特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

CLANNAD番外編「夏休みの出来事」

kura24-1.jpg
アフターキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!



kura24-2.jpg

夏休みに入ったようで補習のため仲良く登校。
ただ親父とはまだ仲直りとまではいかないらしく、現在も古河家に居候中。


kura24-3.jpg
kura24-4.jpg

まったくニヤニヤさせてくれるぜ。
この2人まだ手すら繋いだことが無いらしくいざ繋ごうと思ったら


kura24-5.jpg

愛すべきKY=杏なら許す!登場


kura24-6.jpg

悪気があったわけじゃないんだけど、ものすごく負のオーラが漂ってるような気がする。
やっぱ杏の敗因は2年の時に告白しなかったことだな。
もっとも杏の性格を考えれば自分から告白なんて出来ないんだけど・・・



kura24-7.jpg
kura24-8.jpg

ブロッコリーにヒトデwww
それはおいといて、2人の仲は女性陣(負け組み)でも話題に。
数週間立ってるのに手すら繋がないとはな。


kura24-9.jpg

どこまで言った?ってw
手すら繋いでませんww



kura24-10.jpg

16話以来に芽衣ちゃん登場。
しかし本来の目的であるはずの春原は完全スルーで古河家で夕食。
夜はソーメンだったっぽいけど、居候にも関わらず一番最初に手をつける朋也自重。

渚は秋夫と早苗さんを休ませるためにパン屋を手伝う。
芽衣ちゃんは宣伝をし始めるが――


kura24-11.jpg

お前らがいるww

徹底的に男狙いで宣伝する芽衣ちゃん。
ここはなんか原作でもうざかったなぁ。
そう思う俺は少数派なのかもしれないけど。
それにここは原作だと渚と朋也のレジのやり取りが面白いんだよな。
てかさっきから俺原作原作うるせーなw
クリアしたばっかで調子に乗ってるw


kura24-12.jpg

せっかく芽衣ちゃんが春原の部屋にきても見事にスルーされる。
あきれる朋也。
そういえば結局志麻くんは出てこなかったな。
アフターでも出せないしどうしようもないな。
それは勝平にもいえるけどね。
スタッフも出したかったんだけど仕方なかったらしいけど。


途中朋也が兄弟愛などという危ない妄想に入るが――

kura24-13.jpg

アッーーーーーーーー!!

予告見たときはパラレルで本当に春原BADやるのかと焦ったよ。
いやぁ妄想でよかった。
BADだと朋也すごいからなw



kura24-14.jpg

翌日デートをする2人だが渚の様子がおかしい。

「私、朋也くんに奢らせちゃってます!」
「こんな可愛いことデートできるんですから!」

とか。全ては芽衣ちゃんの差し金だったわけだけど。


kura24-15.jpg
kura24-16.jpg
kura24-17.jpg

まぁニヤニヤ出来たからヨシとしようw
しかしこの番外編って何か意味あったんかね?
スタッフの自己満で作ったわけじゃないだろうし・・・
だが最後にちゃんと意味のあるものを残してくれたぜ。


kura24-18.jpg

待ってましたのアフターストーリー!!


アフターは一本道だろうから学園編みたいにグダグダになることもないだうからいい出来になりそう。
「AIR」や「ハルヒ」を見れば分かるけど、京アニの原作トレース力はすごい!
Kanonの真琴ルートや風子ルートだってそこの話までは一本道と考えればすごい出来だし。
ただ放送時期がわからんな。
6月ってのも聞いたし9月ってもきいたし。
どっちにしても何でそんな中途半端な時期に・・・


kura24-19.jpg

それに「これ」があるって事はやっぱり・・・


何にしてもアフターには期待してるぜ!
原作も終わったことだし、これで俺も原作信者の仲間入りだwww
スポンサーサイト

テーマ:CLANNAD - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/03/28(金) 14:44:42|
  2. CLANNAD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CLANNAD終わったー

CLANNADフルボイス終わったーーーーーー!!



