特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

今日のお買い物

170324-1.jpg
20年以上の時を経てミニプラで大獣神が発売!
パッケージや文字も当時のDX版を再現しているし懐かしすぎる。










170324-8.jpg
実店舗で買える気がしなかったのでネットでBOX購入。
案の定近所のお店は全滅だしネットで押さえておいてよかった。
ティラノやマンモスのようにボリュームある一方でプテラのようにスカスカのもあるし、単体1千円じゃなくて大獣神として5千円といった印象。










170324-3.jpg
ティラノ・マンモス作るのが時間かかったけどトリケラ・タイガー・プララはすぐに組み立てられた。
今は手元にない当時のDX大獣神だから昔は持っていたんだよなぁとしみじみ。
ダイノタンカーからの合体シークエンスを再現できるのも嬉しいところ。










170324-4.jpg
170324-5.jpg
合体!大獣神!
これはテンション上がる!
ジュウレンジャーのロボとしては 剛龍神・究極大獣神が好きだけど思い出補正がとんでもなくてニヤニヤするw
胸部と顔が離れているのを始め、ちらほら気になるところはあるけれど究極大獣神を想定してそう。










170324-6.jpg
DX立ち。何もかもが懐かしい。










170324-7.jpg
近くにあるフィギュア類と大きさ比較。
最新作のキュウレンオーよりは小さいけど「ミニ」プラなんだから十分なボリュームがあって満足している。

早速ドラゴンシーザーが決まって嬉しいけど単体なのね。
DXのドラゴンシーザーも結構ボリュームあるから3500円なのも納得だけどプレバンで良いからマンモス・トリケラ・タイガーとのセットも売ってほしい。
最終的には 剛龍神・究極大獣神を一緒に並べたいから。


○装動 仮面ライダーブレイブ
映画の公開を明日に控えたこのタイミングで装動の新作!
タドルレガシーガシャットがくるものと予測していたから装動は予想外w
STAGE765の翌月に開始だし本当に売れてるんだ。

タドルファンタジーVSトゥルーブレイブを再現できるのは8月までお預け。
ドラゴナイトハンターの後頭部パーツはここで収録とは。
てっきり一般発売分のどれかのボーナスパーツにつけて複数買い推奨してくるものとばかり。

発売は嬉しいけどブレイブのボディはSTAGE1か3のを買わないといけないってこと?
彩色済み頭部はギャラクシアンとナイトオブサファリで1個ずつ付いてはいるようだからボディを確保しないと。
装動にしては珍しく痒いところに手が届かない。

一時期はプレバンでもしないと一般発売のスケジュールじゃ間に合わないと思っていたけど
765にブレイブセットと2か月分は確保できてるし逆に一般スケジュールが空きそう。
残るはパラドクスのあれ(多分7弾)、ウィザード・鎧武ゲーマー。クロノスとホッピー、ムテキ、夏映画の敵・究極フォーム入れても7月くらいに終わりそう。ここまで補完計画と銘打っていると本編後のムービー大戦やVシネまでカバーするのかが気になる。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/24(金) 22:59:27|
  2. 玩具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シン・ゴジラBD特別版

170323-1.jpg
初の怪獣映画購入がシン・ゴジラになった。
買ったのはBD3枚入り特別版。

シン・ゴジラを見た後何作か怪獣映画見始めたけどやっぱりシン・ゴジラが一番面白い。
公開当時は1度しか見てなかったけどブルーレイとして手元に届いたので何度でも見れる。

巨大物を扱う作品にありがちなミニチュア感を全く感じさせないのが凄いね。
日本のだとウルトラマンなり戦隊ロボ戦でも「これは作りもの」「予算や時代を考えると仕方ない」っていう暖かい目で見ないといけない一面もあり作り物とハッキリ自覚できるけど
シン・ゴジラはCGと実写背景の馴染み具合が凄くて脳を誤魔化す必要が一切無く本当に実在するような存在感。
初見ではCGと気付かないシーンばかりで分かりやくても無人在来線爆弾の電車郡くらい。
CGメイキングなりレイヤ重ねているシーンでようやく分かるのも多い
これだけで画面や作品に対する集中度が変わってくる。

登場人物もみんな存在感があって台詞の一つ一つが名言。
好きな台詞挙げたらキリがないけど
「そう生物です。ですから人の力で駆除することができます。同じ自然災害と区分しても地震や台風とは違います」
「自衛隊の弾を国民に向けることは出来ない!!」
「この国はまだだまやれる」
「攻撃だけが華じゃない」
「まずは君が落ち着け」
「次のリーダーがすぐに決まるのがこの国の長所だということがよく分かった」
「危機というのは日本すら成長させるようだ」
「おう、幹事長なら任せておけ」
「スクラップ&ビルドでこの国は立ち直ってきた。今度も立ち直れる」
一番の笑えたところは無人在来線爆弾でも「君が落ち着け(水ドン)」でもなく「巨大不明生物の上陸はありません」→「え、蒲田が!?」の流れだったりする。

