいのに一度も会ったことないの?
しかもあんな小さな子が歩いていける距離で・・・


arison7-3.jpg

列車編で8話使うつもりですか?

テーマ:アリソンとリリア - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/05/23(金) 17:44:02|
  2. アリソンとリリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する