長かったなぁ。学園編・幻想世界・アフター入れて50時間越えてるよ。
途中途中で感想書いてたから学園編の感想ははぶいて、以下アフター・幻想世界感想。
アニメオンリーの方は引き返して!



























一番泣けたのはやっぱアフター1週目。
渚を失った後の朋也は見ていてむかついたし、何よりも情けなかった・・・
早苗さんが仕組んだ旅行も初日は娘であるはずの汐には酷い扱いだったし
2日目でやっと出かけても酷い態度。
正直これはないと思った・・・
旅行中はずっと見ていられなかったな。

夕暮れで親父の母に会ったときの会話は感動して涙が出てきた。
サザエさんのフネさんじゃん!って思ったけど、フネさんの中の人は大ベテラン声優さんで「叔母」って感じですごい良かったな。
言葉の一つ一つに重みや優しさを感じる。

放送当時2ちゃんで「親父は人間としては失格だけど父親としては最高」ってレスをよく見たけど
ここでその意味が分かったよ。
朋也も親父も最愛の妻をなくしたけど、親父の方が朋也よりは頑張ったな。
最終的には堕落してしまうとはいえ頑張って朋也を育てたわけだし。


ここだけでも感動してるんだけど花畑の中で汐と。
「泣いていいのはおトイレの中と・・・パパの胸の中だけだって

こ れ は 泣 い ち ゃ う よ!


その後親父との交流で長年の呪縛からとかれる親父。
ここも泣いたよ。
親父母、汐、親父の3連ちゃんで泣いた!


だけど汐死んじゃうんだよね・・・
key板で時系列を見たけど、この瞬間からまたこの街は嫌いだにうつるのか。
アニメ化するなら1週目のこの場面から3週目につなげるしかないね。
正直3週目は泣けなかったんだ。
一度読んだことのある文だからどうしてもスキップ機能を使って最後の呼ぶ・呼ばないまで飛んじゃうんだよな。
そしてそのまま「小さなてのひら」歌もいいんだけど、正直意味わからなくてポーカンだった。

汐雪の中で死亡→そのまま画面が光に包まれて3週目の「叫ぶ」の選択肢へ→トゥルーエンド

かな、アニメ化なら。
これなら涙をためたまま小さなてのひらに入れる。


何にせよ素晴らしい作品だったな。
「CLANNADは人生」に恥じない作品だったと思うよ。
小さなてのひらはやっぱすごい曲だと思うな。
つーか歌詞でくる。

小さな手にも
          いつからか僕ら追い越してく強さ


このフレーズがもうね、くるわけだよ。
6000円で買ったけど十分すぎるほどの出来。
ただクリアした後プレイしてなから6000円が放置されてるのかと思うとむなしくなってきた。
今度サントラとビジュアルファンブックとか買ってこよう
  1. 2008/03/26(水) 14:24:38|
  2. CLANNAD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

CLANNAD最終話「影二つ」

kura23-1.jpg
CLANNADは人生


「おっさんや早苗さんに挨拶しないでいいのか」
「・・・・・・」

渚は以前落ち込んだまま。
秋夫と早苗さんに挨拶も継げずに学校へ行く。

「さっきの写真」
「ああ」
「私のお父さん、役者をやっていたんです。高校との時から学生演劇団が有名でコンクールで優勝したこともあるそうです。
私知りませんでした。お母さんが中学の先生だということは聞いてましたけど。
・・・写真の中の2人はとても幸せそうでした。2人は夢をかなえていたんですから」
「渚」
「そしてそれはずっと続くはずだったんです。私さえいなければ・・・」
「それは違う。それに今だってあの2人は幸せなはずだ」
夢は諦めてしまいました。違いますか?
「っ・・・」
「そして今私は2人の夢を犠牲にして自分の夢だけかなえようとしているんです。
私は酷い子供です。恩知らずです。岡崎さんにもそうです。自分の夢をかなえるためにみなさんの時間を沢山使わせてしまっています。」
「俺たちは好きでやってるんだ。今お前がくじけちまったら、俺たちがしてきた事が無駄になっちまう。
みんなでここまでやってきたんだ、頑張ろうぜ」