映画公開当時は夏だったけど岩手県に転勤している身としては災害に対する台詞に共感するあまり。
覚えてる人少ないだろうけど去年の夏は台風10号が岩手で猛威をふるってめちゃくちゃ忙しい時期だったから

「結論を急ぎましょう」
「フローの選択肢はシンプルです」
「こいつは思ったより想定外すぎるぞ」
「会議を開かないと動けないことが多すぎる」
「災害マニュアルはいつも役に立たないじゃないか」

はうんうん、とやけに共感する。


アメリカ映画と違って攻撃までが長いから海外で不評の声が上がるのも分かるかも。
攻撃しようにも人口密集地(東京)だから難しいし自分がアメリカ人ならさっさと撃てよと突っ込んでそう。
だんだん総理が覚醒していくのが熱いけど何度見てもあの最後は呆気なさ過ぎる・・・
「こんなことで歴史に名を残したくはなかったなぁ・・・」もあって総理大臣の苦労が伝わってくる。
「総理、ご決断を」が多く「ここでも地方は後回しですか・・・」から東京と首相官邸捨てるのも迫られるし。
震災の頃から言われてるけど東京一極化も考えものだね。
一時期大阪を首都にみたいなこと言われていたけどそんな話もどこへやら。
最近の自然災害だけ見ても東北・熊本は地震、関東は関東大震災に西日本は南海トラフが控えているし日本中どこ行っても自然災害ばっかりでどこに首都機能置いても問題はありそう。

見てきた過去の怪獣映画だと怪獣が出てきて暴れるのが後半で前半は退屈だからシン・ゴジラのように最初から最後まで全力でゴジラを対処しようとするのがツボにはまった。
パニック映画もだけどハリケーンやマグマ、謎の生物に人類が押されっぱなしの映画よりも最初から最後まで全力で対抗しようとする作品の方が好き。
洋画のボルケーノやインデペンデンスデイが好きなのもそんな理由だし。

何作か過去作見てきた分かったけどシン・ゴジラはクリーチャーとしての描かれ方が強いね。
蒲田くんはまだしも愛嬌の欠片もなく恐怖の存在として君臨しているし。
自衛隊はおろか、アメリカ軍すらあっさりやられていく時は「あ、負けた・・・」と諦めるほど。
反面全身レーザーを出した時は恐怖感無くなっちゃったかな。
それまでは攻撃が一切通じず歩くだけで恐怖というシンプルな怖さだったのが全身からレーザー出したらよくあるバトル物というか急にアニメ・ゲーム風に見えて安っぽく見えちゃったから。
最悪核を使って東京を犠牲にすれば何とかなるという考えも出てきちゃったし。

後気になったのが序盤でシン・ゴジラの尻尾が出てきた時は「一時中断!テレビつけて!」って言ってるけどこういう非常事態のときは無音でも良いから常にテレビつけないのかな。
国のトップが集まる会議ではまた違うのかもしれないけれど・・・
最後の決戦にしても、東京駅の下って地下鉄やデパ地下で物凄く広いはずはずなのにあの質量のあるゴジラが乗っても崩れないの?とか。
東京駅どころか東京なんて地下施設ばっかりだろうし。
凝固剤飲む時も固められると分からなかった最初の30%まではまだしも2回目の注入でも飲んでいるのは何故?
飲み込む機能はあっても熱線以外吐き出す機能はないとか喉が固まりだして吐き出すことが出来なかったとかかな。

シン・ゴジラを追い詰める時にキルポイント1なんて言っていたくらいだからあらゆる動きを想定して罠をはってそう。
あれだけのビルで固めたのにまだ動くんだからとんでもない。
無人在来線爆弾は何度見ても凄すぎて一週回ってギャグに見えるw

「現時点を持ってヤシオリ作戦を終了とする」

でアメリカ映画みたいに抱きしめあって拍手してUSA!USA!!で騒ぎ出さないのが日本だなぁと。










170323-2.jpg
そして特典ディスクはブルーレイの容量でなんと2枚も!
メイキング映像が面白くて重苦しい本編とは裏腹に和気藹々としてそうな撮影現場。
初っ端から面白くて「珍しく東宝がお金を出してくれます!」ってww
「ああっ!ああああっっっ!?あああああああああああ!?こんなんありかよおおおおお!?」
が多すぎるww

カットされているシーンや台詞も多くてメイキングで判明するのもちらほら。
ダバ作戦失敗時に「考えろよ!!君たちは選らばれたんだろ!!下向くな!!」と感情見せるシーンはカットして正解かと。
せっかく覚醒してきたところだから台無しになるところだった。
蒲田くんが去った後の「たった2時間でこんなに・・・」の瓦礫除去シーンがグリーンバックなのは分からなかった。
ヤシオリ作戦はどの駅のどこから撮影とかあるしかなり詳しい。

