特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ARIA最終話

ARIA終わったー!頑張ってリアルタイムで見たぜ!
携帯からだからさすがにキャプチャはできん。すまん。

すごい原作をトレースしつつ実に素晴らしくまとめたと思う。
アリシアさんの引退セレモニーも原作にはないサプライズだったし、
スノーホワイトの名の通り雪が降ってきたのも素敵な奇跡だ。

それぞれのその後。ここで11話の会話が出てきたわけだけど
やっぱ「昔の楽しさに捕われて今の楽しさに気がつかないのは勿体無い」はやって欲しかった
みんないい未来に歩いているわけだけど、アルくんの身長伸びたのは嬉しかったぜ
やっぱアイカと同じくらいじゃないと!

途中までアニメじゃアイちゃん出ないのかと思ったけど最後の最後で出してくれた。
BGMのウンディーネといいここのスタッフはやってくれるぜ!
5年後くらいかな?灯里も随分落ち着いてる


3月の最終回の中じゃ間違いなくトップクラスの素晴らしさ。
本当に素晴らしい作品でした。みなさんも視聴お疲れ様でした!
ARIA、今まで素敵な時間をありがとう!
スポンサーサイト
  1. 2008/04/01(火) 03:19:03|
  2. ARIA The ORIGINATION
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ARIA The ORIGINATION第12話「その 蒼い海と風の中で・・・」

ariao12-10.jpg
すごい作品だなーと再実感



アリスがプリマとなった今、灯里と藍華は2人で最初に会ったときのように合同練習。
しかし冒頭で藍華は無事プリマに昇格。
友達の昇格を素直に喜べるってのはいいよね。
それにOPだけで終わってしまったとはいえこの試験シーンは原作にはないからありがたい。

ariao12-1.jpg
ariao12-2.jpg



その事をアリシアさんに話す灯里。
藍華は支店長もやるみたい。やっぱ会社からも期待されてるんだな。

ariao12-3.jpg
「灯里ちゃん、明日プリマ昇格試験を行います」

ついに灯里にも昇格試験の話が回ってきた。
シングル昇格時は無通告で行いプリマの時だけは知らせるのかな?
翌日は雨だけどなんとか晴れて試験開始。



ariao12-4.jpg
「さあ、お手をどうぞ」

今まで予告の最後だけしか言ってなかった台詞だけどプリマ昇格のこの時についにきた。
雨のせいで冷めていた席を暖めるという心遣いも灯里らしくていいね。
こうゆうささやかなのが嬉しいよね。


ariao12-5.jpg
ariao12-6.jpg
ariao12-7.jpg
やはりプリマ昇格の試験は大変で細い道も通らなきゃならないけど、大勢の人に見守られながらそれをクリアする灯里。
にしてもこの中でアルくん出ていないのは可愛そうだったな。
忘れられたのだろうか・・・


最後は自分にコースをまかされる。
やはりコースはアリアカンパニーの前。

「私のゴールはグランマのような、アリシアさんのようなアリアカンパニーそのもののようなプリマです」
「灯里ちゃん、あなたがアクアに来てくれてから私の世界は一変した。当たり前だった日常が、世界の表情が、きらきらと素敵に輝いていった・・・
そう、まるで魔法に掛けられた様に。このアクアを優しく包み込んでくれる、どこまでも続く空や海の様に。あなたに出会えて、本当に良かった・・・」

ゆっくりと灯里の手袋を外すアリシアさん。

ariao12-8.jpg
「ありがとう私のアクアマリン―遥かなる蒼―」

ついに、ついに灯里もプリマに!
灯里もおめでとう!
3人の通り名は、

灯里=アクアマリン―遥かなる蒼―
藍華=ローゼンクイーン―薔薇女王―
アリス=オレンジプリンセス―黄昏の姫君―


英語読みだと、藍華(女王)>アリス(姫)>灯里の順にすごいと思うけど、
日本語読みだと、灯里>藍華>アリスだと思うんだ。
「遥かなる蒼」ってのが壮大な海を表しているようで好き。
発音的には灯里=アリス>藍華だな。


ariao12-9.jpg
そしてついに次回はアリシアさんの重大発表と共に最終回。
最終回放送時に俺だけ東京(実家)行ってるかもしれないんだよなぁ。
リアルタイムで見ようかな。2時半からだけど・・・

テーマ:ARIA(コミックス・アニメーション) - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/03/25(火) 15:56:00|
  2. ARIA The ORIGINATION
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ARIA The ORIGINATION第11話「その 変わりゆく日々に・・・」

ariao11-1.jpg

作画すげえええええええ!!