渚を励ます朋也。
学校は当然お祭りモード。
芽衣ちゃんや裕介さんに早苗さん。志麻君?を抱いている美佐江さん。
見張りをしている智代。そして演劇部一同。


「ふわあああぁぁ。すげえ眠ぃんですけど」
「あんた緊張感ないわね」
「渚ちゃんどうしました?」
「え?」
「渚も本番前で硬くなってるんだ。だよな?」
「あ、はい」
「渚ちゃん、なんかおかしくないか?」
「いろいろあってな。お前は普段どおりでいてくれ」
「ふぅーん。渚ちゃんいいおまじない教えてあげるよ。手に字を3回書いて飲み込むんだ。人・人・人」


kura23-3.jpg

それ人じゃなくて入るなの
「気持ちが大事なの!気持ちが!」
「陽平、漢字書けないなら無理してくていいわよ」
「書けますよこれくらい!」
「またまた~」
「あなた馬鹿にしすぎですよ」
「本番は午後からだし、ちょっと外に出てみないか?」
「ああ、僕妹の相手しなくちゃ」
「じゃ、時間まで自由行動ね」


もしかして春原は渚の緊張を解きほぐそうとわざと間違えたのだろうか?
いくらアホな春原いえども人と入るを間違えることはなさそうだ。
スポ薦で入ったとはいえ進学校なんだし。


「さてと、どこに行きたい?」
「・・・」
「渚」
「すみません、なんでしょうか?」
「・・・」
「ごめんなさい。しっかりしなくちゃって分かってるんですけど。つい色々考えてしまって・・・
岡崎さんの言ってたとおりです。みんなで作り上げた舞台なのに私のせいで台無しにしてしまうわけにはいかないです」
「そうだな、しっかりやろうぜ」
「はい」


2人は模擬店を回り始める。
これで悪いムードなど吹っ飛べばいいのだが、途中ではぐれてしまう」


「岡崎さん?」
「どこいっちまったんだあいつ・・・あっ早苗さん」
「あら岡崎さん」
「おっさんは一緒じゃないですか」
「はい、先に行くようにいわれました」
「見に来てくれるかな・・・」
「大丈夫ですよ。渚の晴れ舞台を見逃すはずがないです」
(全部知っちまったんだろ?)
(俺が見つけたときは手遅れだったんだ・・・)
「渚はどこにいますか?」
「それがはぐれちゃって」
「あら」
「古河さん?」
「あ、磯貝さん」


ここでまさかの磯貝さん!
当然風子が古河家に入るときにつかった偽名のお隣さんがここで登場とは。
さすが京アニww


「それじゃあ私はここで。渚のことお願いしますね」
「・・・」


その頃渚は資料室に。
ここでゆきねぇキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


「失礼します」
「あら古河さん。どうなさったんですか?」
「あ、その・・・・・・前に岡崎さんから聞いたんです!ここには高校演劇の資料がそろってるって」
「お芝居の参考になさるんですか?」
「はい」
「午後の舞台楽しみにしてます。頑張ってくださいね」
「はい・・・」
「私少し外に出てきます。資料もビデオもご自由に見てくださいね」
「ありがとうございます」

ゆきねぇ空気読んだ!
その後クレープを食べているところを朋也に見つけられるわけだが、なんかシュールだww

「宮沢」
「あら岡崎さん」
「渚をどこかで見なかったか?」
「古河さんなら資料室で昔の高校演劇の資料を」
「あっ!渚!」


そこには演劇のビデオを見ている渚。
画面には高校3年の秋夫が映っている。
演技もうまい。


「これ、おっさんの・・・」
「お父さんが高校生のときのビデオです。演劇コンクールで優勝したときのものです。
・・・すごく上手です。私と同じ高校3年生なのに。私なんかと比べ物にならないほど。」