エキストラにも力入ってるし主用人物だけで作品は作れないとしみじみと実感。
避難所でのラジオ体操に車中避難、高台の人たちが「逃げてー!」と叫ぶシーンは3.11そのものだね。
民間人が直接死ぬシーンはマンションで逃げ送れた家族のシーンくらいだったから、亡骸を運ばれるシーンは衝撃。
NG集ではビデオカメラ・スマホで録画した画面を映すカットが多い。
好みが分かれそうだけど多用されると苦手。
グローバーフィールドもそれだけの映画だから自分とは合わなかった事を思い出した。
ニュースのレポート映像の作り込みが凄まじく現実の緊急災害ニュースとして通用するようなクオリティ。
内閣総辞職ビームで死んだ11人のニュースもちゃんと作られていた。
現実のニュースで要職11人も死んだニュースが流れたら大パニックになりそう。

さらにもう1枚の特典ディスクは舞台挨拶や発声イベントの様子なども。
アニメ系ならまだしもシン・ゴジラで叫ぶところある?と思ったらこういうノリなのね。
自分はエヴァ世代じゃないから実感ないけど早くエヴァの続き作れと文句言われながらも庵野監督は今でも根強いファンが多い印象。
発声イベントやったのは知ってたけど女性限定鑑賞会あるのは知らなかった。
女性と怪獣映画って一番遠い組み合わせに見えるけど大人気であった。
片桐さん(お茶組)の歓声が一番大きいw
安田さんと蒲田くんの反応が可愛いと思ったら長谷川さん乱入www


という訳でシン・ゴジラBDでした。
特典のメイキングが作りこまれていてこれ自体がスピンオフとして成り立つ程でより作品を盛り上げてくれる。
登場人物の顔がドアップになりながらひたすら早口で喋り続け専門用語のオンパレードとオタク的な作りではあるけど
そのオタクっぽさが自分の歓声にピッタリ合って物凄く楽しめた作品に。
続編の声も上がっているけどこの作品単体で終わりのほうが綺麗かな。
後は登場人物のサイドストーリーなりスピンオフがあるなら見てみたい。
  1. 2017/03/23(木) 22:22:06|
  2. その他特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴースト 特写写真集 KAIGAN

gosttokusha01.jpg
ゴースト特写写真集を購入。
価格はドライブに続き3000円。鎧武だけ値上げしたけどまた元の価格に戻ってきた。
例年は3月末だけど今年はちょっと早くて中旬に発売。
いつの間にか電王の特写も再販されて鋼の咆哮も復刻と10年前の本が熱い。



[ゴースト 特写写真集 KAIGAN]の続きを読む
  1. 2017/03/21(火) 21:52:20|
  2. 仮面ライダーゴースト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュウレンジャー第6話「はばたけ!ダンシングスター!」

kyuuren6-1.jpg
スティンガーが加わりOPも完成。
ジャケット来たスティンガーも似合っているしキュータマ構えるシーンもラプター追加されているしまさに完成版。

戦隊恒例のリーダーを決める話。
ガルのラッキーのお供A化が進んでいるような・・・
今週の5人はラッキー・ハミィ・スパーダ・ガル・バランスの5人。
人間3人は1話からのメンバーだけあってしばらく固定になりそう。
人間5人だけ、スーツ組全員という日はくるかな。










kyuuren6-2.jpg
俺が私がという気持ちが先行しているとはいえダイカーン・デンビルのリズムの前に待ったく息が合わず敗北。
戦隊において「集団行動ができないものに勝利はない!」は的確なアドバイス
ペガサスシシレッドになるもこっちも息が合わない。
声がてらそまさんで関西弁だからキンタロスを意識するけど別キャラになっているから流石。
新しく出てきたばかりのフォームにも関わらずシールの皺が目立つ。











kyuuren6-3.jpg
さらに新幹部・イカーゲンとマーダッコも登場。
スティンガーも2対1で良い勝負している。銃弾を尻尾で落すシーンが好き。
マーダッカはまだしもイカーゲンは強敵。
2人ともスティンガーがキュウレンジャーと知らないみたいだしエリードロンにしかバレてなかったんだ。

ダンス練習はナーガがうまいw
いじけるハミィだけど確かに急に入ってきたのがデカい顔していたら気になるかも。
良い雰囲気だったのにED流れて台無しw
スティンガーを除けばハミィ・スパーダ・チャンプが初期メンバーで特訓していたようだけどスパーダとチャンプはどっちが割きに加入したんだろう。
緑で忍者だからニンニンジャーを思い出す。春映画で八雲やキンタロスとの絡みはあるかな。










kyuuren6-4.jpg
ペガサスがいる状態ではラッキースターからダンシングスターに。
今週はハミィが前に出ているし特に法則はない?
特訓の成果が出て息もピッタリでリズム取れてるしゲキレンジャーを思い出す。
確か似たような話が初期にあったし。