晃さんは藍華の通り名の名称を考えいる。
しかし絶望的なまでにネーミングセンスがない・・・
それだけならまだしも藍華は今後姫屋を背負っていくプリマになるのだから、ただプリマになるのとは違う。
周りの人たちも飛び級したアリスの話題で持ちきり。
それでいて元気な藍華を見た晃さんはキツイな。



ariao11-2.jpg

「藍華、もういいよ・・・」
「晃さん。藍華・S・グランチェスタは燃えているんです!」


―走る時、前に自分よりちょっと早い人がいる時の引っ張られる感覚―

それはなんとなく分かるよ。
小・中学校で合唱会みたいなにがあったけど、隣に大きな声で歌っている人がいると自分もつられて大きくなるみたいな感じのやつだな。
そして中3最後の合唱会、俺のクラスは銀賞・指揮者賞をもらったな。
金賞・ピアノ賞もあれば3冠だったんだが・・・



ariao11-3.jpg
ariao11-4.jpg
「落ちたら承知しないぞ未来の女王陛下?」


ariao11-5.jpg
すべては我愛しきローゼンクイーン(薔薇女王)の名の下に


全く関係ないが、今○○生命から電話かかってきた。
何が「○○様(父)は?」だ。
会社行ってるこの時間にいる訳ねーだろ、クソが。



その頃のアリス。
もうプリマとして働くのが結構慣れてきたみたい。
しかし元々心配性っぽいところはあるので、まだあれかも。
そして未だに通り名になれない。
オレンジプリンセス(黄昏の姫君)なんてすごい素敵な名前なのに。


ariao11-6.jpg

悪気はないのにこの子は多くのアリス信者を敵に回したなww


「さびしいよぉ・・・」

なぜか発音に違和感を感じた。
アリスはやっぱいつもの3人で会えないことはさびしいみたい。
それりゃ、いきなりプリマになってプロとして働くことになって今までと違う環境になるんだから当たり前だ。


ariao11-7.jpg

あっさりと灯里と藍華が会いに来るのだが、アリスは自分から会う理由、「きっかけ」がないと。
そんなアリスに灯里は

「アリスちゃんがいるじゃない」

時間なんて無理に作ればいい。
会いたければ会いにいける。
久々に恥ずかしい台詞は聞いた気がするが、これはいい台詞。


ariao11-8.jpg

「この3人ならでっかい大丈夫!」

今回は作画今まで一番良かったんじゃない?
まさか3Dまで出てくるとは思わなかった。
ただ作画や話がいいのはもちろん嬉しいんだけど、終わっちゃうんだなーっていう悲しみもあるな。
そしてまたまた次回は神回。ラスト2回!

テーマ:ARIA(コミックス・アニメーション) - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/03/18(火) 14:39:26|
  2. ARIA The ORIGINATION
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

ARIA The ORIGINATION第10話「その お月見の夜のときめきは・・・」

ariao10-4.jpg
神回連発はうれしいけど、終わっちゃうんだなーと実感



プリマウンディーネとなったアリスは当然接客。
肩にハンガーを入れたような感じ(藍華談)となりカチコチになってしまう。
それでもあのカメラマンの人のサポートは出来てたと思うし、いきなりプリマになればこんなもんだろな。
頑張ってるよ、うん。



で今日はお月見をすることに。
アクアではお月見の習慣はないらしいけど、俺らもそんな習慣は特にないぜ。
お月見だからといって特別何かをするわけじゃないしな。
にしても3人の私服姿は可愛いな。
灯里の団子をいろいろな物にあわせて楽しむ姿もいい。


「にしてもアル君遅いわね」
「ていうかいつの間にアルさんが来ることになってるんですか?私たち3人でお月見じゃなかったんですか?」

2828のアリス。
藍華も抜け駆けないなw
場がアレなのでアル君を向かえに行くことに。
アル君はすぐに見つけるんだけど、まるで何かにおわれているような感じだったぜ。


ariao10-1.jpg
ふざけてるうちに井戸の底に落下。
道連れにアル君まで・・・
井戸にしては随分小さいね。そして井戸のそこにはなんか変な気体がたまってるもんじゃないの?
藍華は髪切ってかわ可愛くなったなぁ。
前の髪型は好きじゃなかったからこっちの方が好き。


途中マー社長が向かえ?にくるんだけど、一緒に落下。
上に戻しても見事に戻ってくる始末w
何度かそれを繰り返し灯里たちを呼びに行く。
・・・期待していいのか・・・?


井戸の中で思わぬお月見をすることになった2人。
いいムードだ。ニヤニヤがとまらんぜw
アル君が空気読んでないように喋り捲っているように見えるけど、アル君も恥ずかしいんだよw
アル君が話し出す前に「天の道」のポーズをとった様に見えた特オタは俺だけではないはずだww
マー社長のおかげで灯里とアリスが到着しなんとか脱出できる。


ariao10-2.jpg
ariao10-3.jpg
アル君GJ!!


今回も神回だったな。後アリアも3話か。
漫画・アニメと「アリア」という作品が確実に終わりに近づいているな。
悲しいことだけどやはり恵まれた作品だよな

テーマ:ARIA(コミックス・アニメーション) - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/03/11(火) 11:00:39|
  2. ARIA The ORIGINATION
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

ARIA The ORIGINATION第9話「その オレンジの風につつまれて・・・」

ariao9-1.jpg
アリアで泣いたのは初めてだ・・・
アリスおめでとう!!