優勝したインタビューで秋夫が挨拶を。
そこには芝居が大好きな事を思いっきり叫んでいる秋夫。
本当に楽しそうな姿は今の渚にはかなりキツイ・・・


「お前はお前だ。今お前に出来ることをするしかない。そうだろ?」
「・・・・・・」



そのまま本番寸前に。
既に仁科さんたちを始めとする合唱部の面々は終えたみたい。
確か合唱部もギリギリの3人だったはずだけど増えてね?


「なーぎさ!」
「いよいよこのときが来たねぇ」
「大丈夫。絶対成功します」
「練習どおりすればきっとうまくいくの」
「あんま緊張しないで楽しくやりましょう」
「ぶひっ!」


ゆっくりとステージにあがる渚。
そして幕が開く。


「渚、行くぞ!」
「あっ・・・・・・・」


そこにはリハーサルの時とは比べ物にならないほどの人が!
同時に過去を振り返る渚。
そのまま固まり何も出来ない。
さすがに観客にも動揺が広がりざわつきはじめる


「岡崎、どうする?」
「いったん幕を下ろす?」
「大丈夫だ。あいつなら絶対に」

その間もなお秋夫の事が頭に残る。
これはキツイ・・・

kura23-4.jpg

耐え切れなくなり泣き出す渚。
さすがにここまでくると観客も演技だとなくなるだろ


「ダメだ、幕を下ろそう」
「朋也」
「く・・・くぅううう・・・」

朋也もぎりぎりのところまで決断を迫られる。
そこに!


kura23-5.jpg

「夢をかなえろ、渚ーーーーーーーーーーーーー!!」
きたああああああああああああああああああああああああああああ!!


「何!?」
「おっさん!」
「渚ー!バカかおめぇーは!子の夢は親の夢なんだよっ!
おまえが叶えればいいんだっ! 俺たちは、おまえが夢を叶えるのを夢見てんだよっ!
俺たちは、夢を諦めたんじゃねぇっ!
自分たちの夢をおまえの夢にしたんだっ!
親とはそういうもんなんだよっ! 家族ってのはそういうもんなんだよっ!
だから、あの日からずっと・・・ パン焼きながら、ずっと・・・!
俺たちは、それを待ちこがれて生きてきたんだよ!
ここでおめぇが挫けたら、俺たちゃ落ち込むぞ、てめぇーーっ!
責任重大だぞ、てめぇーーっ!
早苗いるんだろ!?お前も言ってやれ!」
「渚、頑張れーー!」
「何どうなってるの?朋也!?」
「俺たちもだぞ渚!俺や春原ができなかったことをお前が叶えようとしてくれてるんだ!
俺たちの挫折した思いもお前が今背負ってるんだよ!!」

空気読まずに言うとフラグを壊した杏たちの分もな

「うっ・・・あっ・・・。ふーはっー・・・あなたを・・・
kura23-6.jpg

あなたをお連れしましょうか?この街の願いがかなう場所に・・・
「連れて行ってくれ、渚。俺たちを」
「ここは終わってしまった世界。私のほかには誰もいない世界です。部屋の中にあるのは小さな木のテーブルとイス。
窓の外には何もない荒野が広がっています。建物は古くいつ建てられたのかもわかりません。
私は1人で暮らしています。時々外に出て必要なものを拾ってきます。
外に出ても誰もいません。弱い日差しの中に小さな光が沢山飛んでいます。
私は木切れや釘やいろいろな物を拾ってきました。友達を作るためです。
でもこんな世界に生まれてしまうことはその子にとって幸せなのかしら・・・
そんな疑問を胸の中に抱きながら・・・」