「最早ルール無用!集団行動などまどろっこしいわ!」
「やってきた事全否定!?超うける!」

は笑うしかないw
キャンペーン品っていう事もあるしペガサスシシレッドの出番は少ない?
ジュウオウゴリラのようないつでも慣れるフォームチェンジでは無さそう。










kyuuren6-5.jpg
次回はバランス&ナーガ回でありながらエグゼイドとコラボ。
エグゼイド・キュウレンジャー共にコラボはするけれど本筋は進めるっていう去年のゴースト&ジュウオウジャーのようなスタンス。
  1. 2017/03/20(月) 19:10:26|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

エグゼイド第23話「極限のdead or alive!」

ゲーマドライバーを失いCRも責任を取らされる寸前。
公開日までCRは存続できるのか!?と現実と劇中を合わせてて面白い。
偉い人たちは永夢をCRから除名してライダー剥奪したとしてゲンムを倒せる策があると思っているのだろうか。
誰でも使えるベルトならまだしも選ばれた人しか使えないタイプのベルトなのに。

ギアデュアルβは再び大我の元へ。
当初は醜い奪い合いでもするのかと思ったら何かと理由付けて行き来しているから上手。
貴利矢から受け取ったドライバーはここで使用。
マイティブラザーズになるも既にゾンビには通じずバグスターまで不死身だから面倒くさい。

新ガシャットが完成するも永夢でも不発。
永夢の中にはガシャットを生み出す力があるからマイティブラザースが生まれその秘密を知った貴利矢が消されたと。
ここにきての永夢呼びやドラゴナイトハンターで喰らい付く飛彩が熱い。
何時かのように赤く目が光りマキシマムマイティXガシャットが完成。
永夢には幼少時の記憶がありMにはないということは・・・?










exid23-1.jpg
見た目は酷いけどCGじゃなくスーツを用意したのは驚いた。
巨大な顔さえなければマッチョな見た目でカッコいいのかもしれない。
レベルの概念が無くなったゾンビに対してレベル99と言われてもピンとこなかったけどリプログラミングと言うことでデータ書き換えの救世主のような能力は強い。
ゾンビの不死身能力も無くなりゲージも復活。
勝てるところまで追い詰めるも医者だから命は奪わないと永夢。
飛彩も永夢の意見に賛同するけど周りの人間が傷つくと大我とニコ。
こういうのが職業と仮面ライダー掛け持ちの難しいところ。










exid23-2.jpg
やけくそ気味の黎斗はウイルスをばら撒き他人のガシャット使いまくりともう暴走みたいな雰囲気。
ドレミファビートの必殺技にバンバンシュミレーションズは耐えられるけどドラゴナイトハンターは吹っ飛ぶのが細かい。
いかにフルドラゴンでゾンビに喰らいついているとは言えレベル50と5では明確な差があると分かるシーン。
永夢の新しい変身ポーズがオーソドックスな形になってきてカッコいい。
同じエピソード内で主役の強化フォームが2度も登場して2度も生身からの変身は例が無いほど珍しい。










exid23-3.jpg
ガッシューン! ガッシャット! キメワザ!
ガッチョーン! キメワザ!
ガッチョーン! キメワザ!

は癖になる。
まさかのトリプルライダーキックで合成はちょっと荒いけどカット無しで流れるように決まる。
サンドバック要員でゾンビが2体生まれたのには納得。
爆発を背にする3ライダーがカッコよくゴテゴテしたの好きだから装動でも再現したくなってきた。

またしてもリプログラミングした事によりゾンビは使用不可に。
強化ゾンビは1週だけの天下どころかAパートだけだった。
黎斗を退場させる以上永夢らは主張を曲げて汚れ役にならないといけなかったけどその役割はパラドが担う。
以前ボコボコにした時から妙に大人しいと思ったらこのため。
まだアレが控えているしその内復活しそうではある。プロトマイティの中にバックアップがあったりして。

強敵を倒し一区切り。
それぞれの手元にレベル3ガシャットが戻るも今更戻ってきた感も強い。
これで永夢の秘密編は終りかな。OP復活して欲しいけど映画verになってそう。




exid23-5.jpg
次回はキュウレンジャーとのコラボ回。
ゴースト&ジュウオウジャーのようにお互いの本筋を進めながらのコラボ。










exid23-4.jpg
映画公開前最後の予告。
久しぶりの北岡変身やタドルファンタジーVSトゥルーブレイブなど予告だけ見ると面白そう。予告だけは。
  1. 2017/03/19(日) 19:40:46|
  2. 仮面ライダーエグゼイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する