ミドリスクールを卒業したアリス。
さっそく後輩から第2ボタンを迫られる。
アリス本人は気に留めることなくあげてるけど、第2ボタンってのは心臓に近い位置だから上げるんだよね?
俺の高校やアリスの学校のように学ランではなくブレザーは第1ボタンのが近いんじゃ・・・?
そしてこの学校は百合で形成されているのかと思いきや「僕も!」って聞こえたから男もいるのな。
そして制服を着ていたアリスなんか太って見え(ry




ariao9-2.jpg
ariao9-3.jpg
「ゴンドラ、とおりまーす!」

卒業したことにより学校の時間を灯里や藍華との練習時間に費やすことが出来る。
しかもかなり気合の入っているよう。


「明日・・・ピクニックに行きましょうか?」
「え?」
「今度こそ、絶対」
「・・・?」


きたあああああああああああああ


にやけてきたぜ。
そういえば「今度こそピクニック」って言ってて前の話でいけなかったことかと思いきや
実は2期ラストでもピクニックに行きましょうって言ってるんだよな。
これはささやかな複線。



ピクニック当日。
お弁当を持ってでかけることに。
ちょっと変わって今回はアテナさんがお客様ということに。


ariao9-4.jpg
「お客様、お手をどうぞ」

かわいい!


ariao9-5.jpg
アテナさんの言うとおりアリスは笑顔が素敵になってきたな。
けどアリスファン的には笑顔のアリスよりちょっとムスっとしている方がいいのだろうか?
俺は笑顔のアリスの方が好きだな。


にしても作画スタッフの方々頑張りすぎ。
情景描写が素晴らしい。
絵の良さっては背景でかなり変わってくるらしい。
実際原作の作者である天野先生の背景も綺麗だしな。


途中途中でアリスのテクニックがうかがえる。
あの船が来たときにミリ止めはすげぇよ。
元々才能ある子だし灯里たちと一緒に来てますますって感じだな。
心も技術も成長してきているね。


「頑張ってね」

ゴンドラは進み水上エレベーターへ。
今の台詞は感のいい人だとばれそうだ・・・
そして今の人は何をしにいったんだ?



ariao9-6.jpg
ariao9-7.jpg
ariao9-8.jpg
ariao9-9.jpg
ariao9-10.jpg
何だこの神演出は?すごすぎる・・・!



「知っていますか?ウンディーネさん。この星の地表に水があふれ、アクアと呼ばれるようになる前、
この世界は一面のオレンジ色だったと聞いたことがあります。
だからかしら。世界がオレンジ色に染まるこの時間帯がアクアに住む私たちにはとても愛おしく、懐かしい。
まるでここに私たちの永遠があるよう。」


ゆえに「オレンジプラネット」か・・・
進むゴンドラの先に灯里と藍華、会社の偉い人とゴンドラ協会の人が。
そんな事を考えている間に最後に一曲、と。


ariao9-11.jpg
「お客様はアクアにその名をはせる水の3大妖精はご存知ですか?
「え?」
「実は私こうみてもその1人、セイレーンと呼ばれる方の一番弟子なんです」


ariao9-13.jpg
ariao9-12.jpg
ariao9-14.jpg
歌い始めるアリス。
夕日と回想をバックにアリスが美しく歌い上げる。
反則だよこの演出は。

アリスうまい、じゃなくて広橋さんうまい。
なんか広橋さんはあんま歌上手じゃないって聞いたけど、これは広橋さんの本気だな。



ariao9-15.jpg
「会社はあなたのミドルスクール卒業の日をずっと待っていました。
操舵の技術は完璧。懸念されていた観光案内や接客、
そしてカンツォーネも今日の試験で見事に著しい進化の証を見せてくれました」
「・・・アテナ先輩これって・・・」


ariao9-16.jpg
「水先案内業界の次世代をみなう逸材であるあなたに大して、
ゴンドラ協会はなみなみならぬ評価と強い期待をこめて、過去に例のない大英断を下しました。・・・おめでとう、アリスちゃん。いいえ――


ariao9-17.jpg
オレンジプリンセス―黄昏の姫君―
今日からあなたはプリマウンディーネです」
「オレンジ・・・プリンセス・・・」


アリスおめでとうーーーーーーーーー!!


すげえ!まじすげえ


ariao9-18.jpg
「アテナ先輩・・・アテナ先輩・・・」
「アリスちゃん」
「う、うわあああああ」

俺 も 泣 い た!


にしても灯里と藍華の先輩の立場は・・・
しかし今回は神回だったな。いや今回「も」だけど。
話・作画・演出・声優さんの演技とどれも素晴らしい。
それは俺にとってのアリア最高のテキスト・画像数がものをいっている


原作最終回は見たけどアリアらしくてなんかよかったな。
間違いなくアニメ最終話に持ってくるんだろうな。
そしたらアニメ・原作同時期修了というかなりいい待遇で終われるな、アリアは。
そういやCCさくらもアニメと原作修了が同時期だったからいい感じで終わったな。

テーマ:ARIA The ORIGINATION - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/03/04(火) 15:11:13|
  2. ARIA The ORIGINATION
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する