そして舞台は幻想世界へ。


「この世界はやっぱり終わってしまっていた。もう命は生まれない。命あるものは彼女しか存在しない。
いつか遠い昔か遠い未来、僕は別の場所にいた。そこはとても賑やかな場所だった。
でも今はもう帰れない。僕は彼女が浮作ってくれた体があるから。
「どうしたの?また作るの?
「こく」
「でも動かないんだよ。友達はね、できないんだよ」
「ぎーぎー」
「別のものを作るの?」
「こくん」
「何を?」
(それは僕にも分からない。彼女はガラクタを合わせて何か新しいものを作ることができる。
それは僕には出来ない特別なことだ。

kura23-7.jpg

「そうだね。時間をかければ何か素敵なものが出来るかもしれないね」
「こくん」
「何を作ろうか?」
(こんな風に心躍るものがいい。彼女が作って僕が手伝う。それはとても素敵なものだ)
僕は彼女のそばにいよう。これからもずっと2人でいよう。そしていつかこの世界から出て行くんだ。
昔僕がいた暖かくて賑やかな世界へ・・・)


再び現代に戻ると劇は無事修了。
この拍手喝采振りを見ると成功したようだ。
まったく一時期はどうなるかと・・・


「続きを思い出しました」

元気になってるw

「うん?」
「お話の続きです。女の子と人形はその世界を出ることにしたんです。
人形はずっと遠くにもっと暖かい賑やかな世界があることを知っていたからです」
「それでどうなるんだ?」
「長い長い旅をしてその先で」
「その先で?」
「歌を歌います」
「がくっ!マジかよ・・・」
「本当です。だからさっきの劇の最後に私が歌ったのはちゃんとお話に合っていたんです」
「その家族はダンゴ大家族は歌わないだろさすがに」
「あれは私の趣味です」
「みんな拍手してくれたけどさ、最後ちょっと微妙な雰囲気だったぞ。それまでの感動が台無しっていうか・・・」
「どうしても歌いたかったものですから」
「ふ、まっいっか。最高だったよ、お前の劇」
「本当ですか?」
「俺はお世辞は言わない。知ってるだろ?」
「知ってます。だから素直に喜びます!」


kura23-8.jpg
って親父いいいいいいいいい!

「いらしてくださったんですね」
「招待状をもらったからね」
「!?」
「すみません勝手なことをして。でもご連絡した方がいいと思って」
「お芝居見せてもらったよ。いいお話だったね」
「ありがとうございます」
「昔のことを思い出したよ、いろいろと」
「・・・」
「じゃあ私はこれで」
「はい」

「・・・あんまり飲みすぎるなよ・・・」

嬉しそうに立ち去っていく親父。
これで親父の話に決着を付けたみたいっぽいからアフターの可能性が・・・

「岡崎さん」
「明日どこかに遊びいくか?」
「え?」
「振り替え休日だろ。たまには2人ででかけようぜ。ちょっと話もあるし」

これはいいデートフラグww

「ああこんなところにいた。みんな部室で待ってるわよ。主役と演出がいなきゃ打ち上げ始められないでしょ」
「ああ悪い悪い。行こう」
「はい!」

KY=空気読めないじゃなくて、KY=杏だから許す!そして――


kura23-9.jpg
影二つキタアアアアアアアアア!!


ここは春原の部屋か
最後までマジカワイソスww
いやいい奴だな!


「勝手に入ってしまっていいんでしょうか?」
「かまわないさ。俺たちはここの生徒なんだから」
「そうですね」
「このごろさ」
「え?」
「このごろさ、俺この学校が嫌いじゃなくなってきた」
「そうですか。それは良かったです。あー、私日直になってます!」
「ああ、お前がや休んででいるときに書いたんだ。忘れてた」
「ちっとも気づきませんでした。あっ」

渚は自分の名前の隣に「岡崎朋也」と書き込む」

「お返しです!」

かわいすぎる!!

「話があるっていったよな昨日」
「はい、なんでしょうか」
「そのなんていうか・・・」
「?」
「あ、明日朝起きたら俺たちが恋人同士になってたら面白いと思わないか?」



kura23-10.jpg

俺と付き合ってくれ、渚。
お前のことが好きだ。だからこれからも俺と一緒にいて欲しい。



kura23-11.jpg
涙と喜びであふれる渚の目。
そしてまさにこれは「影二つ」


おそらく原作信者が望むようなラストにはならなかっただろう。
しかし2クールだということを考えるとこれが限界だと思う。
実際風子・ことみルートも混ぜてよくやったと思うよ。
うん、京アニGJ!
まぁあれだ、AIRが神すぎた

アフター予告が入らなかったりEDでダンゴを流したりと少々アレだったが
番外編のラストにアフター入るとと信じよう。
4月からは京アニの作品は何もないんだよね?
じゃあ、7か10月にハルヒ2期やるとして、アフターは来年の10月ぐらいからかな?
まぁ気長にまとう。
京アニは他にもフルメタやらハルヒやら抱えてるんだし。
とりあえずアニメの出来はこれで十分だよ俺は。
CLANNADアフターに期待するということで終わりにしよう。
じゃ、最後に一言



イヤッホッ!岡崎サイコーーーーー!!

テーマ:CLANNAD - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/03/21(金) 12:43:08|
  2. CLANNAD
  3. | トラックバック:19
  4. | コメント:0

明日、CLANNAD最終話

結局魂のワイカリは余裕でテンバイヤー涙目だったようですww


これなら会員登録をしといたTHNでも余裕かな。俺のような地方民にはありがたい。
ワイカリはかなり生産されていたようだけど、レジは2つだけと最悪だったよう。
原宿の時から何を学んだのだろうか?いや俺は行ってないけどね。



でCLANNADフルボイス。
今学園編がやっと修了。アフター1週目に入った。
しかしクラスに友達のいない留年2回目の渚が可愛そう。
せめて智代と同じクラスなら・・・


学園編で一番泣けたのは結局ことみルートだったな。
風子ルートは泣こう泣こうと思っていたので返ってあまり泣けなかった・・・
泣いた順だとこんな感じ

ことみ>風子>美佐江さん>春原&芽衣ちゃん=智代>渚=杏=椋=勝平=幸村=ゆきねぇ

ちなみに渚含む右からは泣いてすらいない。
別に泣くだけが全てじゃないが、俺はCLANNADで泣きたい!


とりあえずアニメ本編が終わる前に学園編を終わらせて良かった。
これで明日は心置きなく最終回を見れる。
アニメの方はアフターやらずに学園編で終わるっぽいし。
つーかアニメの方は渚も一緒に卒業しそう。
そっちの方がアフター最初の可愛そうな渚を見ずに済むからそれはそれでいいのかもしれない。なんか複雑だけど・・・


思い起こせば1年前。
Kanon最終話で祐一と一緒に思いっきり泣いてあゆの「きせき」に浸り満足のまま見終わった直後。
「CLANNAD」製作発表のアナウンス。
当時の俺にとってはCLANNADはkeyが作ったAIR・Kanonに並ぶ大ヒット作品だということぐらいしか知らなかった。
それにウィキには「善2作のように明らかに涙を誘うような演出はない」って書いてあったから、正直な話あんま期待してなかった。
そんな事より早くハルヒ2期やれよゴラァ!てきな感じだった。今思うととんでもない事である・・・


始まってみるとKanon程熱中はしなかったものの、やっぱ風子ルートは感動したしことみルートは泣けた。
原作信者には不評だったみたいだけど・・・
こうして原作ゲームを買ってみるとやっぱ原作のすごさがわかる。
正直アニメ版がかすんで見える。
それでもやっぱ「動く」アニメはすごいと思う。
当時買った人たちはこうやって動くのを待ってたんだよな・・・

アニメの出来を見てみると、どうした京アニ!?というわけではなくCLANNADのアニメ化自体ハードルが高すぎたんだと思う
原作のすさまじいテキスト量をアニメに凝縮するんだからやっぱどこかした削らなきゃいけないところは出てくる。
京アニは頑張ってると思うよ。実際俺が脚本やれ、なんて言われたらめちゃくちゃなストーリーになりそうだし。


何にせよ明日(と言っても日が変わる寸前だけど)は最終話。
楽しみだ。
  1. 2008/03/20(木) 23:53:08|
  2. CLANNAD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CLANNAD21話「学園祭に向けて」

kura21-1.jpg
朋也と春原はマジいいやつ!



学園祭演劇に向けて発生練習する朋也たち。
これ声優さんたちにとってはかなりキツイな。
全員一斉に撮ったのだろうか?それとも1人づつ?
何にしても大変だなこりゃ・・・


kura21-2.jpg
kura21-3.jpg
kura21-4.jpg
なんだこの狙いすぎなアングルはww
画面に釘付けで台詞聞き取れなかったぜww
幸村からの練習方法らしいけど、画面に夢中だからどうでもいい!


古河家に戻り早苗さんに衣装を頼み秋夫からは演劇のビデオを借りる。
なんとここで渚は演劇を見たのがはじめてだと判明!
よく部を起こそうとするよな。すごいわ。


朋也と秋夫は渚が昔見たかもしれない演劇の手がかりを探そうとするが見つからない。
あのばらばらにおいたダンボール、何か嫌な予感が・・・


kura21-5.jpg
翌日、合唱部の面々を交えBGM選曲。
そこで智代登場。舞といい智代といいクール系の眼鏡はいい!
「コンタクトは怖い」っていう智代に杏が「けっ」みたいな反応をしているけどあれはいったい・・・
やっぱ原作のように智代が嫌いで心の中で「ダサッw」みたいに思っているんだろうか?
劇場版の仲のよさ?あれは論外。


刻一刻と近づく中、衣装も完成。
Kanon制服の色違いみたいだな。
そして記憶を頼りに作っていた脚本もOK


kura21-7.jpg
ってうおおおおおおおお!
こ、これは・・・!



wktkしてきた。
原作まだクリアしてないけど、やっぱあの幻想世界の少女は渚と関係あんのか。
ちなみに原作は昨日ことみルートクリア。
泣いた。現時点で一番泣いた。
アニメ見て展開分かってるのに何でだろうね?


来る日、リハーサルを迎える。
ここでも朋也と春原は頑張ってるなぁって思うよ。
もう不良の面影はないよな。
やっぱアニメの2人は「ちょっと素行が悪いぐらいの生徒」にしか見えない。


始まる前に円陣を組もうと提案。
俺も中学はサッカー部だったけど、これやったよ。
めちゃくちゃテンションあがるぜ?


kura21-8.jpg
「GUYS!SALLY!GO!!」
「GIG!メビウーース!!」



もうメビウス最終回1年近くも前になるのな。
あっという間だぜ。思えば2006年は特撮のあたり年だったな。
リハーサルの劇そのものは直接写さず。
ここは写さなくて正解。
リハーサル写して本番写さなかったららき☆すたの大批判再びだしな・・・
つーか人すくくねぇ・・・



kura21-10.jpg
全てがうまくいっているように見えたが、渚が秘密を知ってしまう。
秋夫は役者だったのか・・・
夢を諦めさせてまで自分は夢をかなえようとしている・・・
渚が最悪な気分のまま最終回を迎える・・・


kura21-6.jpg
次回最終話・影二つ

テーマ:CLANNAD - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/03/14(金) 17:52:36|
  2. CLANNAD
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する